国際線で石鹸の持ち込みと歯磨き粉や身の回り品はどこまで持ち込む?


海外へ旅行に行くとき、普段使っている身の回りのものを持ち込みたいという人も多いですよね。

国際線を使用する際は、日付をまたいで使用することもありますよね。

そうなると、衛生用品である石鹸や歯磨き粉を持ち込んでも良いのか、知らない人も多いです。

ここでは石鹸や歯磨き粉を持ち込む際の注意点や、手荷物として持ち込みができる身の回り品についてお教えします!

スポンサーリンク

国際線は石鹸の持ち込みが固形と液体で違う

国際線では「液体の持ち込み」に関して、厳しい規定があります。

液体を手荷物として機内に持ち込む際には「100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体は機内への持ち込みが禁止」されているのです。

預け入れ荷物として預けて持っていく場合は持っていくことができるのです。

手荷物として機内に持ち込む場合は「容量に制限があり、尚且つ透明のジッパー付き袋(縦横40cm以内)にまとめて入れて持ち込む」規定があります。

それを踏まえた上で、石鹸の持ち込みは固形石鹸の場合はそのまま手荷物の中に入れて持ち込み可能となっています。

液体石鹸は規定通り、100ml以内のものを透明のジッパー付き袋に入れておけば持ち込み可能です。

国際線で手荷物持ち込みできる歯磨き粉やマウスウォッシュの注意点

日付をまたいで国際線に乗っている場合は、歯磨き粉やマウスウォッシュが必要ですよね。

石鹸と同様、これらも手荷物として持ち込む時には注意しなくてはいけません。

歯磨き粉は「液体」に分類されるので、液体石鹸と同じように「100ml以内の容器に入れ替えて、透明のジッパー付き袋に入れる」と手荷物として持ち込むことができます。

マウスウォッシュも「液体」なので歯磨き粉と同じ条件になっています。

歯磨き粉もマウスウォッシュも100ml以内の容器に移し替えてから持ち込むようにしましょう。

スポンサーリンク

国際線で荷物持ち込みできる身の回り品について


石鹸や歯磨き粉以外にも、国際線で手荷物として持ち込みできる身の回り品をいくつかご紹介します。

液体扱いで容器に移し替えれば持ち込めるもの

・ヘアワックス ・ハンドクリーム ・マスカラ

・シャンプーや液体ソープ

・飲料水 ・ヘアスプレー ・制汗スプレー

・軟膏 ・日焼け止め ・化粧水

・ジェル状のルージュ類

・液状ファンデーション ・香水

・メイク落とし

例外として袋に入れなくても持ち込めるもの

・液体薬、喘息の薬、コンタクト液などの医薬品

・幼児食品(ミルクや、離乳食)

手荷物で持ち込む時には、身の回り品は最低限のものにするのをオススメします。

幼児食品は袋に入れず持ち込み可能ですが、検査時に申し出は必要なので気をつけてくださいね。

まとめ

国際線は国内線よりも厳しい規定があります。

国際線を使い慣れている人は、液体の対応方法などを知っていますが初めて利用するときは「これで大丈夫かな?」とドキドキしてしまいますよね。

液体の持ち込みに関していえば、あくまでも「手荷物」のときは注意が必要ということです。

預け入れ荷物に入れる分には容器をわざわざ移し替えたりする必要がないので、最低限のものを選んで手荷物として持ち込むと良いですよ。

楽しい旅になるよう、確認をしておきましょうね。

スポンサーリンク

コメント