夜勤明けの朝ご飯の食事でおすすめ彼氏が喜ぶメニューと気遣い!


夜勤は不規則な時間に仕事をするため、いつもよりさらに疲れやすいものです。

そんな夜勤を頑張ってきた彼に、お疲れ様という気持ちを込めて気の利いた朝ごはんを作ってあげたいですよね。

ですが、夜勤明けの身体にぴったりな料理がいまいちわからない…

そんな悩みを解決するために、夜勤を頻回にやっていた私のおすすめ夜勤明けご飯を紹介します。

まず、夜勤明けの身体に合った負担の少ない食材から見ていきましょう。

スポンサーリンク

夜勤明けの朝ご飯で負担の少ないもの

負担が少ない食事=消化が良い食事ということになります。

身体がたくさん働かなくても消化が出来るような食事であれば、その分夜勤で疲れた身体への負担も減るということです。

消化の良い食材消化の悪い食材を紹介します。

消化の良い食材
消化の悪い食材
おかゆ・うどん・パン 玄米・シリアル・ラーメン・そば
豆腐・味噌・きな粉 油揚げ・がんもどき・ナッツ
茶碗蒸し・卵豆腐 目玉焼き・卵焼き
鶏ささみ・ヒレ肉 ハム・ソーセージ・脂身肉
キャベツ・大根・カボチャ・ニンジン・カブ ごぼう・レンコン・タケノコ・きのこ類
リンゴ・バナナ・桃 スイカ・梨・ミカン・オレンジ
ヨーグルト・温かい牛乳 冷たい牛乳
ゼリー・ビスケット・カステラ ドーナツ・ポテチ・炭酸・コーヒー

これらを参考に、消化の良い食材を取り入れましょう。

食材に気を付ける以外に、どんなことに気を付ければ消化のよい食事になるのでしょうか?

夜勤明けに食事をするなら何に気を付ける

温かいものを食べる

温かい食事は、胃腸の働きを高めて消化吸収を良くしてくれます。

野菜もサラダではなく加熱しましょう。

「煮る」「蒸す」などの方法で調理すれば、余分な脂を使用せずに済みますよ。

柔らかく煮る

食材はなるべく細かく切って、よく煮込むことで消化吸収が良くなります。

白いご飯も、炊くときにやわらかめに炊けば、胃腸への負担が減りますよ。

少量ずつ小分けで食べる

一度にたくさんの量を食べると、胃腸に負担がかかります。

少量ずつに分けて1回の量を少なくすれば消化も良く、負担も少なく済みます。

どのタイミングで夜勤明けの食事をするかによっても気をつけるポイントは違ってきます。

家に帰って眠る直前に食事をするという場合

そのあとすぐに眠るという前提ですので、より身体に負担のかからない食事にする必要があります。

上記で紹介した方法で消化の良いものを、できるだけ最小限の量だけ食べるようにしましょう。

すぐに眠るつもりはなく、しっかり食べたいという場合

この場合、夜勤で疲れている身体を労わる意味で胃腸に優しいメニューが好ましいです。

しかし、そこまで消化に良いものにこだわる必要はありません。

ただし、食事のあと3時間は寝ないようにしましょう。

ここで、夜勤明けに好ましい具体的なメニューを紹介します。

スポンサーリンク

夜勤明けのご飯でおすすめなメニュー


食事後すぐに眠るという場合におすすめなメニューです。

温かいうどん

うどんは柔らかめにゆでましょう。

野菜を入れる場合、消化の良い野菜を選択して、こちらもやわらかめに煮ます。

(具を入れすぎると消化によくないので、いつもより少なめにしましょう)

生姜を少し入れておくとより身体が温まっていいですよ。

四国香川県の本場、讃岐うどんでも生姜の薬味は不可欠なほど美味しく仕上がるのでおすすめです。

おかゆ・雑炊

普段よりも水を多めにして作りましょう。

水を多くすれば、少量のお米でも満腹感を得られます。

こちらもうどん同様、野菜を入れるなら少なめの量をよく煮ましょう。

豆腐

豆腐は高たんぱくでありながら低カロリーの非常に消化に良い食品です。

軽く湯通ししたりレンジでチンしたりした後にお好みのタレ等をかけましょう。

茶碗蒸し

豆腐では物足りないという場合、茶わん蒸しがおすすめです。

茶わん蒸しの手作りなんて、彼に喜んでもらえること間違いなしですよ。

クックパッド→茶碗蒸しを簡単レンジでレシピ

味噌汁

野菜+豆腐などの消化の良い食材で作る味噌汁もおすすめです。

身体も温まるのでいいですよ。こちらも、上手に出来れば彼の胃袋をつかめそうですね。

ホットミルク

食事をとるほどではないという場合、ホットミルクがおすすめです。

身体も温まります。

すぐには眠らないという場合は、上記でも紹介しましたがそこまで消化の良いものにこだわる必要はありません。

彼の食べたいものを、紹介した方法でより消化のよくなるようアレンジして作ってあげてはいかがでしょうか?

まとめ

夜勤明けにおすすめな食事を紹介しました。

疲れた身体には、温かくて消化の良いものが一番ですね。

紹介した内容を参考に、彼の疲れた身体を癒やし、胃袋もがっちり掴んでしまいましょう!

頑張ってくださいね(^^)

スポンサーリンク

コメント