年賀状の返信マナー上司に出す例文と横書きのときの注意点まとめ


会社の上司から年賀状を貰ったけど、自分からは出していないのに気付いた時焦ってしまいますよね。

すぐに返信するにしても、返信文をどうしよう、一応既存印刷している横書きのハガキがあるけど、それでもいいのかなと悩むことがあるのではないでしょうか。

そのような時に、注意しなければならない返信マナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状返信マナー上司宛で気をつける点

上司に対して返信する場合、次のことに気を付けましょう。

なるべく早く返信する

7日以前であれば、コンビニなどで販売している既存印刷のはがきでもOKです。

そして余白に一言添え文を直筆で書き添えましょう。

7日を過ぎたら寒中見舞い

7日以降に出す場合は、年賀状ではなく寒中見舞いを出します。

そして新年のお祝いとお礼、遅れたことのお詫びを書きます。

プライベートな報告は避ける

上司は仕事上の関連なので、結婚や出産、引っ越しなどの報告を兼ねての年賀状は避けましょう。

家族の写真やペットなどの写真を印刷した年賀状も避けます。

派手な年賀状は控える

派手な色使いや、ふざけた印象を受ける絵柄のデザインは控えましょう。

年賀状として違和感のない、シンプルなデザインが良いです。

上司に出す年賀状の例文と返信文例

上司への年賀状は、目上の人に対する例文と同じような内容になります。

①挨拶

謹賀(恭賀)新年・明けましておめでとうございます・謹んで新年(新春)のお慶びを申し上げますなど。

②昨年のお礼

旧年中のご厚情に心より御礼申し上げます・昨年はお世話になりありがとうございましたなど。

③今後の付き合いのお願い

今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします・今年も昨年同様ご指導よろしくお願いいたしますなど。

④相手の健康祈念

寒い日が続きますのでご家族のご健康をお祈り申し上げます・ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますなど。

⑤日付

【令和▲年 元旦】を書きます。

元旦とは、元日の朝のことで、元日とは、1月1日のことです。

上司への返信文例には、次の添え文を加えると良いでしょう。

添え文

・早々と年賀状を戴きありがとうございました

・新年のご挨拶が遅れ大変失礼いたしました

・ご鄭重な年賀状を頂戴し誠にありがとうございましたなど。


スポンサーリンク

年賀状を上司に出すとき横書きはOK?NG?

既存印刷されている年賀状には縦書き、横書きがあり、どちらも通常的に使われていますよね。

でも一般的に上司など目上の人に出すときは、縦書きが基本であり横書きはNGとされています。

上司などでマナーを重んじる方がいますので、縦書きで出しておくほうが無難です。

まとめ

会社の上司は、親しくても友人や身内ではありません。

ビジネスは目上の人なので、きちんとマナーを守って、年賀状の返信をしましょうね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました