年賀状の初春の読み方と失礼になる目上の人への賀詞の意味と使い方


年賀状を上司や目上の人に送る場合、デザインにも凝りますが、言葉のチョイスも意外に悩むもの。

新年明けましておめでとうございます、謹賀新年、初春、賀正・迎春など、様々なお慶びの賀詞が選べます。

しかし、それぞれ、目上の方に使うと失礼なもの、避けた方が良いものなどが含まれていることがあります。

友人だとあまり気にしなくても良いですが、社会に出ると目上の方へ年賀状を送る機会も増えてきます。

新年早々、年賀状で失礼な賀詞を使い、「世間知らず」というレッテルを貼られない為にも、ここはしっかりとマナーをわきまえておきたいですよね。

こちらでは、社会人として、当然に理解して使いわけておかないといけない、年賀状の賀詞や挨拶についてお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

年賀状の初春の読み方と使い方?


年賀状では、新年明けましておめでとうございます、謹賀新年、初春、賀正、頌春、またはHappy New Yearなど、様々な賀詞(がし)が選べます。

よく目にする「初春」という言葉。

なんだか春らしいお目でたいイメージがありますが、何と読むか知っていますか?また、初春を使う時のルールを知っていますか?

こちらは「しょしゅん」とも、「はつはる」とも読み、どちらで読んでも良いです。

では、初春とはどういう意味があるのでしょう?

初春とはその言葉通り、春の初めのこと、新しい年のことです。

実際にいつのことをさしているかと言うと、二十四節気であれば、立春から啓蟄の前日まで、とされています。

年賀状で使われる賀詞としては、新春と同じ意味として使われるようです。

また、初春とは、新しい年、春がきた、という意味しか持たないので、初春や新春などの春についての賀詞を使う場合には、「明けましておめでとうございます」という言葉が年賀状には必要になります。

「初春」と「平成〇年 元旦」などの言葉をセットに使用することもよくあります。

こちらの賀詞の後に、「明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。」などの文章を続けます。

初春や、新春という言葉だけで終わらせていた方もいるかもしれませんが、それだと失礼になりますので、お気を付けくださいね。

年賀状に初春だけでは失礼になる!二文字で適した賀詞は


先ほど「初春」という言葉には、新しい年がきた、春がきた、という意味しか含まないとお伝えしました。

年賀状に「初春」という賀詞だけ使っていると、何も挨拶が含まれていないことになり、失礼になります。

そう言う場合は、同じく「春」という言葉が入った2文字の賀詞でも、「賀春(がしゅん)」、「慶春(けいしゅん)」「頌春(しょうしゅん)」であればOKです。

相手に対してお祝いを伝える「賀」という字、よろこぶ「慶」たたえる、ほめる「頌」という字が入っているので、年賀状の賀詞として、適していると言えます。

ただし、注意したいのは、すでに新年をお祝いする言葉が入っているということ。

この2文字の賀詞を使用する場合は、その後「明けましておめでとうございます」という言葉は重複するので使わないようにしましょう。

どうしても、手書きメッセージをつける際に、ついつい「明けましておめでとうございます」という文章で始めてしまいがちですが、正しい使い方、選び方をして、新年早々恥ずかしい間違いをしないようにしたいですね。


スポンサーリンク

年賀状は目上の人へ初春以外の賀詞と読み方


年賀状の賀詞には、目上の方に使うと失礼とされるものがあります。

実は「初春」も目上の方に使用すべきでない賀詞の1つ。

その見分け方は、「寿」、「福」などの1文字の賀詞、「初春」を始めとし、「賀正」、「賀春」、「迎春」、「新春」、「頌春」などの2文字の賀詞は、基本的に目上の方には使ってはいけません

では、どういう賀詞であれば、失礼にあたらないのでしょうか。

「謹賀新年(きんがしんねん)」謹(つつし)んで新年をお祝い申し上げます、「恭賀新春(きょうがしんねん)」恭(うやうや)しく新しい年をお祝い申し上げます。

などの4文字の賀詞は、「謹んで」や、「恭しく」という目上への人へのへりくだった言葉が含まれていることから、目上の方にも使用できる賀詞とされています。

また、こちらも新年のお祝いを伝える言葉が含まれています。

そのため、年賀状にこちらの4文字の賀詞を載せた場合、重ねて「明けましておめでとうございます」などの挨拶は必要なく、旧年のお世話になった感謝の言葉から始めれば良いでしょう。

そして、文章の賀詞は目上の方にも使える万能な挨拶です。

「明けましておめでとうございます」、「新春のお慶びを申し上げます」「初春のお慶びを申し上げます」などが文章の賀詞です。

「初春のお慶びを申し上げます」の読み方は、「はつはる(しょしゅん)のおよろこびをもうしあげます」になります。

目上の方や同僚、部下、そして友人に同じフォーマットの年賀状を送るのであれば、こういった文章の賀詞を使用すれば間違いなさそうですね。

日本語にするから間違ってしまうんだ、ならば、Happy New Yearで統一したら良いのでは?と思うかもしれません。

友人には良いですが、目上の方には一般的には使用しない方が良いでしょう。

アメリカなど、クリスマスに向けて送り合うグリーティングカードには「Merry Christmas & A Happy New Year」と書いてありますが、「A」がつくことによって、「よいお年を」という意味になります。

ですので、年賀状で使う場合にはHappy New Yearと書くようにします。

年賀状にある初春の読み方と目上の人へ適切な賀詞のまとめ

携帯が普及し、年賀状を送り合う文化が徐々に薄れつつある中、丁寧に新年のご挨拶をと思って送ったところ、逆に失礼にあたってしまっては、意味がありませんよね。

1年の始まりを悪い印象でスタートさせてしまうのはとてももったいないです。

改めて、年賀状の賀詞のルールを理解し、正しい日本語が使える正しい社会人としての1年を始めてみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました