お中元先が喪中のときのしはどうする?マナーと時期・初盆の場合は?

水引き
お中元を毎年贈っていた親類や身内に不幸があり喪中となったらお中元の熨斗(のし)に悩んでいませんか?

お中元は相手が初盆などの喪中でも関係なく贈っても構いません。

お中元を贈るときに気になるのが喪中のマナーや送る時期ですよね。

お中元を贈ろうと思った相手が初盆などの、喪中期間中ののしの書き方、マナーや送る時期、喪中時に配慮の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

お中元を贈る相手が喪中だとのしはどうする?

毎年ささやかながらお中元を贈っていた相手の親類が春先に他界してしまい喪中とお中元を贈る時期がきてしまったという場合。

本当に贈って良いのか迷ってしまいますよね?

結論は、喪中であってもお中元を出す出さない、もっといえば貰う貰わないも差し障りはありません。

なぜならお中元は、祝いの贈答ではなく、あくまで時候の挨拶ません。

日頃のお世話になっている方への感謝の表明ですから、失礼にはあたりません。

ただし、紅白の水引の立派なのしを用いたりせず、デパートなどで相談し短冊のしなどのシンプルなものにしていただく等の心遣いをしても良いでしょう。

熨斗と掛け紙についてはこちらでも詳しく説明していますのでご参考にしてください。

お中元が喪中期間中の場合のマナーは?

お中元を喪中期間に贈るときのマナーですが、最近では、宅配便でお中元を贈ることが通常となっています。

本当のところは、正式には風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーとなります。

持参する場合であっても、事前に相手の都合を聞いてから伺います。

やむを得ず、宅配便で送る場合であっても品物が届く前に送り状を郵送するのがマナーです。

ただ、初七日や、四十九日を過ぎていない場合は注意しましょう。

訪問や宅配で贈答などをするには、まだ相手が気落ちされていると感じている場合、お中元の時期よりも少し日にちをずらしましょう。

熨斗も「暑中見舞い」や「残暑見舞い」などの表書きの掛け紙で贈ります。

なお「暑中御伺い」や「残暑御伺い」とすることでさらに丁寧さが増します。

スポンサーリンク

お中元の時期を外して喪中に配慮すると?

お中元の時期に喪中先に渡す場合の配慮するなら「お中元」としたり、「暑中お見舞い」、「残暑御伺い」としてお中元にはのし紙や掛け紙をしたうえで持参しましょう。

持参できる場合、亡くなった方の好きだったものや花などを少し一緒に添えて「ご仏前にもお供えください」などと一緒にお渡しするのが良いですね。

お中元を持参できない場合、宅配便などで直接先方に送る場合は、注意が必要です。

贈答品が届く前に贈る送り状とともに、遺族の方を慰める言葉などを含めた近況伺いのお手紙などを出しましょう。

そこに「(贈る相手)様がお好きだった紅茶を送らせていただきます。〇〇様にもお供えくだされば幸いです。」など一言あると贈られる方も喜ばれますよ。

まとめ

お中元と喪中が重なる場合、のしの表書きのマナーは喪中かどうかよりは、忌中明けかどうかにポイントがありました。

お中元と喪中が重なった場合のマナーは目安として四十九日を過ぎたかどうかが目安になります。

お中元の時期が喪中だからとあまり、喪中だからと堅苦しく考えず、感謝の気持ちまで隠さなくても良いと捉えると良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました