ポータブルバッテリーの飛行機持ち込み時の制限アリ手荷物ならOK?


スマートフォンのポータブルバッテリーを普段から持ち歩いている人は多いですよね。

普段の生活でも、災害時にも役立つポータブルバッテリーは旅行中のお供に必須です。

ですが、そのポータブルバッテリーを飛行機の中に持ち込めるかどうか知っていますか?

ポータブルバッテリーを飛行機に持ち込む前の準備や確認、制限はあるのかを簡単にご紹介します!

スポンサーリンク

ポータブルバッテリーを飛行機に持ち込む前に何か準備や確認は必要?


便利なポータブルバッテリーですが、飛行機に持ち込む前に持ち込んでも大丈夫なのか事前に確認をしましょう。

なぜ確認が必要かというとポータブルバッテリーは「各航空会社によって、持ち込める種類や容量が違う」のです。

もし旅行に行く際、持ち込めないタイプのポータブルバッテリーを持っていたら問答無用で没収されてしまう可能性があるので、注意してくださいね。

飛行機持込みのバッテリーの制限について


飛行機にポータブルバッテリーを持ち込むときは「預け入れ手荷物として預けることを禁止」されています。

理由としてポータブルバッテリーの多くは「リチウムイオンバッテリー」と呼ばれるバッテリーが搭載されています。

この「リチウムイオンバッテリー」は、外部からの衝撃で発熱や発火を引き起こす可能性があるとされていて、危険物に当たるのです。

実際、出火事故が相次いだため国際民間航空機関は、リチウムイオンバッテリーを預け入れ手荷物として預かることを禁止しています。

また、ポータブルバッテリーを持ち込むには容量にも注意しなくてはなりません。

国内線では基本的に160Wh以下のものであれば、手荷物として持ち込めます。

100〜160Whのバッテリーは最大2個までと個数制限があるので気をつけてくださいね。

国際線では、一般的には国内線とほぼ同じなのですが国によって厳しい制限をしている場合があります。

意外と他国では100Wh以上のバッテリーを持ち込むのを禁止しているところが多くあります。

国際線を使用する際は搭乗する航空会社、渡航先の空港の規定を事前に確認しておきましょう。


スポンサーリンク

飛行機搭乗時バッテリーは手荷物で持ち込もう


ポータブルバッテリーは「預け入れ手荷物として預けるのは禁止」という規定があるので、持っていく際には必ず「手荷物」として持ち込んでください。

持ち込むときには、容量と個数に注意しましょうね。

手荷物検査の時に預け入れ荷物の中にポータブルバッテリーが入っていた場合は要注意!

バタバタとケースから取り出して慌ただしい思いをしてしまうことになるので、事前にしっかりと確認をしましょう!

まとめ

今ではスマートホンを持っている人なら、誰でも持ち運んでいるポータブルバッテリーですが、飛行機に乗るときは色々と規定があります。

事故を防ぐためにも、手荷物としてポータブルバッテリーを持ち込みましょう。

意外と知らない人も多いので、旅行のお相手にも事前に確認しておくと良いかもしれません。

国際線は国内線の規定とは違う場合もあるので調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント