グローサラントとイートインの違いは?駅ナカグルメ東京のおすすめ


最近都内では「駅ナカグルメ」がとても充実していますよね。

なかでも「グローサラント」というスタイルのお店をご存じですか?

グローサラントとは?

その意味と東京で人気のグローサラントや駅ナカグルメについてご紹介します。

進化を遂げる駅ナカグルメに注目です♪

スポンサーリンク

グローサラントとはイートインの違いは?

聞きなれない言葉「グローサラント」。

まずはその意味を説明します。

グローサラントの語源は、「グローサラント=グロサリー(食料雑貨)+レストラン(飲食店)」です。

食料雑貨を扱うお店が飲食店を併設しているタイプです。

ポイントは「店内で扱う食品が使われている」こと、つまり、グローサラントで食べたメニューに使われている食材を購入できるのです。

家庭で同じメニューを真似することもできちゃいます!

「この食材と、この食材を組み合わせると、こんな料理ができるんだ!」と購買意欲が高まるため、小売業界で注目を浴びています。

ここまで聞くと「イートイン」と同じイメージが湧きませんか?

あえて違いを説明するとすると、以下のようにまとめられます。

・グローサラントとは

 その場で調理するような本格的な料理が多い

・イートインとは

 お惣菜やファーストフードなど手軽な料理が多い

・グローサラントとイートインの違い

グローサラントではメニューと同じ食材を購入できることがあるが、イートインではできない

グローサラントは駅ナカにもある


グローサラントでは本格レストランに引けをとらないクオリティの高い食事を楽しめたり、その食材にあった調理法を知ることができたりするため人気が出ています。

そんなグローサラントが東京駅ナカにもあります。

EATALY(イータリー) @グランスタ丸の内

東京駅の地下一階にあるグランスタ丸の内の中にあります。

朝7時からオープンしているので、新幹線に乗る前後の朝食にもぴったりです。

イタリア専門の食材屋さんで、イタリア本土のこだわりの製品を扱っています。

ピザやフォカッチャは見た目も鮮やかで、アツアツを食べることができます。

イタリアンドルチェも充実しているので、軽食や昼食、カフェタイムまで、シーンを選ばず利用できるスポットです。


スポンサーリンク

駅ナカグルメで東京のおすすめスポットグランスタ


駅ナカグルメの発展が止まらない東京では、おすすめのスポットが多くあります。

駅ナカといえば、八重洲地下街、グランスタ、など色々とあります。

今回はグローサラントもある「グランスタ」にスポットをあてておすすめをご紹介します。

グランスタおすすめグルメ

●京橋千疋屋(果物専門店)

高級な果物を最高品質で提供する果物専門店です。

新鮮で色とりどりのフルーツでできたパフェやケーキはとても人気が高くおすすめです。

●デイジイ東京(パン)

2018年2月に登場したばかりの埼玉に本拠地を置くベーカリー。

カレーパンやブリオッシュがおすすめです。

●5CROSSTIES COFFEE(コーヒー)

シングルオリジンをハンドドリップで提供してくれます。

豆にこだわった挽きたてコーヒーでほっと一息ついてください。

●ザ・メープルマニア(洋菓子)

メープルをたっぷり使用したラングドシャです。

パッケージも外国製品のようでおしゃれでお土産にぴったりです。

●浅草今半(駅弁)

創業明治28年の老舗、浅草今半のすき焼き重が人気です。

新幹線に乗る前にちょっと豪華な駅弁を買うのも良いですよね。

まとめ

東京の駅ナカグルメは日々進化していますね!

特に「グローサラント」は、注目です。

本格的な料理を手軽に食べられて、食材も購入できる新形態の店舗にぜひ足を運んでみてください。

新幹線の前に少しだけ・・・なんて思っていると時間が足りなくなります。

ぜひ「駅ナカを堪能する時間」を設けて楽しんで帰ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント