手紙・ハガキ

手紙・ハガキ

暑中見舞いの例文と一言挨拶文から短い文章でスパイスを利かす書き方

暑中見舞い申し上げます。こんな冒頭ではじまる季節がそろそろやってまいります。自分では暑中見舞いを書く機会がなかったのに勤務先である会社から自分の担当者には暑中見舞いに一言添えるように暑中見舞いはがきをわたされて困っていませんか? どんな一言を書けばいいのか、どんな一言が適切か暑中見舞いの一言の短い例文を紹介します。
手紙・ハガキ

暑中見舞いと残暑見舞いを両方を兼ねた境目に出す書き方と文例

夏の季節の挨拶状として出すのが、暑中見舞いですが気付いたとき、ちょうど立秋前後になってしまうことがありますよね。そんなときに悩むのが「暑中見舞い申し上げます」か、「残暑見舞い申し上げます」かですが、どちらにも対応できる文面で対応できるといいですよね。そんな暑中見舞いも残暑見舞いも兼ねられる例文や文面をご紹介いたします。
手紙・ハガキ

暑中見舞いの書き方として目上の人に対する返事の例文や返信の文例

夏の元気なご挨拶の代表である暑中見舞いですが、気づくと目上の人から暑中見舞いを貰って「はっ」と慌てることがありませんか? そんな時は、暑中見舞いを出し遅れたことを慌てず落ち着いて失礼の無い返信や返事を書いて対応をしていきましょう。 目上の人やビジネスでの取引先や上司に対する暑中見舞いの返事の書き方やマナーについて返信や文例を紹介します。
手紙・ハガキ

暑中見舞いの時期はいつからいつまでに出す?残暑見舞いにいつなる?

暑中見舞いっていつもタイミングが分からず、貰ってはじめて、あぁそんな時期かと思うことが多くありませんか? 今年こそはこちらから出そうと思いつつ年賀状のような分かりやすい節目がないため、ついつい忘れてしまいませんか? お返事となってしまう暑中見舞いや残暑見舞いですが今年こそはこちらから送りたい! 暑中見舞いを出す時期、いつからいつまでが暑中見舞いで、残暑見舞いに変わる時期を分かりやすくまとめました。
タイトルとURLをコピーしました