ひな祭りの御朱印を京都で春限定や珍しいものを地図付きで一挙公開


クリスマス、お正月、バレンタインとイベントが続きますね。

今度は「ひなまつり」がやってきます。

小さな女の子がいないとあまり馴染みのないイベントかもしれません。

そんなひな祭りですが、今年は京都の御朱印でそのイベントを楽しんでみませんか?

春限定や珍しいものまで、ひな祭りを楽しめるのです!

あまり知られていない御朱印の奥深さを教えちゃいます!

スポンサーリンク

ひな祭りの御朱印が京都で授与できる

京都観光といえば、歴史的な建造物。参拝の記念に御朱印をもらう方も増えています。

その御朱印の中で、“ひな祭りの御朱印”があるのはご存知でしょうか?

期間限定の御朱印は特別感があり、おすすめです。

勝林寺(京都市東山区)

春限定の桜模様の入った御朱印や、ひな祭り御朱印「吉祥天」が人気です。

他にも、4月1日頃から授与開始される限定500体の「皇桜の見開き御朱印」など期間限定の御朱印が多く、何度も訪れたくなります。

・住所:京都市東山区本町15-795
・期間:2月24日~期間未定 (ひな祭り御朱印など)

隋心院(京都市山科区)

名勝・小野梅園の春季特別公開に合わせて、春限定の御朱印が授与されます。

・住所:京都市山科区小野御霊町35
・期間:3月1日~4月15日

京都の春限定の御朱印が可愛すぎる


ひな祭りに限らず「春限定」の御朱印もあります。

春らしてわくわくしますね!

京都大神宮(京都市下京区)

こちらの御朱印の特徴は「巫女さんキャラクター」と「月替わりのスタンプ」です。

御朱印にキャラクターが書かれているのはとても珍しいですよね。

また、スタンプは、昨年1月は牡丹、2月は紅白の梅、3月はひな祭りでした。

・住所:京都府京都市下京区貞安前之町622

十輪寺(京都市西京区)

ここでは「春のからかみ御朱印」が春限定で可愛いです。

毎年春に向けて京からかみの台紙を注文し、御朱印にされています。

春らしい台紙がとても素敵です。

・住所:京都市西京区大原野小塩町481
・期間:2月19日~期間不明


スポンサーリンク

京都の御朱印で珍しいものを紹介!


ひな祭りや春限定の御朱印だけでも十分珍しいですが、他にも珍しい御朱印があります!

勝林寺(京都市東山区)

ひな祭りの御朱印でもご紹介しましたが、こちらでは「涅槃会(ねはんえ)御朱印」の授与もあります。

涅槃会とは、お釈迦様が亡くなられた日の行われる法要で、珍しい模様の入った御朱印が授与されます。

・住所:京都市東山区本町15-795

大福寺(京都府中京区)

元旦~2月3日まで頂けるのが「大福帳」の御朱印です。

また、毎月29日には、「29(ふく)」ということから「七福御朱印」がもらえます。

ここでは幅3センチほどの「ミニ御朱印」もあります。

ぜひ覗いてみてください。

・住所:京都府京都市中京区布袋屋町498

まとめ

御朱印はとっても奥が深いですね。

ひな祭り、春、というキーワードだけでも多くの期間限定御朱印が存在しました。

期間や数に限りがございますので、気になるところは早めに行かれてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント