博多駅は子連れならベビーカーレンタルで旅行満喫!子供のおむつ事情!


次の週末はどこに行こう?連休を満喫したい!

少し遠くへ行ってみたいなぁ、と旅行の計画を立てる時間はわくわくしますよね。

でも子連れの旅行となると、行き先が限られてしまう気もします。

「子連れ 旅行 おすすめ」などと検索してみても、テーマパークばかりでピンとこない…なんてことありませんか?

私がそうなのです(笑)

今回、博多で友人の結婚式があり、せっかくなので旅行も兼ねて行って来ました。

博多といえば、大人が楽しめる食の宝庫で、子連れでおすすめの旅行スポットとはかけ離れているイメージがありますよね・・・。

でも実際に行ってみると、子連れでも安心して十分楽しめる場所でした!

行くときに持っていくか迷ったのが「ベビーカー」と「オムツ」です。

おむつは旅行の時、荷物になりますからね。

その点をどうすればよいか、私のおすすめをお伝えします。

スポンサーリンク

博多駅は子連れならベビーカーが必要?

お子様が小さいと必須のベビーカー。

2歳くらいで歩ける子でも、眠くなるとベビーカーに乗りたがることもあります。

また、荷物を積めて何かと便利な面もあります。

一方で、階段やエスカレーターの上り下りができずエレベーターを探し回る…なんてことも多く、邪魔になってしまうこともよくあります。

旅行の時にベビーカーを持っていくかどうか、悩みますよね。

ベビーカーを持っていくかどうか考えるポイントをまとめてみました。

■バリアフリー化が進んでいるかどうか

バリアフリー化が進んでいるところであれば、エレベーターやスロープが設置されているはずです。

それらがしっかり設置されていれば、ベビーカーでも問題なく移動ができます。

駅の構内図等で事前に確認できると良いですね。

博多駅は、しっかり整備されています

道幅が広くとられていて、エレベーターも各所に設置されています。

博多駅には隣接する商業施設が多くありますが、それぞれに多目的トイレもあり、ベビーカーで移動しやすいといえるでしょう。

■手荷物一時預かり所があるかどうか

観光やショッピングの時にはベビーカーがないほうが小回りが利くことが多くあります。

そんな時にベビーカーを一時預かり所に預けることがおすすめです。

博多駅には、佐川急便の手荷物一時預かりサービスがあります。

博多口2階のエレベーター前にあり、500円で10時から20時まで預けることができます。

コインロッカーに入りきれないベビーカーのような大きな荷物を預けられるサービスは嬉しいですね。

博多駅にベビーカーのレンタルはある?

博多駅はベビーカーで移動もしやすく、必要に応じて預けることができるため、ベビーカーで行くこともおすすめです。

ただ、もっとオススメなのが「ベビーカーのレンタル」です。

博多駅にはベビーカーがレンタルできる場所があります!

ここを事前に知っておけば、ベビーカーを持っていかないという選択もできますね。

■アミュプラザ1階・3階

博多駅に隣接する商業施設です。

東急ハンズなどが入っています。

その1階と3階に貸し出し用のベビーカーがあります。

筆者はこちらの1階でベビーカーを借りました。

土日でしたが、貸し出し用のベビーカーはたくさんあり、安心して借りられました。

時間が3時間と決められており、博多駅以外には出られませんのでご注意ください。

■博多阪急1階・7階

博多阪急も駅の近くにあります。こちらでも貸し出しできます。

博多駅は「JR博多シティ」として色々な商業施設が連携しているようでとても便利でした。


スポンサーリンク

旅行で子供のおむつは何枚?圧縮すると便利

旅行の際、もうひとつ大きな荷物になるのが”オムツ”です。

もうパンツになっているお子様なら安心ですが、筆者の子供は1歳だったので、どうしてもオムツが必要でした。

2泊3日で30枚ほど持っていきました…。

重くはないですが、スペースを取ります(笑)

そこで、旅行の際のオムツについて筆者の考えをお伝えします。

■おむつを持っていく時は圧縮する

圧縮袋に入れると比較的コンパクトになりました。

圧縮してもオムツは大丈夫?」と思うかもしれませんが大丈夫でしたよ。

ホテルに着いたらすぐに圧縮を外し、外出の際は必要な分だけ持っていくので、旅先に行くまでだけしか荷物になりませんでした。

■余ったおむつは荷物で送る(お土産と一緒に!)

余ったら捨てればいいや、と思うかもしれませんが、もったいない。

そこで筆者は郵送しました。ただ、配送料は値上がりして高い…とケチ心が芽生えました(笑)

そこで考えたのが「お土産と一緒に送る」です。

お土産をたくさん買っても、子連れだと荷物が増えると大変です。

両手を開けるために、お土産は自宅に郵送することが多いと思います。

博多駅のおみやげ屋さんに相談したところ、自分の荷物(貴重品・割れ物以外)も一緒に送ってくれるとのことでした。

なので、お言葉に甘えて余ったオムツも一緒に同梱させてもらいました。

これ、とても便利です!

お土産を送る手配をして貰う時には是非聞いてみる事をおすすめします!

帰る時に大荷物で大変…ということもなく、帰宅できました。

■旅先でおむつを購入する

オムツはドラッグストアなら販売されています。旅先で購入することもできます。

博多駅にはドラッグストアがいくつかあるので知っておいて損はないでしょう。

 ・ドラッグイレブン(アミュプラザ地下1階)
 ・コクミンドラッグ(博多駅地下街)

オムツの枚数が少ない「旅行用パック」やコンビニで2.3枚手軽に購入できるようになったら一番良いのですが…。

他にも新幹線の子連れ旅行記事はこちら
>>新幹線の多目的室の利用方法

>>新幹線のお得な切符の取り方

>>博多で子連れランチのおすすめ

まとめ

ベビーカーのレンタルは本当に便利ですよね。

筆者も実際に利用してみてその便利さに感動しました。

別の旅先でもレンタルできるか事前に調べておこうと思いました。

博多駅は様々な商業施設がぎゅっと詰まっている印象です。

なるべく手軽に、さくさくと見て回りたいところです。

この記事が誰かのお役に立って、ベビーカーやオムツのことを心配せず旅行していただけると幸いです。

素敵な旅になりますように!

スポンサーリンク

コメント