七夕の由来を簡単に意味までが理解出来る!子供や高齢者向け説話!

笹飾り短冊

7月7日の七夕に、笹の葉と一緒に自分の願い事を書いた短冊を書いて・・・

夜になれば夜空を見上げ天の川を探し、彦星と織り姫が出会えるのを願い七夕の行事食であるそうめんを食べる。

これが七夕ですが、いったい七夕ってなんだろう。

年に一回しか会えない彦星と織り姫のロマンティックな物語と自分の願いを短冊に書いて笹の葉につるすことが、どう繋がっているのか気になりますよね。

そこで、七夕の由来や内容の意味と説話について紹介します。

あまり難しい説明ではなく、子供から高齢者向けに七夕のイベントをデイサービスなどでも説明出来るよう要約してみました。

スポンサーリンク

七夕の由来を簡単に子供から高齢者向けの説話

七夕の由来を簡単に説明すると中国と日本の起源から成り立っています。

七夕は、毎年7月7日の夜に、願い事を書いた五色の短冊や飾り付けを、笹の葉につるし、星に祈りをする習慣があります。

その七夕の由来は中国伝来と日本独自の歴史が融合して成り立っているといわれています。

中国から伝来した牽牛織女(けんぎゅうしょくじょ)の星祭の説話。

中国で古くから伝わる、後漢の時代に乞功奠(きこうてん)という、いわゆる「織り姫と彦星の伝説」です。

琴座のベガと呼ばれる裁縫の仕事の織女(しょくじょ)星、鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる農業をつかさどる牽牛(けんぎゅう)星

この2つの星は旧暦7月7日(現暦8月7日頃)に天の川をはさみ、最も光り輝いているように見えました。

光り輝きお互いの存在を知らせあっているようにみえたことから中国ではこの日を年に一度のめぐり会いの日として七夕のロマンティストーリーが生まれたのです。

一方日本では、日本古来の神事であった、棚機(たなばた)は、農耕儀礼や祖霊信仰といった行事で乙女が着物を織って棚にそなえます。

神様を迎えて秋の豊作を祈り、人々の汚れを祓うというものが棚機(たなばた)です。

その棚機(たなばた)というのは折り機の名前でもあり、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもり神様のために織ったそうです。

やがて、仏教が伝わるとこの行事がお盆を迎える準備と結びつき、7月7日の夜(夕)に行われるようになったことから七夕(たなばた)という当て字で読むようになったともいわれています。

七夕の由来と意味は?

七夕は、中国伝来の乞功奠(きこうてん)である牽牛織女の星祭と、日本の神事からお盆の準備や農村の収穫期願ということがわかってきました。

そもそも中国から日本に伝わってきた当初は宮中行事として七夕の行事でしたが、作物を育てる時期や季節の変化を民に伝えることが宮中行事では重要視されていたため、星座をもとにする七夕は重宝されたといわれています。

その七夕の頃に、宮中の人々はなすやうり、桃や梨、大豆、干し鯛、あわびなどを供え、香を焚き、楽を奏でて詩歌を楽しんだのです。

古くから神木として考えられていた梶(かじ)の葉に和歌をしるし願い事をしていたのが短冊の元になっています。


スポンサーリンク

七夕の意味を簡単に笹供養までまとめると

江戸時代に入り、宮中行事だけではなく一般の人たちも七夕を楽しむようになりました。

五節句にとりこまれたことで宮中行事にならって大奥では、うりや桃、菓子などを白木の台に盛りその四隅に笹竹を立て、詩歌を書いた短冊や色紙を結びつけていました。

しかし、梶(かじ)の葉は、神木として大切にされていたことから、この頃より五色の紙に願いを書くようになったといわれています。

笹や竹が使われた理由のひとつにその生命力の強さと不思議な力があることからです。

さらに一般の人々にも風習として広まり祝い事や祈願として野菜や果物をおそなえし、詩歌や裁縫、分筆など習い事の上達を願うようになったのです。

行事食としてそうめんを食べるようになったのは

こちらの【七夕の行事食そうめんの由来】から。

まとめ

七夕は、中国の牽牛織女の星祭りやお盆の準備、農村の収穫祭が混ざり七夕まつりとなり今の七夕祭りが出来上がりました。

知っているようで知らないことってまだまだ多いですよね。

今年の七夕は晴れて天の川が見えてみんなの願いが届きますように。

スポンサーリンク

コメント