ムートンブーツのシミの種類と汚れの落とし方!簡単なコツとアイテム


 近ごろめっきり寒くなってきましたね。

冬の足元のオシャレはやっぱりブーツ。

その中でもあたたかく、履きやすくて人気なのがムートンブーツですね。

「今日はオシャレをして出かけよう」としたその時シミが・・・

なんてことになったらショックですよね。

でも、大丈夫。

ムートンブーツのシミの種類と汚れの落とし方、簡単なコツとアイテムをお教えします。

スポンサーリンク

ムートンブーツのシミの種類

 ムートンブーツについてしまったシミ、どんな汚れかわかりますか?

汚れで一番多いのが雨や雪などで濡れたあと、それをそのまま自然乾燥させるとできてしまう「水シミ」です。

その他、「泥シミ」「油シミ」などがあります

ムートンブーツの汚れを落とすアイテム


 ムートンブーツ汚れを落とすのに必要な道具として

靴用ブラシ:できれば、馬毛が好ましいですが豚毛でも良いです。
消しゴム :砂消しゴムが好ましいです。

そして、タオルを用意してくださいね。


スポンサーリンク

ムートンブーツ汚れの落とし方の簡単なコツ


 それでは、汚れを落としていきましょう。

汚れが乾いている場合、一番簡単な方法はいずれの汚れもまずブラッシングして汚れを落としてみてください

軽い汚れの場合はこの段階で落とすことができます。

ブラッシングで落ちない場合は・・・

「水シミ」の場合、水で固く絞った雑巾でポンポンとシミの部分を叩いていきます。

ムートンブーツは熱に弱いのでお湯ではなく必ず水を使用してください。

その後はブーツ全体を水で固く絞った雑巾でまんべんなく濡らします。

数枚のブートンを縫い合わせているタイプであればシミの付いているパーツ部分のみをまんべんなく濡らしてください。

この時、こすってしまうと汚れを広げてしまったり、表面が毛羽立ったりし、質感が悪くなるので絶対にやらないでくださいね。

後は風通しの良い日陰で自然乾燥させます。

扇風機やサーキュレーターなどを使用するのも良いですね。

ただし、乾燥機やドライヤーは絶対に使わないで下さい。

繰り返しますが、ムートンブーツは熱に弱いです。

乾いたら、仕上げにブラシで毛並みを整えてください。

もしもまだシミがあれば、おなじ工程を繰り返します。

「泥シミ」「油シミ」の場合は、砂消しゴムでシミ部分をこすってみてください。

それで落ちなければ水シミと同じ絞った雑巾での落とし方と仕上げを行って下さい。

まとめ

今回はよごれの落とし方を紹介しましたが、ムートンブーツの汚れは時間がたつとなかなか落としにくくなります。

だからこそ、まずは汚れを付きにくくするために防汚スプレーや防水スプレーを活用しましょう。

そして、帰宅後はブラッシングして汚れを落としてあげましょう。

そうすれば、ますますオシャレをしてお出かけしたくなる事間違いなしですね。

スポンサーリンク

コメント