年賀状

手紙・ハガキ

年賀状の初春の読み方と失礼になる目上の人への賀詞の意味と使い方

年賀状を上司や目上の人に送る場合、デザインにも凝りますが、言葉のチョイスも意外に悩むもの。 新年明けましておめでとうございます、謹賀新年、初春、賀正・迎春など、様々なお慶びの賀詞が選べます。 しかし、それぞれ、目上の方に使うと失礼なもの、避けた方が良いものなどが含まれていることがあります。 友人だとあまり気にしなくても良いですが、社会に出ると目上の方へ年賀状を送る機会も増えてきます。 新年早々、年賀状で失礼な賀詞を使い、「世間知らず」というレッテルを貼られない為にも、ここはしっかりとマナーをわきまえておきたいですよね。 こちらでは、社会人として、当然に理解して使いわけておかないといけない、年賀状の賀詞や挨拶についてお教えしたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました