まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

土用の丑の日はうなぎとなった由来と夏バテしない効果は?

   

うなぎの蒲焼き

夏の土用の丑の日は、梅雨が明け

夏も本格的になったころに訪れます。

気候も体調も変化する時期なので

夏に向かい栄養補給の意味も込め夏バテを防止するために

精の付くものを食べる習慣が昔からあります。

土用の丑の日といえば「土用うなぎ」ですよね?

なぜ土用の丑の日にうなぎが食べられるようになったのか

その由来や意味を紹介します。

スポンサードリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる由来は?

土用の丑の日にうなぎを食べるのは

節分の日に恵方巻きを食べるのと同様に

日本の行事食として根付いていますが、

その由来も浸透していますよね。

江戸時代中後期の本草学者であり蘭学者(医者)で

エレキテル(静電気発生機)を修理するなど

発明家や作家である万能学者の平賀源内説が有力です。

平賀源内(1728~1779)は、

四国の高松藩志度浦の生まれで、

あらゆる分野に才能を発揮し幅広く活躍した人物です。

夏場に売れないうなぎ屋が、

その平賀源内に相談したところ

「本日土用の丑の日」と貼り紙を出したことから

うなぎが大繁盛したということ。

ですが、「本日土用の丑の日」という貼り紙だけで

どうして繁盛したのでしょうか?

実はこれには江戸っ子ならではの気質と

口コミからきたものなのです。

そもそもうなぎの旬は、夏ではなく、

冬眠前に養分を蓄える、

秋から冬の時期がもっとも美味しいことや

真夏の暑い時期に、

わざわざ火で焼いたうなぎの蒲焼きを

食べに来る客がいないという、

うなぎ屋の悩み相談にのった平賀源内は、

もともと丑の日には「うのつく食べ物」を食べると

病気にならず元気に過ごせるという言い伝えもあり、

ならば栄養もあり「う」のつくものでもある

うなぎがもってこいだということを知らせるために貼り紙を

「本日土用の丑の日」と書いて貼る

という提案をしたところ

当時江戸っ子気質の好奇心旺盛な客人たちは

その貼り紙を見て

通行人A「外の貼り紙の『土用の丑の日』ってのはなんだい?」
(好奇心旺盛なAさん)
うなぎ屋「土用の丑の日には昔からうなぎってことになっておりやして」
通行人A「そんなこと初めて聞いたなぁ、おいB知ってたかい?」
通行人B「あたぼうよ、いま焼いてもらおうと思ったところでい」
(知ったかぶりのBさん)
うなぎ屋「平賀源内先生も先ほど食べたところでして」
通行人A「さすがはBさん、物知りだねぇ~、よし俺にも一つおくれ」
うなぎ屋「へい、毎度あり~」

このように、(会話の内容は推測ですが)

博学な平賀源内先生がいうのだから間違いない

ということや、知ったかぶりの口コミのおかげで

うなぎ屋は大繁盛し、それを見ていた他のうなぎ屋も

こぞって真似をするようになり、土用の丑の日に

うなぎを食べることが一般的になったといわれています。

丑の日にうなぎで夏バテを防止!

こうした広告戦略のように見える一枚の貼り紙ですが、

うなぎの栄養成分は、栄養学的にみても

豊富なたんぱく質、ビタミンAをはじめ

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンE、

さらにはカルシウム、鉄分など、

身体に必要な栄養素がたっぷりなのです。

脂っこいと思われる脂質も、

実はEPA(エイコサペンタエン酸)や

DHA(ドコサヘキサエン酸)と呼ばれる

不飽和脂肪酸を多く含んでいる、

まさに滋養強壮、夏バテ防止、

さらには美容にもうれしい食べ物です。


スポンサードリンク

丑の日のうなぎ効果で健康促進と美容効果も!

夏の土用の丑の日は、

特に暑さで身体も疲労が蓄積されています。

うなぎの栄養素は滋養強壮・健康促進効果には

免疫力をアップし、

動脈硬化予防や眼精疲労の緩和、風邪予防、

骨粗鬆症予防などのほかに、美肌効果などの

美容にも効果が期待できるのがうれしいところです。

うなぎの主な栄養素とその効果は

ビタミンA:風邪やウィルス細菌から守り眼精疲労回復やがんの抑制など
ビタミンB1:代謝をアップするため疲労回復や足のむくみを予防
ビタミンB2:細胞の再生と成長を促進
ビタミンD:カルシウムやリンの吸収を促進
ビタミンE:細胞の老化防止となる高い抗酸化作用
カルシウム:骨を強くします
鉄:全身に酸素や栄養を運ぶ赤血球を生成するために必要
DHA:脳細胞の形成に重要で痴呆症などの予防にも
EPA:コレステロールを抑制し血流を促し脳梗塞や心筋梗塞などを予防

他にも、うなぎの皮の周りにある

コラーゲンの多さにも注目したいところです。

コラーゲンはたんぱく質の一種であり、

細胞と細胞をつなぐ役割を果たすため、

内側から肌のハリにアプローチしてくれます。

他にも血管を柔軟にするため代謝があがり

免疫力がアップする作用があると考えられます。

さらには、ビタミンAの正式名称といわれる

レチノールも豊富に含まれているため、抗酸化作用により

シミやくすみなどを改善する美肌効果が期待できます。

そもそも土用の丑の日のことにいついてはこちら
>>土用の丑の日とは?由来や意味や期間を分かりやすく説明!

まとめ

日本人の伝統として脈々と受け継がれてきた

土用の丑の日の食文化をこれからも大事にしながら

健康と美容にいいとされる「うなぎ」を食べて

元気に夏を乗り切りたいですね。

スポンサードリンク

 - 日本の行事・習慣, 美容 ,