日本の行事・習慣

日本の行事・習慣

菱餅の5色の意味と色の順番!ひな祭りに飾る由来や理由を解説

2月も中旬に入ると、ひな祭りに関するものを目にする機会が増えましたよね。 ひな祭りといえばお雛様ですが、一緒に飾られる菱餅の色って何故この色なんだろう?と思ったことありませんか? あなたの地域では3色の菱餅ですか?地域や時代によってひな祭りの菱餅が5色になっています。 そんな菱餅のそれぞれの色の意味や、ひな祭りに菱餅を飾る由来、ひし形の理由を簡単にお教えします!
日本の行事・習慣

ひな祭り飾り付けの時期は?100均グッズで手作りして素敵に飾ろう!

ひな祭りの時期が近づいて来ています。 女の子のお子さんがいる方にとっては特に楽しみな行事ですね(^^) 娘さんのために可愛く飾り付けしたいと考えてはいるが、子育てに追われてなかなかしっかりと用意する時間が確保できない… そんなママさんのために、ひな祭りの飾り付けの時期について、100均で手に入る飾り付けグッズ、簡単でかわいい飾り付けの作り方について紹介します。 子育てを頑張っているママさん必見です!
日本の行事・習慣

ひな祭りの飾り付けはおしゃれに壁紙で部屋を演出!お雛様がペタッ!

バレンタインデーが終わると、すぐにお雛様が主役のひなまつり!桃の節句ですね。店頭でも雛飾りを目にすることが多くなります。今ではコンパクトな雛飾りも増えてきましたが、もっと手軽にひな祭りの飾り付けが出来たら良いですよね。ひな祭りのおしゃれな飾り付けや、部屋の演出の仕方をご紹介します!
日本の行事・習慣

雛人形の7段飾りを収納するアイディアは?押し入れにしまう方法!

雛人形を飾る時期になりました。 子供が出来ると、年々幸せな思い出と共に子供のものが増えていきます。 とても喜ばしい反面、7段飾りともなるとその収納方法に悩まされますね。 雛人形の7段飾りのような大きなものは特に悩みの種。 意外にもコンパクトになる7段飾りの収納方法。 収納の際に使えるアイディアやアイテム、押し入れへの収納方法について紹介します。
日本の行事・習慣

初節句で雛人形を飾る場所は和室の床の間よりリビング?方角も大事!

かわいいお孫さんが誕生した方にとって、もうすぐ初節句を迎えるとても喜ばしい時期が来ますね(^^) 女の子の場合雛人形を飾りますが、最近はマンション等で和室のないお家も多いのではないでしょうか? そういったお家の場合、一体雛人形はどこに飾るのがいいのでしょうか? かわいいお孫さんのためにしっかり知っておきたいですよね。 今回は、初節句の際に雛人形を飾るのにおすすめの場所、床の間がある場合はどうなのか、おすすめの方角についても紹介します。
日本の行事・習慣

節分豆を食べる量はどのくらいがいいの?食べ方は自分の年以上!?

節分の季節がやってきましたね! 店頭には、さまざまな節分豆が並び、面白いお面がついているものなどもあります。 「節分の豆は年の数だけ」と昔から聞いていましたが、どうなのでしょうか? 自分の歳以上食べたらいけないのでしょうか? ふと思う”疑問”を解決します! 節分についての知識を増やして楽しんでくださいね。
日本の行事・習慣

節分の太巻きの由来とそばを食べる起源を子供向けに説明するポイント

鬼は外~!福は内~!と豆まきをして楽しむイベントのひとつになっている節分。 最近では、恵方巻なる太巻きも定着し、スーパーやコンビニでも販売されるようになりました。 しかし恵方巻きがメジャーになったのは、平成に入ってからだったような気がしませんか? そしてもう一つ、節分に食べる【蕎麦】があるのをご存知ですか? 今回は、恵方巻きと呼ばれる太巻きのルーツや節分蕎麦の由来、節分というイベントをお子様に理解してもらい楽しむ為の簡単な説明の仕方などをご紹介します。 由来などを知っておけば、節分の楽しみ方が少し変わりますよ。
日本の行事・習慣

豆まきで食べる数と節分のやり方をマンションなら福豆を玄関外にまく?

節分の時に必ずすると言っても良いのが「豆まき」ですよね。1月後半からのスーパーには、節分で使う用の豆がたくさん出回ります。お子さんがいる家庭では、幼稚園などで節分についての話を聞いて、家でもやりたい!と言われた方もいるのでは?だけど、自宅はマンションだし…と少し気が引けている方に、マンション住まいでも楽しく豆まきができる方法をお教えします!
日本の行事・習慣

節分に福豆と呼ぶ由来は?いわしやひいらぎは何の為?子ども向けに解説

小さい頃から2月3日は「鬼は外!福はうち!」と豆を投げて節分の行事を行っていたという人が多いですよね。 改めて節分にまく豆を福豆と呼ぶのはどうしてかご存じですか? いわしやひいらぎを飾る地域もあるけど何のため? 節分について、子供にも説明出来る由来や意味を紹介します!
日本の行事・習慣

豆まきの鬼のお面の作り方!手作り簡単で誰がオニか分からない方法!

節分といえば豆まきですよね。「鬼はそと~福はうち~」の掛け声とともに、鬼に豆をぶつけて追い払い、歳の数だけ豆を食べる。 スーパーなどでも、豆とセットで売られている鬼のお面。 ですが、今年は手作りしてみませんか? 今回は、とっても簡単に作れる鬼のお面と、鬼役の決め方などをご紹介します。