七夕

日本の行事・習慣

七夕の願い事は短冊に朝露ですった墨を使うと成就する?!

七夕に欠かせないものとなった 七夕飾りと短冊ですが、 織姫と彦星の伝説と七夕の願い事を書く短冊は 結びつかない・・・。 七夕に願い事を短冊に書くようになったのはどうして?その短冊に書く願い事を書く墨のために子供の頃、朝早く芋の葉の朝露をとりにいってたのはなぜ?そんな疑問を解消すべく、私の見解を含めて解説します。
日本の行事・習慣

七夕の織姫と彦星の話の由来が簡単に理解でき雨が多い理由まで分かる

7月7日の七夕といえば、 離ればなれになっている織姫と彦星が、年に一度だけ会える日ですよね。 そもそもこのロマンティックな物語と七夕の短冊の関係ってなに? まずは、七夕の織姫と彦星の七夕の伝説を紐解いていきましょう。
日本の行事・習慣

七夕の由来を簡単に意味までが理解出来る!子供や高齢者向け説話!

7月7日の七夕に、笹の葉に自分の願い事を書いた短冊を書いて夜になれば夜空を見上げ、天の川を探して彦星と織り姫が出会えるのを願い行事食であるそうめんを食べる。って、いったい七夕ってなんだろう。由来は?意味は?あまり難しいことは分からなくてもいいので簡単にまとめてみました。
日本の行事・習慣

七夕行事食の由来とルーツの食べ物索餅と五節句の節供を紹介

夏のイベントのひとつ星祭りとも呼ばれる五節句のひとつ、7月7日の七夕ですが、ロマンチックなおはなしはさておき、七夕の食べ物といえば、カレーを煮込んで、星形にくりぬいたニンジンやチーズ、ハムやたまごを飾って七夕カレーなんてのも人気ですが七夕の行事食はそうめんです。そうめんが行事食としての食べ物になった意味や由来を紹介。