金沢観光のマイナースポット朝から半日で満喫できるおすすめプラン!


北陸新幹線が開通して仕事で金沢に行く機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

でも金沢って立派な駅と兼六園以外にどんなところがあるの?と思ったあなた。

ちょっとした仕事の空き時間で定番スポット以外にも足を運んでみませんか?

私が金沢を訪れたとき、半日でも十分観光ができ、市場からスイーツまで堪能できました。

そこで金沢の穴場、マイナースポットと半日で回れるおすすめコースをご紹介します。

スポンサーリンク

金沢観光でマイナーなスポットを知りたい

金沢といえば「兼六園」「金沢21世紀美術館」「長町武家屋敷跡」などが定番です。

さらに、兼六園の先に広がる広大な緑の森をご存知でしょうか。

多くの観光客は兼六園に行くので穴場スポットです。

石川県立美術館いしかわ赤レンガミュージアム石川県立能楽堂本多の森ホールの4つの施設があり、その美しい外観をと自然を楽しみながらのお散歩をおすすめします。

もうひとつのおすすめしたいのは

カフェ「ル ミュゼ ドゥ アッシュKANAZAWA」です。

本多の森にある石川県立美術館の中にあるカフェですが、あの有名パティシエの辻口博啓さんのお店です。

辻口さんは石川県出身ということでスイーツには能登や北陸の食材を使用しており、ぜひ一度味わってほしいお店です。

ガラス張りの店内からは庭が見え一息つくには最高です。

私が行った時は、朝ドラでお馴染み、NHKの朝の連続テレビ小説の『まれ』が放送された時期でした。

そのため、まれをイメージしたスイーツがありました。

もちろん、「まれ」をイメージしたケーキをいただきました。

辻口さんはNHK 朝の連続テレビ小説『まれ』のスイーツの監修をしていたのですよ。

ここでゆっくりくつろぎながら周辺の自然も楽しんでもらいたいです。

金沢には便利な周遊バスがあり、このバスだけで定番スポットを回れてしまいます。

しかも値段が安い!

がんばれば歩ける距離なので、お散歩するにもちょうどいいです。

天気がよければ歩いて、悪天候や疲れたときには周遊バスで金沢の街を楽しみましょう。

金沢観光朝から出かけるなら


まずは朝ごはんを食べにいきましょう。

金沢駅周辺に宿泊するなら『近江町市場』がおすすめです。

定番の観光スポットながら仕入れている鮮魚は毎日変わるので、訪れるたびに初めてのような新鮮さがあります。

また、朝ごはんを食べられる食堂もたくさんあるのでその日の気分によっても好きなお店を選べるのもいいですね。

スポンサーリンク

金沢観光半日おすすめプラン

金沢駅発着で朝からお昼までの半日プランです。

7:30 金沢駅発

↓ 徒歩 約15分

7:45近江町市場で朝食&市場を散策

早朝から営業していますが、日によっては行列ができることも。

↓ 徒歩 約10分

尾山神社

前田利家が祀られている金沢のパワースポットです。

ステンドグラスが飾られた神門はぜひ見ておきたいですね。

↓ 徒歩 約20分

金沢神社

菅原道真が祀られている兼六園に隣接した神社です。

沢の地名の由来となった「金城霊沢」があります。

↓ 徒歩

本多の森散策

10:00
「ル ミュゼ ドゥ アッシュKANAZAWA」でティータイム

↓ バス 約20分

金沢駅

まとめ

いかがでしたでしょうか。

金沢にはまだまだ行ったことのないスポットがたくさんありますね。

特に近江町市場は毎日が新鮮なので何度も行きたくなります。

毎日がんばって働いて疲れているからだとこころを森の都で癒やしてあげましょう。

スポンサーリンク

コメント