0570から始まる電話番号の料金は発信側負担!かけ放題も使えない?


最近「0570」から始まる番号から電話がかかってきたり、様々な企業への問い合わせをするときにも、「0570」という番号が使われたりします。

この番号をフリーダイヤルだと思って電話をすると、思いもよらぬ電話料金が請求されるので注意が必要です。

この「0570・・・・」の電話番号の正体について、ご説明します。

スポンサーリンク

0570から始まる電話番号の正体はナビダイヤル!

0570から始まる電話番号はナビダイヤルと呼ばれ、NTTコミュニケーションズが提供している電話のサービスで、利用した発信者に料金がかかるものです。

大手メーカーのコールセンターや旅行会社やチケットの電話予約などに利用されています。

ナビダイヤルのメリットは、はっきり言って利用者にはありません。

メーカー側からみると、いたずら電話やクレーマーからの電話を防止することができるというメリットがあると言われています。

そしてメーカーは、いたずらやクレームが減ることで、本来の顧客の電話がオペレーターにつながりやすく、サービスの向上へつながると言っています。

しかし、本来の顧客の要望とクレーマーの区別をどうしているのか、相変わらず待たされるのが多いと指摘されていることが多いようです。

0570から始まる電話番号は発信側に料金が発生するので注意


一般的に「ナビダイヤルでおつなぎします」や「▲▲秒ごとに▲▲円の通話料が発生します」などと放送がかかり、発信者の方で料金を負担するという仕組みです。

0570のナビダイアル発信料金(3分間税込、一部抜粋)

・固定電話(県内区域内)
 平日昼間・夜間・休日:9.2円

・固定電話(県内区域外)
 平日昼間:20kmまで21.6円、~60kmまで、60km超43.2円

・携帯・PHS
 全国一律:平日昼間97.2円

・携帯(64kディジタル通信)
 全国一律:平日昼間140.4円

例えばメーカーのコールセンターと携帯で15分話したとしたら、97.2×5=486円になります。

これで会話の途中待たされたとしたら最悪ですよね。


スポンサーリンク

0570へはかけ放題などの無料通話は使えない?


0570は、電話会社の通話割引サービスは適用されないので、携帯電話会社のかけ放題などの無料通話は使えません。

そのため利用者にとって、メリットはまったくないので、出来れば利用しない方が良いですね。

メーカーへ連絡する場合は、問い合わせフォームを使う、ネットシステムを使うなどのサービスを使う方が良いと思います。

もし、ナビダイヤルしか連絡方法が無い場合は、固定電話を使いすばやく要点を伝えることでしょう。

まとめ

ナビダイヤルがクレーマー対策としたら、その負担を一般の顧客に求めるというのは、納得がいかないという方が多いようです。

私も個人的にはそう思います。

電話以外に連絡する方法がないのか確認して、最後の手段で固定電話を使いましょう。

スポンサーリンク

コメント