ムートンブーツ内側のお手入れ方法は?自宅の洗濯でふわふわ感復活!


寒くなってきましたね。

衣替えのシーズンですが、洋服だけではなく足元の衣替えも必要になってきます。

お気に入りのブーツを出そうと思ったら、汚れや傷みが気になって履くのを躊躇った事はありませんか?

しまう時にキレイにしておけば良かった!私も毎回後悔してしまいます。

そこで今回は、ふわふわ暖かいムートンブーツのお手入れ方法や自宅で洗濯できるのか?などを紹介します。

スポンサーリンク

ムートンブーツの内側のお手入れしてますか?

買った時はふわふわで暖かく、履き心地のいいムートンブーツ。

履いているうちに内側のファーがペシャンコになってしまい、暖かさも感じなくなってしまった。

ブーツの中は蒸れやすいし、臭いも気になる・・・という事はありませんか?

日ごろからのお手入れが必要ですが、具体的に何をすればいいのでしょう?

ブーツの内側は、想像以上に蒸れています。その原因は足裏の汗!

雑菌も繁殖し、臭いを発する事もありますよね。

お出かけ先で靴を脱がなきゃいけない時に、ドキドキしながらブーツを脱ぐ。

そんな事にならないように、ブーツを脱いだら毎回できる簡単なお手入れ方法をご紹介します。

用意するのは、ファブリーズなどの消臭除菌ができるスプレーと100均に売られている乾燥剤です。

内側にシュシュッとスプレーして、後は乾燥材をつま先とかかと側に2個入れるだけ。

これだけなら簡単ですし、毎回出来そうです。

乾燥材の代わりに重曹を要らない靴下やストッキングに詰めたものでも代用できますよ。

重曹は消臭効果もありますし、湿気を吸って固まってしまった時は天日干しすればお掃除などに再利用できます。

ムートンブーツの洗濯で失敗しないコツ

シーズンオフにムートンブーツをしまう前や、突然の雨でブーツが汚れてしまった時は自宅で洗ってみるのはいかがでしょう?

失敗したら嫌だという方も多いでしょうが、自宅で洗濯するコツをいくつかご紹介します。

まず、お手持ちのムートンブーツがリアルムートンかフェイクムートンかをご存知ですか?

UGGやEMUなどのお高めのムートンブーツはリアルムートンです。

一方、プチプラで買えるムートンブーツはフェイクムートンの物が多いでしょう。

リアルムートンは、正直お洗濯が難しいです。

お値段もするので、失敗した時のメンタルダメージはかなりのものでしょう。

無理せずクリーニング屋さんに持っていって、プロにお願いするのもひとつの手です。

それでもリアルムートンを自宅で洗濯したい!という方には、こんな商品がおすすめです。

こちらを揃えておけば、多少は難易度も下がるでしょう。

お値段も、クリーニングに出すよりお安く済むかもしれません。

因みに、クリーニング店にムートンブーツのお洗濯をお願いすると大体3,000~10,000円が相場です。

フェイクムートンをお持ちの場合、思い切って自宅で洗濯して、失敗しても悔いは無いわ。

というのであれば、優しく手洗いに挑戦してみて下さい。

まずはブーツが浸かるぐらいの大きさのバケツに常温のお水と洗剤を入れ、洗浄液を作ります。

この時、洗剤が直接ブーツに付いてしまうと色むらなどの原因になるのでしっかりと混ぜておきましょう。

洗剤は、エマールなどのオシャレ着用の物が比較的安心です。

そして、ゆっくりとブーツを沈めて30分ほど浸けておきます。

外側は、手やスポンジで優しく一方向に撫で洗いします。

内側のふわふわ部分は、天然毛のブラシや柔らかめの歯ブラシなどで優しくほぐしながら洗いましょう。

ソール部分は、状況に応じてブラシで擦ります。

その後しっかりとすすぎます。

バケツのお水を何回か交換しながら泡が出なくなるまですすいで下さい。

洗剤が残っていると色むらなどの原因になります。

ブーツの色落ちでお水が濁りますが、泡が出無くなればある程度すすいで脱水します。

使い古しのバスタオルやTシャツに包み、まず30秒程脱水して様子をみましょう。

脱水のし過ぎは型崩れの原因になるので注意してください。

ある程度水気がきられたら乾燥させます。

間違っても乾燥機に放り込まないでください、縮みます。

ドライヤーもNGです。

新聞紙やキッチンペーパーで内側の水分を取り、乾燥材を入れて風通しのいい日陰に干してください。

状況にもよりますが、2日程で乾くと思います。

乾いたあとはスポンジや天然毛のブラシで毛並みを整えましょう。

これで完成です!

あくまでも素人が自宅で洗濯する方法ですので、自己責任でお願いしますね。


スポンサーリンク

ムートンブーツのふわふわ感を復活は汚れ除去から!

ムートンブーツのふわふわがヘタってしまうのは足の汗や汚れ、履いた時にかかる圧力や摩擦によって圧縮される事が原因です。

洗濯をする際に、ブラシで優しくほぐしながら汚れを落とすことでふわふわがある程度復活するでしょう。

買った時の状態とまでは言い切れませんが、かなり復活しますよ。

あまり強くブラッシングすると、せっかくのふわふわが絡まったり抜けたりしてしまいますので、優しくほぐしながら汚れを落として下さい。

まとめ

ムートンブーツは可愛くて暖かくて、毎年履きたくなるアイテムですよね。

毎日のお手入れやシーズンオフのお洗濯で長持ちさせる事ができますので、チャレンジしてみて下さい。

履く前に防水スプレーをふっておくと汚れも防止できます。

スウェード素材専用の防水スプレーがありますので購入しておくと良さそうです。

無理せずプロに頼むか、思い切って自宅で洗ってみるか悩むところですが、失敗しても後悔しないもので一度練習してみるのもいいかもしれません。

スウェード素材はデリケートで難しいので、丁寧に優しく扱ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント