バレンタインにメッセージを英語で一言カードを添えてオトナカッコ良く


年に一度の大切なバレンタインデー。

せっかくなら、用意したお菓子にメッセージを添えたいところですが、ちょっと照れくさく感じてしまうことはありませんか?

そんな時には、英語で一言添えておくだけで、そこまで照れくさくなく、また受け取る方を喜ばせることができますよ!

ここでは、そんな英語の一言メッセージについて紹介します!

スポンサーリンク

バレンタインにメッセージを英語で本気を伝えたい


男性に本気でメッセージを送るには、どんな言葉をかけたらいいのか、また、どんな言葉なら響くのか悩んでしまいますよね。

特にバレンタインは女性から男性にアプローチできるとても貴重なきっかけなので、しっかりと考えたいところです。

そんな男性に送るメッセージのポイントは、できるだけストレートに、簡潔に伝えることです!

長々とロマンチックに飾った言葉を並べるよりかは、直球型のメッセージのほうが男性には響くようです。

しかし、段々歳を重ねていくと、気持ちを伝えるのを躊躇してしまいますよね。

そんな時は英語を使った表現をすると、気持ちも伝わる上、おしゃれに見せてくれるのでオススメです。

また、メッセージを添える際は、必ず手書きにしましょう。

印字されたものより、手書きの文字のほうが心がこもった気持ちに男性も喜んでくれますよ。

バレンタインに添える一言メッセージ


英語で一言添えるといっても、英語が苦手な方はなんて書けばいいか悩んでしまいますよね。

かといって「I love you」と伝えるのもストレートすぎて恥ずかしくなってしまいます。

そこでオススメなのが、「Will you be my Valentine?」「You are my Valentine.」です。

『Valentine』という単語は『愛する人』や『大切な人』を意味するので、バレンタインデーにはまさにもってこいの単語なのです。

男性がメッセージを受け取り、意味がわからなくて調べたとしてもその甘く可愛らしいメッセージにキュンキュンしてくれるはずです。


スポンサーリンク

バレンタインカードはメッセージを英語で使い分け


恥ずかしいあまり、英語だけのメッセージになると、義理チョコや、おしゃれに見せてるだけなのかと勘違いさせてしまう可能性もあります。

英語のメッセージに加えて、このチョコが本命チョコであることを伝えましょう。

「今度食事に行きませんか?」や「今度デートしませんか?」などお誘いのメッセージを日本語で添えておくとより気持ちが伝わって良いでしょう。

「せっかく勇気を振り絞ったのに、気持ちが伝わらなかった!」なんてことがないように、しっかり気持ちを伝えられるメッセージにしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?日本語と英語をうまく使い分けして、ぜひ大切にしてきた気持ちを思い切って伝えてみましょう。

照れくさくてなかなか伝えられなかった思いも、バレンタインというイベントが背中を押してくれますよ!

スポンサーリンク

コメント