まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

岡山日生の牡蠣の時期と五味の市の牡蠣祭りでバーベキューをしよう

      2017/02/22

生牡蠣
岡山県備前市日生(ひなせ)の「日生かき」と呼ばれる新鮮な生かきのシーズンがやってまいりました。

全国3位の捕獲量を誇る、岡山県の牡蠣でも日生で獲れる牡蠣の解禁シーズンや、美味しい時期、五味の市で行われるかきまつりの日程など、お得に買えてバーベキューなどで楽しめる情報を紹介します。

スポンサードリンク

岡山日生の牡蠣の時期は

岡山県備前市日生町で獲れたての日生牡蠣の解禁は、毎年10月下旬あたりから解禁となります。

シーズンとなるのは、10月20日頃から翌年の3月いっぱい水揚げされます。

11月から3月までは獲れたての新鮮な日生の牡蠣を食べられます。

なかでも最もおいしくなる牡蠣の旬の時期は、1月から2月といわれていいます。

そのため、備前市が開催する「ひなせかき祭り」が行われるのも2月となっています。

最近は、B級グルメとして有名になってきた日生のB級グルメ日生かきをたっぷり使用した「カキオコ」も絶品です。

こちらも同様、日生牡蠣のシーズンの11月から3月くらいまでが生牡蠣を使用した「カキオコ」が各店で提供されますが、カキオコの牡蠣は加熱されるためオフシーズンでも、美味しさを保った冷凍牡蠣で年中提供される店舗もあります。

岡山の牡蠣は日生の五味の市で一斗缶でお得に

岡山の牡蠣と言えば日生(ひなせ)の牡蠣で、お得に購入できるのは、備前市日生町の日生漁業協同組合が運営する日生町漁協の魚市場「五味の市」がおすすめです。

瀬戸内鮮魚の活きの良さが有名で、卸売りというよりは誰でも購入できるよう少し観光客向けの市場のようになっていますが、市場価格は普通に店頭で買うよりもかなりお値打ちです。

ザルから一斗缶まで、殻付き牡蠣が売られており、その価格帯は殻付き牡蠣の種類にもよります。

日生で売られている、牡蠣の種類は2種類で、通常、スーパーマーケットや魚屋さんで手に入る牡蠣は養殖牡蠣です。

日生の殻付きの養殖牡蠣は、近所のスーパーマーケットで見るむき牡蠣とは比べ物にならないほど身が大きく立派です。

養殖牡蠣の他に、落ち牡蠣という種類に分けて売られているのは、養殖時、牡蠣棚から落ちて海底で育った牡蠣のことです。

魚市場の五味の市では、殻付きの養殖牡蠣もお買い得価格ですが、一般のスーパーマーケットや魚屋さんに出回らない、落ち牡蠣という牡蠣は見た目の殻に藻やフジツボがついいて育つため価格は通常に養殖牡蠣のホボホボ半値くらいにのお買い得の破格で、1月中旬くらいから販売されます。

朝早く行った場合でも、1かご1,000円や1かご2,000円を併せて買えば本来3,000円なのに1,500円でいいよ!などと値引きしてくれる場合がありますので、一度価格交渉をしてみてくださいね。

一斗缶など、多く購入すれば、その分おまけをしてくれる幅の振りが大きいのも毎年の慣例になっていますよ。

ただし、その年により豊作不作の年があるため、小ぶり大ぶりの違いは否めませんが、どちらにせよスーパーマーケットで購入するよりもお買い得なことは間違い有りません。

日生漁協の魚市場「五味の市」(ごみのいち)
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間:9:00~16:00(商品が無くなり次第終了)
住所:岡山県備前市日生町日生801-4
電話:0869-72-3655


スポンサードリンク

岡山県日生の牡蠣祭りの日程は

毎年、備前市日生のかきまつりでは、2月の一番牡蠣が美味しい時期に若牡蠣と呼ばれる殻付き牡蠣が無料で振る舞われ、焼き牡蠣体験や牡蠣むき体験をすることができます。

日生かきの焼き牡蠣をはじめ、今や人気急上昇の牡蠣が入ったお好み焼き「カキオコ」や、定番のカキフライ、牡蠣汁や牡蠣飯などが超低価格で振る舞われます。

日生かき祭りの日程は、
毎年2月の第4日曜日に行われます。
時間は9:00~15:00までとなっております。

毎年、とても人気の牡蠣祭りなので、9:00に到着するように、少し早いかな?と思うくらいででかけてちょうど良いと思われます。

(私は、以前、少し甘く見て昼前に岡山方面から午後9:00頃に出発し岡山ブルーラインの備前ICを降りると、昼前にも関わらず、もう渋滞というより停滞しており殆ど進まず、到着した頃には店じまい寸前という状況を目の当たりにしました。)

岡山ブルーラインをそのまま、国道250線を日生方面に行くと日生漁協の魚市場「五味の市」とその目の前の「海の駅しおじ」の看板を目印に行けばすぐに到着するはずが、この「ひなせ牡蠣祭り」は、無料配布があるためか、車での来場は相当混雑します。

牡蠣のバーベキューを、モーニングにするくらいのおつもりで行かれることがおすすめです。バーベキューの場所も無料で使用することができますが、短時間の入れ替え制になっています。

ゆっくりと食べたい方は、五味の市の目の前にある、海の駅「しおじ」ではバーベキューが常時手軽にできるようになっており、1テーブル90分で1,500円人数は4~5人まで大丈夫です。

火起こしもされていますのと、牡蠣をむく牡蠣メスと呼ばれる道具や軍手も込みの価格で、さらに牡蠣もお安く手に入るとなれば破格の牡蠣食べ放題のバーベキューといっても過言ではないかもしれません。

持ち込みも可能ですので、調味料やドリンクなどお好きなものを持ち込んで、五味の市で牡蠣をたくさん買い込んで美味しくその場でバーベキューをしましょう。

岡山県備前市日生五味の市前の「海の駅しおじ」周辺地図はこちら【楽天たびノート】からどうぞ。

もし、牡蠣祭りや、日生の五味の市までは行かれないという方は、コチラからお取り寄せも可能ですよ。

日生をはじめ岡山県内の牡蠣祭りの日程はこちら
>>日生や寄島、笠岡の詰め放題やファーマーズ・マーケットの牡蠣祭り詳細!

備前市日生のひなせかきまつりへの電車でのアクセス方法と時刻表
>>ひなせ牡蠣祭りの電車で日生駅に行くとお土産が当たるかも

日生のカキオコも是非ご賞味を
>>日生のB級ぐるめカキオコのおすすめ情報

まとめ

今回は、岡山県備前市日生町の日生かきについて、紹介させていただきました。

2月の牡蠣祭りは、豊作不作により牡蠣の身入りがちがいますが、スーパーマーケットで購入する牡蠣も同様です。

是非、日生の魚市場「五味の市」で新鮮な殻付き牡蠣を堪能してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 中国・四国 ,