ドライの温度設定と温度設定できないタイプのからくりと電気代比較!

エアコンで除湿
一般のエアコンでドライの温度設定をするなら何度に設定すれば室内の温度を下がるのでしょうか。

ドライで温度設定できない場合でも、冷房と同様ドライ運転でも下げることができます。

冷房だけではなく、ドライでも室温を下げる温度設定なら、どちらの電気代が安いのか気になりますよね。やはり、節電は大切なことです。

一般的にエアコンで室内の温度を調整するには、冷房にして温度設定をしますが、ドライにも温度設定ができるタイプとできないタイプがあります。

その場合、冷房とドライの電気代はどのように違うのか、電気代を比較してみましたので、夏の暑さを乗り切るために参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ドライの温度設定は何度にする?

ドライで温度設定を何度にするのかは25~28度を目安にしましょう。

冷房は室内の温度を下げるのが主な目的です。

暖かい空気中に含まれている水蒸気を吸い込んで室外機で外に排出し、冷却された空気を室内に戻します。

冷房は基本的に、20°とか25°など好きな温度に設定できます。

ドライは室内の湿度を低くするのが主な目的です。

水分を含んだ空気をエアコンや除湿機が吸い込み、中で冷やして水分を減らすことで、副次的に室内の温度が下がるためドライに温度設定はあまり関係がありません。

ドライと呼ばれる除湿機能には、室内の湿度を下げながら温度も下がる「弱冷房除湿」と、湿度は下げますが温度は下げないようにする「再熱除湿」の二種類があります。

またドライの機能には、温度設定ができるタイプと温度設定できないタイプがあります。

室内温度の感覚は人によって違うので、何度という断言はできませんが温度設定ができるタイプであれば、設定温度を25°~28°。

体感温度で、暑すぎたり寒すぎたりしないように、自分の快適な温度に調整したほうが良いですよ。

我慢すると熱中症が心配です。

ドライ運転時温度設定できない場合はどうする?

エアコンのリモコン
ドライで温度設定できないエアコンや除湿機の場合は再熱除湿になるでしょう。

ドライの目的は除湿することなので、除湿によって温度が下がるのはあくまでもおまけのようなものです。

また除湿に関して言えば、一般の冷房にしても弱冷房除湿と同じように、ある程度湿度は下がるので、機能としては似ています。

そして弱冷房除湿は、湿度と温度の両方低くすることができる優れもので、一般の冷房と同じように温度設定ができるのです。

ところが同じドライ運転時でも、温度設定できないのが再熱除湿なのですよ。

その理由は、室内の温度を変えずに湿度だけ下げるため、温度の設定をする必要がないからです。

エアコン内で、暖かい空気を冷やして湿度を下げ、温度も下がってしまった空気を暖めて(適温にして)部屋にも度すということですね。

スポンサーリンク

ドライの温度設定と電気代は冷房と比べて高いのはどっち

ドライ運転の温度設定で電気代は変わるのか。

ドライ運転中には、湿度と温度を下げる便利な弱冷房除湿がありますが、気になるのは冷房と比べてどうなのかと言うことですね。

エアコンの電気代が安い順番は、①弱冷房除湿 ②冷房 ③再熱除湿になります。

それぞれの電気代(1日8時間を1ヶ月使用した場合)は、概ね次の通りです。

  1. 弱冷房除湿 ・・・約1,700円
  2. 冷房 ・・・約4,600円
  3. 再熱除湿 ・・・約6,300円

この結果からみると、ドライ運転でも1の弱冷房運転と3の再熱除湿では3倍以上の差があります。

電気代だけを考えるならなるべく再熱除湿は避けたほうが良いでしょう。

弱冷房除湿で湿度と温度を両方下げて、寒いと感じる場合は冷房に切り替えるか、温度設定を高くすることが節電になります。

室温が高く早く温度を下げたいときには冷房を使用するなど、電気代をとるか室内環境をとるか優先順位を考えてエアコン操作を行いましょう。

洗濯物を部屋干しして早く乾かす方法はこちらの記事にまとめています。

▼関連記事▼
部屋干しでエアコンドライの温度設定は?除湿で早く乾かす方法!

まとめ

ドライ機能には温度設定のできるタイプと温度設定できないタイプがありますが、ドライの温度設定できないタイプは電電気代が高くなります。

弱冷房除湿と、再熱除湿の2種類があり、除湿する行程の違いがあるためでした。

比較的に安価なエアコンには再熱除湿タイプが多いのかなと思われます。

電気代も気になるところですが湿度と温度管理、体調を考えながら適切にエアコンを使用してくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました