七夕の織姫と彦星の話の由来を簡単ストーリー!雨の日は会えないの?

織姫と彦星
7月7日の七夕といえば、離ればなれになっている織姫と彦星が、年に一度だけ会えるお話しからきた日です。

七夕の由来を簡単に説明すると織姫彦星ストーリー、日本に古くから伝わる棚機、中国の乞巧奠がミックスされてできたものです。

七夕の由来を紐解くと七夕に雨が多いのも理解出来ますよ。

織姫と彦星ストーリーにはロマンチックな話だけでは無く教訓や教えが隠されています。

ここでは七夕にまつわる、なぜ織姫と彦星は離れ離れで会えなくなったのか、1年に一度会えることになった理由から七夕の由来を簡単にさらに説明します。

七夕の夜に雨が多い原因と、七夕の夜に雨が降ると織姫と彦星は会える?会えない?催涙雨(さいるいう)とは?

この七夕ストーリーの伝説を紐解いて、織姫と彦星つなぐ鳥まで紹介します。

スポンサーリンク

七夕にしか織姫と彦星が会えない理由の話

七夕ストーリーに欠かせない織姫と彦星の話ですが、どうして織り姫と彦星は離ればなれになってしまったのか、なぜ一年に一度しか会えないのか理由は意外かもしれません。

年に一度の七夕ストーリー織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)のお話をおさらいします。

織姫と彦星の話は中国の伝説で、いろいろな説がありますが、なかでも一般的に知られている伝説の七夕ストーリーは、織姫と彦星の切ない年に一度だけ会えるというロマンティックな話です。

でも、どうして織姫と彦星はなぜ離れ離れになったのか、そして一年に一度しか織姫と彦星が会えない理由には意外な物語が隠れています。

七夕(7月7日)だけ会うことを許されたという、織姫と彦星が会えなくなった理由は二人が結婚を機に怠けてしまったことによります。

古来中国では、「天帝(てんてい)」という、天空でいちばんえらい神様がいました。

その天帝には美人で機織りの名手「織女(しょくじょ):織姫(おりひめ)という娘がいました。

その神の娘である織女(織姫)は、天の川の西側に住み、空の神様たちの着物の布を織ることを仕事としていました。

毎日、天の川のほとりで世にも美しい機(はた)を織り、その美しさは、五色に光り輝き、季節が変わる毎に色とりどりにかわるという見事な布でした。

天帝は、見事な機織りをするわが娘の織女(織姫)がとても自慢です。

織女は、機織りに一生懸命で、自分の髪や服をかまうことも遊ぶこともしないため、男性と出会うこともありません。

しかしただただ、熱心に仕事に打ち込む織女(織姫)をかわいそうに思った天帝は、娘に似合いの青年を探します。

そこで、見つけたのが「牽牛(けんぎゅう):彦星(ひこぼし)」です。

牽牛(彦星)は、天の川の東となる対岸で、牛の世話をしながら、畑仕事に精を出す働き者、休むまもなく真面目に仕事をしていました。

天空は、その青年、牽牛(彦星)を織女(織姫)に引き合わせたところ、二人は恋をしてやがて結婚したのです。

二人が結婚してからというものは、とても仲の良い夫婦になったのですが、楽しさにかまけてお互い働くことやめ毎日遊んで暮らしてしまいます。

その結果、織女(織姫)が機織りをしなくなったので、機織り機には埃が積もり、やがて神様たちの着物はすりきれてぼろぼろになるのです。

牽牛(彦星)も、農耕や牛飼いの仕事をしません。

その結果、畑は荒れて、農作物は枯れ、牛の世話もしないので牛はやせ細り、ついに牛は病気になってしまいます。

これに怒った天帝は、二人を広い天の川の東西の両岸に引き離し織姫と彦星を離れ離れにしてしまいます。

天空は引き離したことで仕事を再開すると思っていたのですが、織姫と彦星は天の川のあっちとこっちで離れ離れになり、お互いの姿さえも見ることができなくなり悲しみのあまり毎日泣き暮らしました。

結局、悲しみに暮れる織女(織姫)は機を織らないため布もできず、牽牛(彦星)もひきこもり、畑はおろか牛の病気はますますひどくなっていくばかりでした。

困った天帝は、「二人が毎日まじめに働くなら、年に1度、7月7日の夜に会わせてやる」と約束するのです。

その言葉に織女と牽牛(織姫と彦星)は、一年に一度の七夕の夜に会えることを楽しみにして心を入れ替えるのです。

織女(織姫)は前にも増して美しい機を織るようになります。

それで、みなが喜び、牽牛(彦星)も同じく一生懸命牛の世話をしたため元気を取り戻し、畑を耕し豊かな実りをもたらすのです。

これが、現在私たちがよく知っている七夕の伝説です。

七夕伝説の織姫と彦星のお話はロマンティックな星の物語でありながら、教訓を与えてくれるものでもあるのです。

・怠けることが良くないことを引き起こす。

・一年に一度会えることの喜びを感謝すること。

などの、教訓も隠されているのです。

そんな織姫と彦星の話がなぜ七夕に由来するのかを次章で紹介します。

七夕の由来を簡単に説明すると

七夕の由来や意味を簡単に説明すると起源は3つに分かれます。

現代の七夕とは、短冊に願い事を書き、飾り付けと共に竹の笹に吊るし、七夕の夜に織姫と彦星が会えるのを祝福しながら自分の願いを星に祈ります。

その七夕の由来となる起源のひとつは・・・

  • 古い日本の神事であった「棚機(たなばた)」
  • 古来中国の牽牛・織女の物語(おりひめとひこぼし)
  • 同じく中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」がミックスされたものです。

棚機(たなばた)という禊ぎ行事について

棚機(たなばた)とは

宮中行事である棚機が現在の七夕に由来しています。

古くからの日本の禊ぎ行事のひとつ「棚機(たなばた)」とは、神様に秋の豊作を祈るため使用した機織り機(はたおりき)の名前です。

その、神事などに使う高貴な布を織ること自体も「たなばた(棚機)」と呼んでいたようです。

秋の豊作を願う行事が、仏教が伝わりお盆を迎える準備として7月7日にするようになり「棚機(たなばた)」を「七夕(たなばた・しちせき)」と呼ばれるようになります。

宮中行事というのは、宮中(皇居)で行われる行事全般をいいます。
5節句をはじめとする宮中行事は古くから行われていて、徐々に庶民に広がっていくので、はじまりは宮中行事といったものが多いですね。

禊ぎとは

自分自身の罪や穢れがあるもの、神事に従事しようとするものが自らを氷水や、滝や川、海の水で洗い清める水浴行為のことを言います。

不浄を取り除く行為を「祓(はらえ)」の一種ともいわれています。

寺社などで参拝前に手水所の水で不浄の手を寺社の浄化された水で洗い清めてから神前に行くという禊の名残です。

古来中国の牽牛織女の物語(おりひめとひこぼし)

奈良時代には、中国の織姫と彦星の物語「牽牛織女」が伝来しています。

この頃は、七夕行事は宮中行事だけでしたが万葉集には100を超える七夕の切ない恋心が歌われていることから、おりひめとひこぼしの話は奈良時代には庶民にも広まったとされています。

日本では織姫彦星(おりひめひこぼし)ですが、中国では牽牛織女(けんぎゅうしょくじょ)になります。

中国での牽牛織女の物語は前章で紹介したものとは少し違いますが、日本ではこれが元になって前章のような七夕ストーリーになりました。

乞巧奠(きこうでん)とは

乞巧奠は、きこうでん・きっこうでん・きっこうてんとも呼ばれ、乞巧祭会(きこうさいえ)という中国の行事です。

単純に乞巧(きこう)とも言われます。

乞巧とは

乞巧(きこう)とは、技巧を授かる、ものごとの上達を願うという意味です。

古代中国でも牽牛と織女の伝説を女性達が信じ、織女を祭りキレイな心と器用な手先と良縁成就を祈ることです。

乞巧奠の奠とは

奠(でん)とは、そなえる・まつる・神仏にそなえてまつるなどの意味をもちます。

読み方は、奠える(そなえる)、奠つる(まつる)奠める(さだめる)などがあります。

中国の民間では7月7日に飾り付けのある小屋を作り、黄銅で出来た細い針の七孔針(しちこうしん)に、五色の糸を月明かりのもとそよ風のなか針を通したものなどをまつった。

お供え物として五色の糸を通した針をまつり、器用さと良縁を祈る祭りが乞巧奠です。

現在の七夕へ

日本由来の棚機や牽牛織女(ひこぼしおりひめ)の話、乞巧奠が江戸時代になり日本で五節句が取り入れられると七夕行事が一気に広まりました。

笹の葉に願い事を書いたり、飾り付けをするのもこのような背景があるからのようです。

スポンサーリンク

七夕の由来から雨が多い理由

七夕の由来を紹介しましたが、七夕によく雨が降りますよね。

七夕に雨が多い理由

七夕ストーリーでは、天帝が織姫と彦星に雨の多い日にあわせて意地悪をしたように思われますが、実は旧暦だと梅雨も明けているのです。

逆に言うと7月7日は旧暦では7月15日前後のお盆になるので(今で言う新暦では8月15日前後くらい)晴れる日が多かったようです。

天の川と上弦の月(半月)

8月は上弦の月(半月)の時でもあって、天の川がキレイに見えるのは23時頃からといわれています。

7月7日の夜明けの暁(日付が変わった1時頃)に神事は行われるため、天頂付近に星達が集まり半月は地球から下の方に見えるため星空がキレイに見えたそうです。

もしかすると天帝は二人の仕事が終わってから会うようにとの思惑があったのかもしれないですよね。

星座こと座とわし座

ちなみに織り姫は、こと座の1等星・ベガ(織女星)で、彦星は、わし座の1等星・アルタイル(牽牛星)で天の川をはさみ東西に分かれて輝いています。

夜空の暗い場所では、2つの星の間に天の川が横たわっているようすを観察することができます。

夏の天の川

ただ、今の日本の暦では7月7日は梅雨の真っ只中にあたることが多く、さらに月の満ち欠けも今では満月間近にあるため、晴れていてもなかなか天の川を見ることができませんよね。

一年に一度の織姫と彦星再会の日に、雨が降るとおりひめひこぼしはどうなるのでしょう。

七夕が雨なら織姫と彦星は会えない?

これには諸説あるのですが・・・

  • 織姫と彦星が年に一度会える喜びの涙で雨が降る。
  • 雨が降るから織姫と彦星が会えずに涙で天の川の水かさが増し川を渡ることができないため、親切なカササギという鳥のむれがやってきて天の川のなかに翼を広げ連ねて橋となり織姫と彦星の二人を会わせてくれたと言い伝えられています。

そして、地球からは天の川を雨の日は見ることはできませんが、ちゃんと二人は雲の上で会えています。

そんな地上で七夕の7月7日に降る雨を「催涙雨・酒涙雨(さいるいう)」と言います。

これにも諸説ありますが、一般的に多くいわれているのは、織姫と彦星が再会をあまりにも嬉しく思い流した涙。

逆パターンもあり、雨で会えなく切ない思いをしたおりひめとひこぼしが流した涙が地上に降ることとも言われています。


中国から伝来した七夕と日本独自の七夕が合わさった由来

>>七夕の由来と意味!短冊を飾る関係

まとめ

こうして、七夕の織姫と彦星の伝説のお話を改めて聞くと奥が深く昔からあったお話しが今もなお継承されているすごさを感じます。

そして改めて七夕の由来を通じて星の神秘も簡単ながら感じとれます。

七夕となった由来から雨がなぜ7月7日は多いのかは昔は夏真っ盛りだったということも分かりましたよ。

中国や日本だけでなく、世界中の人々が同じ星を見て、それぞれのストーリーを想像しているっていうのも星や月のパワーを感じずにいられないです。

七夕の日が雨ではなく晴れていれば、そんな七夕物語を語りながら、夜空を見上げて織姫と彦星が出会えていることを祈りながら夜を過ごしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました