まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

大磯ロングビーチにテントの持ち込みは平気?予約や当日のレンタルは?

   


夏と言えば海やプールですね!

その中でも都心からも近くて老舗の大型プールとして有名な大磯ロングビーチは毎年大勢の人で賑わっています!

今回はこの大磯ロングビーチにテントを持ち込んでもOKなのか?

また、予約が必要なのか?とか、当日のレンタルについてなど、神奈川県民の私めがご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大磯ロングビーチはテントの持ち込みOK?

最初は大磯ロングビーチへのテント持ち込みについてです。

これは普通にOKとなっています。テントのサイズも特に指定がありません。

ただし、持ち込みテントを設置できるエリアはかなり限られているので、他の方たちとの譲り合いが必須条件になってきます。

また、大磯ロングビーチは眼の前が海岸沿いですから風が強く吹く時が多いです。

それと海水浴場とは違い設置場所も砂地ではないので、ピックを打ち付けてテントを固定する事が難しいですから、予めテントが飛ばされない様にするための工夫が必要です。

テント持ち込みエリアは基本的に自己管理・自己責任ですので、準備は怠らない方が良いと思います。

そして、テント持ち込みに関しての最大の難関が1つあります…。

何かと言いますと、設置エリアが【 あっという間に埋まってしまう 】という点です。

繁忙期であれば、開園と同時に入場できない限りは100%に近い確率で場所の確保は難しいと考えられた方が無難です(残念ですけどこれが現実です)。

(;´・ω・)「遊びに行くのに朝から修羅場なんて嫌だよ…」

という風に考えられる方も普通に多いと思います(私もそんなのは嫌ですし)。

ですから、大磯ロングビーチを何度も利用している私や私の友人の場合は、テントをレンタルして場所を確保しています。

大磯ロングビーチのテントは事前予約ができる?

さて、次は実際に大磯ロングビーチでのテントのレンタルについてです。

テントのレンタルは【 事前予約 】と【 当日販売 】があります。

ここではまず事前予約についてご紹介します。

テントの事前予約は、大磯ロングビーチのホームページからネットで予約をします。

大磯ロングビーチ公式HPテント・パラソル予約

電話での予約は一切行っていないので注意をしましょう!

支払い方法はクレジットカード決済のみになっています。

事前予約の最大のメリットは何よりも【 当日にバタバタしなくて済む! 】という点です。

大磯ロングビーチは昔から本当に人気が高いプールですから、繁忙期はとにかく混み合います。

入場時のあの混雑と忙しなさを回避できるというのが、どれほど有り難いものかと私は骨身に染みて分かっているので、大磯ロングビーチへ遊びに行く際は必ず事前予約をするようにしています。


スポンサーリンク

大磯ロングビーチはテントを当日にレンタルもできる!

そんなテントの事前予約ですが、どうしても行きたい日の分が埋まってしまったりして、予約ができない!

なんてこともあり得ます(数には限りがありますからね)。

その時は【 当日販売 】を利用することも可能です。

大磯ロングビーチでは、レンタルテントの総数をネット予約分と当日販売分で約半数ずつ按分しています。

つまり、ネットでの事前予約が満席になっていても残りの半分は【 当日に確保ができるかも知れない 】という訳です。

事前予約に比べるとどうしても安心感は薄いものになってしまいますし、開園と同時に入場するという縛りが生まれてしまいますが、持ち込みエリアの確保に比べたらだいぶ期待が持てる方法と言えますよ(なにせエリアの広さが違いますからね)。

当日販売分の確保の方法は、現地の【 テント・パラソル販売カウンター 】に行って購入すればOKです。

コツとしては、入場したらとりあえずどなたか一人が販売カウンターに直行して購入するという方法がベターです(危ないから走ってはいけませんよ!)。

まとめ

如何でしたか?

大磯ロングビーチはプールが9つもあって一日中楽しむことができるプールです。

上手にテントを利用してのんびり過ごすことができるように頑張ってみて下さいね^^

スポンサーリンク

 - アウトドア・スポーツ ,