まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

年末の神棚掃除はいつからいつまで?方法や時間帯などは?

   


年末と言えば大掃除。スーパーやドラッグストアには大掃除の便利アイテムなどが並びます。大がかりで大変とは言え、大掃除の後は気持ちも一新、新年を心地よく迎えられるものです。家の大掃除の中で、特に気になるのが、神棚掃除です。

神様を祀る神棚、家内安全の1年の御礼と、迎える1年の安全の祈りを込めてお掃除を、とは思いますが、お掃除をする上で、何か決まりごとがあるのでは?とお思いでしょう。

初めて神棚のお掃除をする、実はよく神棚掃除法を知らずに何となくでやっていた、そんな方に、神棚掃除の時期や作法、決まりについてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

年末の神棚の掃除はいつからはじめる?


神棚掃除、実は毎日行うことが一番良いとされています。神饌(しんせん)と呼ばれる神様にお供えする飲食物、なかでも、米、塩、水は毎日交換すべきとされていますが、交換の際に少し埃をはたくなど、毎日の神棚掃除を日常にする、ということはなかなか難しいことですよね。

水は毎日交換しますが、塩や米の交換、神棚掃除は日を決めて1日と15日に行う、という方もいるようです。

年末の神棚掃除は、特に1年の御礼を込めて丁寧にしっかり行うべきでしょう。

大掃除なので、31日にしたらいいの?と思うかもしれませんが、極力避けるべき日程が2日あります。

12月29日と31日です。29日は、「苦」がつくと言われ縁起が悪いとされており、31日は一夜漬けでお掃除するということになり、神様に失礼となります。

年末にかけての吉日に行うことが良いとされていますが、その日が早すぎて新年まで日数がたってしまったり、どうしてもその日に出来ない場合は、上記の2日間、そして出来れば仏滅を外して行えば問題なさそうです。

神棚の年末掃除はいつまで?時間や作法がある?

神棚の年末掃除は12月31日の大晦日には避けておきましょう、とお伝えしましたが、年末忙しく時間がない方も、12月30日までには行いましょう。

バタバタと大晦日にお掃除することは神様に対しても失礼となります。せっかくお掃除したのに、失礼にあたっては、意味がないですよね。

神棚掃除に避けたい日にちはおわかり頂けたと思いますが、時間帯についてはどうやらはっきり決められてはいないようです。

ただ、夜に神棚掃除をするよりは、日中までに終わらし、神様にも夜にはお休み頂いた方が良いかもしれません。

日にちと時間を決めたら、いざ神棚掃除です。ですが、やり方も作法もわからなければ始めることも出来ませんよね。

お掃除方法については、次にご紹介しますので、こちらでは、神棚掃除の上で大切な作法をお教えします。

まず、神社でもお参りの前には体を清めるように、手を洗い綺麗な状態にします。そして二礼二拍手一礼をし、「これからお掃除をさせて頂きます。」と一言神様にお声がけをして始めます。

その際指紋をつけたり、傷つけたりしてしまうことのないよう白い手袋を着用しましょう。

宮形(みやがた)と呼ばれる社や神具(しんぐ)を神棚から降ろす際は、床に置いてはいけません。

白い半紙や和紙などの紙を机に用意し、必ずその上に置くようにします。そして、神様のご神体代わりとなる神札に触れる際は、白い紙を口にくわえ、息がかからないようにしてくださいね。

神様に息がかかることが失礼という考えのもと、こちらは特に大切な作法で、守るようにしましょう。


スポンサードリンク

神棚の掃除方法や時間帯のおすすめ!

神棚掃除の日取り、作法を習ったあなたに、最後にお掃除方法をご紹介いたします。神棚掃除に必要な掃除道具は、以下の3つです。

はたき、綺麗な布巾2枚、白い紙(和紙や半紙)です。

まず、先ほどお伝えした作法を思い出し、お掃除させて頂くことを一言お詫びしてから始めます。

神棚から、宮形以外の落としやすい神具を、事前に机の上に敷いておいた白い紙の上に並べます。

再度注意ですが、決して床に置かぬようお気をつけくださいね。そして白い紙を口にくわえ息がかからないよう、神札をそっと取り出し半紙でくるみます。

古くなった神札はお礼参りを済ませ、授かった神社に納めるようになります。神棚に残った宮形の埃を、はたきではたきます。はたきで取り除きにくい埃や汚れがある場合、宮形や神棚を乾いた綺麗な布巾で拭きあげます。

この時注意すべきことが1つあります。神棚に使われる木は白木が多く、水や湿気にとても弱い材質です。乾拭きが基本ですが、あまりに汚れがひどい場合は、固く絞った布巾で丁寧に拭くようにしましょう。

その際は、洗面器1杯くらいの水にお塩と約1合の清酒を加えたものに布巾をつけ、固く絞って拭いた後、乾いた布巾で水気をとりはらうようにしてください。

榊(さかき)を立てる榊立てなどは、水や中性洗剤を使用して洗っても問題ありません。神棚に戻す時にはしっかり水気を拭き取っておくことをお忘れなく。

掃除が終われば、新しい榊、新しい注連縄(しめなわ)に交換して、清く新年をお迎えできるように整えましょう。

最後に忘れてはならないことが、最初にも神様に一言お詫びしてお掃除を始めましたが、最後も「こちらでお掃除を終わらせて頂きます。」と一声かけることです。ついついほっとして忘れがちですので、ご注意くださいね。

年末の神棚掃除方法はいつからいつまで時間帯などのまとめ

神棚掃除というものは、大掃除のついで、に行うのではありません。

大掃除のメインにもなりますので、時間帯の決まりはないとお伝えしていますが、しっかり時間をとって、午前中や日中にお掃除をする方が良いのではないでしょうか。

やはりと言うのか、神棚掃除にはいくつかの決まりや作法がありましたね。知っているのと知らずに行うのでは大きな違いです。

知らず知らずのうちに、1年の最後にとても失礼なことをしてしまった、ということにもなりかねません。年末の神棚掃除はもちろん大切ですが、神棚があるのであれば、毎日簡単に埃をはたいて、神様にご挨拶をする時間を設けてみてはいかがでしょうか?

1日の始まりと終わり、些細なことでも感謝する心が芽生え、気持ちが晴れやかになるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

 - 日本の行事・習慣 ,