子連れには新幹線旅行がおすすめ!多目的室の使い方と利用方法を解説!


子供が生まれると、家族旅行に行きたくなりますよね。

乳児の時はゆっくりできる場所、少し大きくなったら元気にあそびまわれる場所…と行き先に悩みます。

親になり、どうしても〝子ども中心〝に考えるようになりました。

とは言っても、両親も楽しみたい!たまには遠出したい!!という想いはありますよね。

そんな時は、新幹線で旅行してみませんか?

新幹線でもとても快適に行けてしまいます!

その理由を踏まえてご紹介しますね。

スポンサーリンク

子連れでも新幹線旅行はおすすめ!

子どもがいると荷物がとても多くなりませんか?

小さなショルダーバッグ1つでお出かけしたいところを、大きなマザーズバックを持ってお出かけするお母さん…、よく見ますよね。

少しのお出かけでも大きな荷物。旅行となるとさらに荷物は増えます。

そんな時の旅行はどうしても車になりがち。

車ならたくさん荷物が積めますもんね。

でも新幹線の旅行もおすすめなんです!そのポイントは以下の通りです。

★渋滞に巻き込まれない

車での移動だと、渋滞が怖いですよね。

渋滞に巻き込まれると大人はもちろん、子どもも退屈になります…。

新幹線はほぼ時間通りに出発&到着するので、旅行のスケジュールが立てやすくなります!

★確実に座れる

指定席を取れば、確実に座れます。

別々に座ると不安になるかもしれませんが、予約時に隣同士にしておけば安心ですよね。

★トイレに行きたいときに行ける

車だとサービスエリアまで、電車だと降りるまで、我慢しないといけないですよね。

それは、子どもにとって辛いもの。

でも新幹線にはトイレが設置されているのですぐに行けます。混雑時は別の車両まで行ってみましょう(笑)

★座席で比較的自由に遊べる

車だとチャイルドシートに座りながらの遊びになりますが、新幹線では周りの人の迷惑にならない程度に、比較的自由に遊べます。

おすすめなのが〝レジャーシートを座席足元に敷く〝です。

子どもは座ったり立ったり忙しくしています。

靴を履いたままイスに乗ってしまうこともしばしば…。

そこでレジャーシートを足元に敷いておけば、裸足のままイスに座ったり降りたりしても気になりません。

おもちゃを足元に広げることもできちゃいます。(おもちゃが転がらないように注意してくださいね)

新幹線に子連れでも〝多目的室〝という救世主!


お子様が小さいと、オムツ替えや授乳が頻繁にありますよね。

やっぱり専用のスペースがあると嬉しいけれど、新幹線にはない…

と思われる方におすすめなのが〝多目的室〝です!

乗車したのは山陽新幹線ですが、他の新幹線にもあるはずですので、予約時に確認してくださいね。

多目的室がどんな場所なのか、簡単にご紹介します。

★身体の不自由な方向けのスペース

第一優先は身体の不自由な方ですが、ご利用がなければ、授乳やオムツ替えに使うこともできる、とされています。

★11号車と12号車の間にある

16両編成の新幹線であれば、11号車と12号車の間にあると思われます。

ここの車両と車両の間のスペースは他に比べて広くなっています。

ベビーカーの出し入れもしやすいです。

念のため、乗車される新幹線のどこに多目的室があるかは、事前に確認されると良いと思います。


スポンサーリンク

新幹線の多目的室の使い方と利用法

実際に使うときの使い方をご説明します。

★イスを倒してベンチシートに

スペースとしては3畳ほどの広さです。

中にはイスが2つあり、倒してベンチシートにできます。

授乳の時は背もたれがあったほうがよく、オムツ替えの際はベンチになったほうがいいですよね。

まさにお母さんと小さなお子様のためのつくりになっていて、心遣いを感じます。

★巡回中の車掌さんに声をかける

使う際は、声をかけて開けてもらう方式です。すぐに使えないのは少し難点ですね。

巡回中の車掌さんってそんなに見ない!という方は8号車付近の乗務員室を訪ねてみてください。

大人が2人いれば、一緒にいる方に呼びに行ってもらってもいいですね。

車だと運転手には何も手伝ってもらえませんが、新幹線だと手伝ってもらえるのも良い点かもしれないです。

新幹線料金をお得に買う方法
>>京都福岡間を割安に往復で買おう!

まとめ

新幹線での旅、いかがでしたか?

運転する必要がないので、大人の数だけ子どもに対応できます。

もちろんお母さん1人での帰省にもぴったりです。

渋滞に巻き込まれず、安心して時間通りの移動ができておすすめです。

多目的室の存在を知っていれば心強いですよね!

ぜひ多目的室付近の座席を早めに予約して、皆様でお出かけされてくださいね。

スポンサーリンク

コメント