節分の豆まき

日本の行事・習慣

豆まきで食べる数と節分のやり方をマンションなら福豆を玄関外にまく?

節分の時に必ずすると言っても良いのが「豆まき」ですよね。1月後半からのスーパーには、節分で使う用の豆がたくさん出回ります。お子さんがいる家庭では、幼稚園などで節分についての話を聞いて、家でもやりたい!と言われた方もいるのでは?だけど、自宅はマンションだし…と少し気が引けている方に、マンション住まいでも楽しく豆まきができる方法をお教えします!
日本の行事・習慣

豆まきの鬼のお面の作り方!手作り簡単で誰がオニか分からない方法!

節分といえば豆まきですよね。「鬼はそと~福はうち~」の掛け声とともに、鬼に豆をぶつけて追い払い、歳の数だけ豆を食べる。 スーパーなどでも、豆とセットで売られている鬼のお面。 ですが、今年は手作りしてみませんか? 今回は、とっても簡単に作れる鬼のお面と、鬼役の決め方などをご紹介します。
日本の行事・習慣

豆まきの由来は子どもへの説明は幼稚園児に簡単!もう怖がらせない!

年が明けて気がつくともう立春がすぐそこです。 ということは節分です!! 豆まきの季節が近づいておりますね! しかし子どもたちは、顔も赤や緑・青色をした大きな大人の鬼たちを見て、豆まきどころじゃない子供もいまますよね! 幼稚園で豆まきのイベントで怖い鬼としてトラウマにならないように。 まずは、豆まきをする由来や理由を、子どもに分かりやすく説明する というところから、怖い鬼で幼稚園児を怖がらせないための説明と節分ネタをご紹介したいと思います!
日本の行事・習慣

節分の由来や意味と豆まきの方法を知っておこう

節分といえば「豆まき」ですよね。 そもそも節分にはどういった由来や意味があるのでしょう。 昔から食べ物を粗末にしてはいけないと教わってきたのにと思う事はありませんか? 節分に豆を投げて鬼を払うことには、きちんと意味や理由があったのです。 ここでは、節分と豆まきの意味や理由、由来について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました