おでかけ・おすすめスポット

おでかけ・おすすめスポット

金沢駅から兼六園の所要時間とバスの行き方で百万石ツアーに!?

金沢に旅行に行ったら、兼六園は絶対行く観光スポットです! 東北新幹線など、金沢への流通も随分楽になりました。 そこで今回は、金沢駅から兼六園までの所要時間や行き方、バスを利用した場合の時間など、歴史も振り返りながら見て行きましょう!
おでかけ・おすすめスポット

兼六園と金沢城が無料になる?所要時間と夜のライトアップはいつから?

岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並ぶ日本三名園の一つが金沢の兼六園です。 また、加賀百万石前田家の居城であった金沢城も、金沢城公園として一般に開放されており、外庭であった兼六園と供に石川県を代表する観光地であり、地元及び多くの観光客に人気があります。 両施設とも年中無休ですが、兼六園と金沢城公園の有料施設(菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓)の入場については有料になっています。ただし、兼六園は観桜期に無料開園されます。
おでかけ・おすすめスポット

尾道しまなみ海道のドライブでおすすめの景色のサービスエリアは?

ゴールデンウィークには、念願の「しまなみ海道」を車でドライブするにはもってこいの季節です。 車の免許を取り立てのあなたが知らない、しまなみ海道沿いの景色の良いサービスエリアやおすすめのスポットがたくさんあります。 本州広島県の尾道から、四国愛媛県松山までを結ぶしまなみ海道の絶景ビューポイントや観光スポット、おすすめのサービスエリアを紹介します。
おでかけ・おすすめスポット

新幹線のトイレの使い方と流し方!ドアが開かない場合の対処法!?

新幹線で数時間移動の最中だと、お手洗いに行きたくなってしまうことってありますよね。 でも、初めて入る新幹線のトイレだと狭そうだし勝手が分からない!と不安になったりしませんか? 今回はそんな新幹線のトイレの使い方をご紹介させていただきます。
おでかけ・おすすめスポット

倉敷美観地区はマステ発祥の地!マスキングテープ工場見学inカモ井

工事の際に使われている養生テープ、別名マスキングテープ。 最近は女性の間で人気で、可愛らしい色や柄付きで文房具としてあちこちでよく見かけられます。 このマスキングテープ、岡山県の倉敷が発祥の地なんですね。 今回はこのマスキングテープが売られている人気のお店や、限定品、マスキングテープを作っているカモ井の工場見学について、ご紹介します!
おでかけ・おすすめスポット

マテ貝の潮干狩りは関東なら時期はいつ?穴場とおすすめスポット!

春も深くなって初夏の陽気が続くなど気温も上がってきました。 関東住まいの我が家ではそろそろ毎年恒例の潮干狩りを意識する季節です。 最近ではアサリや蛤に加えてマテ貝も流行ってきているせいか、年々潮干狩り人工が増えてきている気がするので、「作戦を考えなくちゃなぁ~…」なんてお父さん方も多いのではないでしょうか? 特にマテ貝狙いの潮干狩リストは毎年うなぎの滝のぼり状態ですからね(笑)。 そこで今回は、マテ貝の関東での潮干狩りの時期や穴場とおすすめスポットなどをご紹介したいと思います!
おでかけ・おすすめスポット

小豆島一周にかかる時間と自転車でフェリー乗車なら料金や行き方は?

小豆島は、香川県沖の瀬戸内海に浮かんでいる島です。 小豆島は離島ですから、どこから行くにしてもフェリーで行く事になります。 今回は、この小豆島を一周するとどのくらい時間が掛かるのか。 自転車と車との時間や、フェリーで小豆島に向かう際の料金などをご紹介していきます。
おでかけ・おすすめスポット

呼子の朝市をゴールデンウィークに満喫!イカやおすすめをご紹介!

もうすぐゴールデンウィークですが、お出かけの予定はもう決まりましたか? 九州方面へ行くなら呼子はイカがでしょうか? 特に佐賀県の呼子は、名物の朝市やイカ以外にもおすすめが盛りだくさんです。 ということで今回は、ゴールデンウィークに行ってみたい呼子の朝市やイカ。 そして、呼子のおすすめについてご紹介していきますね。
おでかけ・おすすめスポット

小豆島でのドライブの所要時間や観光のおすすめスポット!!

中国四国方面へ旅行を計画されている方に、是非とも一度足を運んで頂きたいのが小豆島です。 同じ瀬戸内海の島でも淡路島と違い高速道路が通っていないので、車では行けないと思われがちですが、実は本州からも四国からもフェリーが出ているので車でも気軽に楽しめる島なんですよ! そこで今回は、小豆島でのドライブの所要時間や観光のおすすめスポットなどをご紹介していきたいと思います。
おでかけ・おすすめスポット

新幹線子供一人旅のサポートはある?小学生料金はグリーン車なら?

初めての一人旅はいつでしたか?私は小学校6年生の時に自分で計画をした、神奈川県~山形県の親戚の家までの旅が初めてでした。東北新幹線と在来線を使った遠距離の旅です。息子も小学校6年生の今年、同じ様に山形県まで一人旅デビューをしてきました!「かわいい子には旅をさせよ」とは言いますが、親としてはやはり不安がつきものですよね。一人で困難を打破する経験にもなるし、大人へ成長するための第一歩になるとは言え、何かしらのサポートがあるならば利用させたいし、少しでも安全になるならグリーン車等の利用も考えてあげたいのが親心というもの。今回は、そんな活発な男の子を持つ世のお父さんの為に、私の経験も踏まえて色々とご紹介をしていきたいと思います。