バレンタインに同僚にあげる予算は?プレゼントは女性全員で渡そう!


新しい年を迎えたら、あっという間にバレンタインデーです。

仕事をしている方は、同僚の男性に用意するプレゼントに頭を悩ませているかもしれません。

本命や友達にあげるのとは少し違う、職場の同僚へのプレゼントの予算や、どのように渡したら良いのかをお教えします!

スポンサーリンク

バレンタインの同僚への予算はいくらぐらい?

職場によって、バレンタインのあげ方は様々。

女子社員全員で割り勘してプレゼントするところもあれば、個人的にどうぞ、というところも。

まずは、職場内でバレンタインに関してどのように行っているかの確認が必須。

職場の同僚ということで、ここでは「義理チョコ」と考えて予算の相場を出すと、平均で500円未満が多いです。

連名で渡すと、人数にもよりますが、ちょっとしたプレゼントが買えるくらいですね。

あまりに高すぎても相手に気を使わせてしまいます。

安すぎるのも普段からお世話になっている間柄、そうはいかないもの。

500円くらいだと、チョコレートならバリエーションも豊富なので選びやすいです。

バレンタインを同僚にプレゼントするならチョコがいい?


バレンタイン=チョコレートというイメージですが、甘いものが苦手な方もいますよね。

職場の同僚に一々甘いものは大丈夫かと聞いて回るのも大変です。

感謝の気持ち、ということで渡す義理チョコなので、チョコレートに限らずクッキーなど食べて消えるものが良いでしょう。

女性社員連名というと大袈裟ですが、みんなで渡す場合は、甘いものと甘さ控えめのものと2パターン用意して好きな方を取ってもらう方法もあります。

また、お茶やコーヒーをよく飲む職場の場合、普段飲んでいるものよりも少し高めのものを用意してみるのも。

バレンタインのプレゼントとして渡すのも喜ばれるでしょう。


スポンサーリンク

バレンタインは同僚に女性全員であげると好感度が上がる?


バレンタインを貰った同僚の男性は、やはりホワイトデーにお返しをしなくてはいけないと思うもの。

個別で貰うと、さまざまなたくさんのプレゼントをもらえたら嬉しい反面、お返しが大変になります。

本命チョコならまだしも、職場の義理チョコで何個もお返しを用意するのは大変です。

女性全員でまとめて貰えると、お返しも男性社員全員ですることができるので、楽チン。

返す側のことも考えて、女性全員であげるのがおススメです。

まとめ

職場の同僚にあげるバレンタインは、これからの仕事での関係を円滑に進めていく上でも、とても大切なもの。

義理チョコだから、とテキトーに選ばず、予算の範囲内で素敵なものを贈ると喜んでもらえます。

会社によってバレンタインのあげ方は異なるので、わからない場合は先輩に事前に聞いておくと良いですね!

スポンサーリンク

コメント