残暑見舞い

日本の行事・習慣

残暑見舞いになる時期はいつまで?文例や一言添える素敵な書き方!

暑中お見舞いのはがきをいただいていたことをすっかり忘れていてドッキリすることありますよね? お盆休みを満喫して、さぁ仕事って思った時、ふと「あ!暑中お見舞いハガキを返していなかった!」なんてことありませんか? そんな時に、どんな文面でどんなハガキ内容でお返しすれば良いか紹介します。
お中元・お歳暮

法要のお返しの時期に残暑見舞いやお中元を贈るときの文例

暑中見舞いや残暑見舞いとともに 例年であればお中元などを贈る時期ですが、この夏、自分の親が他界し忌明けの時期と残暑見舞いの時期が重なる場合、葬儀に参列してくれた方には香典返しを送ったばかり、その上、お中元や残暑見舞いはどうするのがいい?葬儀に参列してくださった方への挨拶文の文例をあわせて紹介します。
日本の行事・習慣

暑中見舞いと残暑見舞い両方送る?書き方の注意とはがきの種類

夏の季節の挨拶状として出すのが 暑中見舞いですが、そのあと残暑見舞いも両方送るもの? お中元やお歳暮はどちらも同じ人に送るのだから もしかして暑中見舞いを出したあと、同じ人に 残暑見舞いも出した方が良いのかな? そんな疑問にお応えします。 さらに暑中見舞いや残暑見舞い両方に使えるお得なはがきを紹介します。
手紙・ハガキ

暑中見舞いと残暑見舞いを両方兼ねた書き方や違いと文例

夏の季節の挨拶状として出すのが、暑中見舞いですが気付いたとき、ちょうど立秋前後になってしまうことがありますよね。そんなときに悩むのが「暑中見舞い申し上げます」か、「残暑見舞い申し上げます」かですが、どちらにも対応できる文面で対応できるといいですよね。そんな暑中見舞いも残暑見舞いも兼ねられる例文や文面をご紹介いたします。
日本の行事・習慣

暑中見舞いの書き方として目上の人に対する返事の例文はこれ!

夏の元気なご挨拶の暑中見舞いですが、 気付くと目上の人から貰った時に、 はっと、もうそんな季節かと気づいて 慌てることがありますよね。 まずは、目上の人にいただいた暑中見舞いの書き方や 返事の出し方のマナーについて返信や文例を 紹介いたします。
日本の行事・習慣

暑中見舞いを出すなら時期はいつまででいつから残暑見舞い?

暑中見舞いっていつもタイミングが分からず 貰ってはじめて、あぁそんな時期かと思う事が 多くありませんか? 年賀状のような分かりやすい節目がないため、 ついつい忘れがちになってしまう暑中見舞いや残暑見舞いですが 暑中見舞いを出し始める時期と、暑中見舞いから残暑見舞いに変わる時期を 分かりやすくまとめました。