まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

チューリップの花言葉は青色ではどんな意味?また本数で違う?

   


愛を象徴した花言葉が多く込められている「チューリップ」。

一般的にギフトやプレゼントに贈られるお花はバラが多いですが、可愛らしい形と様々な色があることから、チューリップも贈り物に人気のある花です。

そんなチューリップは、花びらの色それぞれによって違う花言葉が込められているのをご存知でしたか?

ここでは、青色のチューリップがあるのか、チューリップの色、本数や品種によって花言葉が変わるのか、についてご紹介します。

スポンサーリンク

チューリップの花言葉で青色は?

花びらの色によって異なる愛の花言葉を持つチューリップ。

カラフルでかわいい色は女性にも人気がありますね。

そして今、現在絶賛開発中なのが「青色のチューリップ」です。

実はまだ、青色のチューリップは存在しないようです。

男性は青色を好きな方が多いですし、贈り物として少し変わった色の花束をプレゼントしたらきっと喜ばれると思うのですが、まだ開発中のようです。

青色のチューリップは残念ながらまだありませんが、必ず手に入り、よく知られる色のチューリップの花言葉は、以下の通りです。

赤:「“愛”または“恋”の告白」

黄色:「実らない恋」「望みのない恋」「名声」

白:「失われた“愛”または“恋”」

ピンク:「誠実な愛」「“愛”または“恋”の芽生え」

オレンジ:「照れ屋」

緑:「美しい目」

紫:「永遠の“愛”または“恋”」「不滅の愛」

などの種類があります。

少しマイナーな意味をもった、黄色の花びら「名声」、白色の花びら「失われた恋」、斑入りの花びら「疑惑の愛、浮気」は、シーンによって気を付けて選びましょう。

チューリップの花言葉は本数で意味が違う?

贈り物の時は花言葉と同時に本数によって変わる意味も気になりますよね。

次はチューリップの本数によって変わる意味合いをご紹介します。

1本:『運命の人』

3本:『愛しています』

6本:『あなたに夢中』

7本:『密かな愛』

8本:『思いやり』

9本:『いつも一緒にいよう』

11本 :『最愛』

12本 :『恋人or妻になってください』

50本 :『永遠』

99本 :『永遠の愛』

108本:『結婚してください』

告白やプロポーズに、12本の花を贈ると幸せになれるという噂があります。

花束を贈る時も12本が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

チューリップの品種で花言葉が変わる?

さて、色、本数の後は品種ですね。

品種では花言葉はどのように変わってくるのでしょうか。

数ある品種の中から、愛にちなんだ花言葉を持つものを紹介していきます。

・ピンクダイアモンド「愛、恋の芽生え」

・チャーミングビューティー「愛、恋の告白」

・アンジェリケ「魅惑、夢」

・八重咲き「永遠の愛情」

品種ではこれはこれ、と決まった花言葉はつけられていないものもあるようです。

花言葉を重視する際は、色と本数で決めた方が良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

色によって花言葉が違うチューリップは、贈り物として相手への気持ちに合わせたものを選ぶのが楽しいですね。

青色のチューリップも、近いうちに開発されるかもしれません。

気になる花言葉を持ったチューリップがあればぜひ、大切な人にプレゼントしてみてください。

スポンサーリンク

 - 野菜・園芸 ,