ゼロを漢字でご祝儀袋に縦書きすると?漢数字の郵便番号と住所は0でいい?


ゼロを縦書きで漢字の数字を書くときに、どう書けばいいのか迷ったことはありませんか?

特に、ご祝儀袋の内袋などに金額や差出人の住所などを記載するときは漢字や漢数字を使うのは分かるけれどゼロ(0)をどう書くか迷いますよね。

私は、年賀状を書くとき、縦書きの宛名や住所に合わせて郵便番号を縦書きする場合、ゼロを漢数字でどうかくのかの疑問に対面したことを今でも覚えています。

そもそも漢字をゼロで書く漢数字の場合、縦書きの漢数字の書き方とゼロの書き順も紹介します!

スポンサーリンク

ゼロを漢字でご祝儀袋に書く場合

ゼロ(0)を漢字を使ってご祝儀袋に書く場合、ご祝儀袋の表包みや中袋の表面と裏面に書く文字は、基本的にはすべて縦書き・漢数字にするのが原則となっています。

ゼロを漢字で書くときは、『0』ではなく、『〇』もしくは『零』という風になります。

ただし、数字として漢数字で書く時に『零(れい)』は使いません。

『零』はあくまでも漢数字の「れい・ぜろ」として割り振られたもので、書く場合には『〇(れい・ゼロ)』を使います。

パソコンやスマホでも機種によっては「ゼロ」と打ち込み変換すれば変換候補の漢数字「〇」が出てきますよ。

『〇』を書く際は、算用数字のように縦長ではなく、横長の楕円をイメージして書くといいでしょう。

漢数字ゼロ(れい)の書き順

漢数字のゼロの書き順については、起筆部は上からなのか下からなのか、はたまた右回りか左回りなのかも迷うかも知れません。

厳格に〇漢数字のゼロに書き順は決まっていないようですが、一般的に書かれている漢数字のゼロはこのように書きます。

漢数字ゼロの書き順

時計でたとえると、12時の方向から反時計回り(左回り)です。

数字のゼロと似ていますね。

住所や郵便番号は金額と異なり、旧字体で書く必要はないので、区別して記入するようにしましょう。

最近では、ご祝儀袋でも新郎新婦や受け取る側から見やすさを考えて、アラビア数字(算用数字)で記入する方もいるようです。

ただ、縦書きのものは漢数字で書くことを覚えておくとかっこいいですよね。

例えば・・・ご祝儀袋に10,000円と書く場合。








といった感じです。

もちろん、旧字体の大字を使うのが一般的です。

〇 〇
金 金
壱 壱
万 萬
円 圓
也 也

といった書き方ですね。

左が「壱(いち)」という大字を使った記載例。

右は「壱(いち)」という大字と「萬(まん)」「圓(えん)」という旧字体を使った書き方です。

どちらでも間違いではありません。

旧字体と金額を記入するときに使う大字(だいじ)についてはこちらに詳しく書かれています。

漢数字で縦書きの日付は西暦や年号数字の書き方!横書きの場合は?
漢数字は数を表す時に使われる漢字で、日本では十進法で書くことがほとんどです。日常で漢数字を使うのは縦書きが多く、日付やはもちろん年賀状、文書、ご祝儀、御礼、お見舞い、などで使う数字を縦書きに書くときに使用します。また横書きで書くときは算用数字(1,2,3など)を使う事が多いですが、漢数字で西暦や年号などを縦書きで書く時...

漢字のゼロを縦書きで書くときの書き方と基本的な考え方


漢字のゼロを縦書きで書くのに迷うのは、普段私たちはアラビア数字に慣れているため、『〇(ゼロ)』という漢数字が頭に入ってきた途端に、「この場合どうやって書けばいいの!?」とパニックになることもありますよね。

漢数字の書き方は命数法なのか記数法なのかによって変わってきます。

命数法

命数法は、言葉で読んだとおりに書くことがポイントです。

例えば、20(にじゅう)は二〇にはならずに二十となります。

記数法

記数法は、アラビア数字と同様に、数字をそのまま書いていくものです。

例えば、108であれば、一〇八となります。

郵便番号や住所を書くときにその違いに気づく方も多いはずです。

郵便番号やマンション等の部屋番号は数字をただ並べているだけなので、ゼロを書くときは〇と書きます。

一方、住所の20条1丁目と漢数字で書く場合、二十条一丁目と書いている方が多いでしょう。

実際に記入する際には読みながら書いていくとやりやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ゼロの漢数字を郵便番号で書く場合


ゼロ(れい)は漢数字で〇なので郵便番号を漢数字で書くときもゼロは『〇』、算用数字のアラビア数字で書くなら『0』くです。

ハガキなどは、郵便番号を書く枠があらかじめ横書きで設けられているので、漢数字でも算用数字でもOKです。

郵便番号とは、郵便で手紙や物を送るときの分類に役立てるために、宛先に加えて記された、7桁の数字で作られたコードす。

そのため、550-1234だった場合、「ごひゃくごじゅうのせんにひゃくさんじゅうよん」とは読まないですよね。

「ごーごーぜろのいちにさんし(よん)」と読み上げると思います。

なので、郵便番号枠内にその単体の数字を漢数字でもアラビア数字(算用数字)でも記入すれば良いです。

横書きなのでアラビア数字(算用数字)が一般的ですね。

ご祝儀袋の内袋に自分の住所を記入欄が設けられている場合は、それに従って記入します。

ただ、ご祝儀袋の内袋に書かれた郵便番号欄【〒】と住所の幅が狭いですよね。

7桁の数字をハイフン含めて横書きにしようすうると極細のペンで書いても不格好になりそうです。

こういう時は、漢数字で縦書きにすると良いでしょう。









こちらの方が、スマートですね。

特に記入欄が設けられていない場合でも、金額と住所氏名と統一して縦書きに記入するようにしましょう。

私も漢数字のゼロの書き方をマスターするようになってから、意外と社会人になって漢数字のゼロに触れる機会が多く、覚えておいて良かったなと実感しています。

特に、郵便番号はどんな場面でも記入する機会が多いと思いますので、覚えておいて損はないでしょう!

まとめ

ゼロを漢字でかくとき特にご祝儀袋に金額を書く場合など、漢数字の使い方は誰もが一度悩んだことのある壁だと思います。

今もご祝儀袋や年賀状、贈り物の場面で漢字でゼロを使うときに縦書きで記入する機会があるでしょう。

ゼロの漢数字は郵便番号でも特にご祝儀袋などのあらたまったときに漢字を身近に使う日本人として、美しく漢数字を書きたいものですね。

ぜひ、漢数字を書くときにはこれらを参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました