六義園ライトアップ時の紅葉の見ごろと入口に近い駅や混雑回避を紹介


暑い夏も終わりすっかり涼しくなって夜には虫も鳴きだし秋を感じる紅葉の季節になってきました。

日本各地には色々な紅葉スポットが数多くありますが秋の夜長に六義園のライトアップされた紅葉を見に出かけてはいかがでしょう。

紅葉と光のうみだす想的な景色は現実を忘れ癒やされますよ。

そこで都内六義園で紅葉を楽しめる時期と秋のライトアップや庭園に近い入口へのアクセスをご紹介します。

スポンサーリンク

六義園ライトアップされた紅葉観賞と混雑時間帯

六義園は都内で人気の紅葉スポットだけあって秋のライトアップしている時期はやっぱり混雑しています。

特に18時、19時に混雑のピークを迎えるので早い時間に入園チケットを先に買っておくのも良いです。

また土日は特に混雑していますので可能であれば平日に出かけるほうがゆっくり鑑賞できそうです。

開園時間:午前9時

休園日:年末・年始
(12月29日~翌年1月1日まで)

交通アクセス:
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」下車徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」下車徒歩10分

駐車場:駐車場はありません

お問い合わせ先:六義園サービスセンター
TEL03-3941-2222

所在地:〒113-0021東京都文京区本駒込6-16-3

六義園の紅葉の見ごろと楽しみ方


例年紅葉の見ごろは11月中頃から12月上旬頃ライトアップは日没から21時です。

(最終入園20時30分)

※変更がある場合もあります。

11月下旬ごろは混んではいますが紅葉のライトアップがとてもきれいです。

ゆっくりと園内を回ると1時間ほどかかるので時期によっては寒いので防寒対策して行かれるのが良いと思います。

紅葉スポットは池の北側にあって水面に映る紅葉が幻想的できれいです。

「水香江」ではもともとあった蓮池の跡地があり青い光で蓮池が再現されていて素晴らしくきれいです。

六義園園内にある茶屋ではお団子や抹茶も売っていて食べながら景色を眺めるのも良いですよ。

注意点として日没になると立ち入り禁止区域となる場所があったり撮影している人が多く立ち止まったりしているためスムーズに歩くことができない場合があるのでお気をつけくださいね。


スポンサーリンク

六義園ライトアップした庭園入口に1番近い駅とアクセス方法


六義園へお出かけの際には近くに駐車場が少ないため車ではなく交通機関でのお出かけがおすすめです。

通常、六義園に行く場合のアクセス方法は、JR山手線、東京メトロ南北線の「駒込駅」より歩いて7分ほどです。

ただ紅葉の時期には「駒込駅」より2分ほどの「染井門」が開門されているんです。

六義園内のライトアップされている庭園に一番近い入口となりますので、是非こちらの入口を利用してみてくださいね。

まとめ

六義園のライトアップされた紅葉を少しでも混雑をさけて楽しむには土日のピーク時の18時から19時をさけて平日早めに出かけてください。

先に入園チケットを買い「駒込駅」から歩いて2分ほどの染井門入口から入園されるのがいいようです。

紅葉を見に美しくライトアップされた幻想的な世界へお出かけするのもいいのでは。

大切な人と一緒に見る六義園での景色は一段と素敵で素晴らしい思い出になります。

スポンサーリンク

コメント