加湿器の10円玉殺菌方法!除菌効果のあるクエン酸使用法も紹介


乾燥が気になるこの季節になくてはならないアイテムとなった加湿器。

加湿器は、定期的にフィルターの掃除をしないと臭いが気になってきませんか?

一人暮らしは何かと物も揃っていないこともあり、こまめに掃除をするのは面倒くさいですよね。

そもそも、加湿器の掃除ってどうするのが正しいのかわからないという方も多いですよね。

加湿器の掃除に10円玉を使用した簡単な殺菌方法、掃除の仕方、クエン酸を使用した効果的な方法を紹介します。

スポンサーリンク

加湿器を10円玉で殺菌する簡単な方法


10円玉の素材である銅には殺菌効果があると言われています。

生花の花瓶に入れておくと比較的花が長持ちするように、水の中に入れておくと水の中の雑菌が繁殖しにくくなります。

ここで重要なのが、10円玉をそのまま入れてはいけないということです。

しっかりと銅の効果を発揮させるために、重曹やハイターで10円玉の汚れを取りましょう。

汚れが落ちると10円玉が元のピカピカの状態に戻してから、受け皿に3枚程度入れておきましょう。

なにも入れていない時より、臭いが抑えられますよ。

お金をかけて除菌剤等を買う前に、まず試してみてくださいね。

加湿器の殺菌方法と掃除の仕方


加湿器の掃除方法は、基本的に水洗いで大丈夫です。

説明書を読んで正しく分解しましょう。

掃除後に濡れたまま放置すると雑菌が繁殖してしまうので、必ず完全に乾かしてください!

殺菌方法を紹介します。

加湿フィルターを水洗いし除菌スプレーを使用する

まず加湿フィルターを水洗いします。

完全に乾かした後に、市販の除菌スプレーをビチャビチャになるまで吹きかけ、染み込ませます。

雑菌はまさにフィルターの中に繁殖しやすいので、そこをダイレクトに除菌できる方法です。

除菌スプレーは、アルコール入りのものを購入しましょう。

より効果が出やすいです。

加湿器専用の除菌剤を使用する

市販されている除菌剤を使う方法です。

除菌剤は使用する際に受け皿に入れるタイプのものと、給水タンクに入れるタイプのものがあります。

どちらも効果は変わらないので、使用しやすいものを選んでくださいね。

専用の商品なので安心して使用できますし臭いもかなり抑えられますよ。

その他の臭いを防ぐ方法を紹介します。

フィルターの使用期限を確認する

加湿器のフィルターは消耗品で、定期的な交換が必要です。

各メーカーが定めている使用期限を確認し、過ぎてしまっている場合は交換しましょう。

使用する水は水道水を使用する

水道水に含まれる微量の塩素が雑菌の繁殖を抑えてくれるためです。

メーカーは水道水を使用することを推奨しています。

タンクの水をこまめに交換する

タンクの中の水は毎日交換するようにしましょう。

毎日交換しないと水道水の中の塩素が抜けて雑菌が繁殖してしまいます。

毎日水を交換するだけで雑菌の繁殖を防ぎ、同時に臭いも防げますよ。


スポンサーリンク

加湿器の除菌にはクエン酸を使った掃除が効果的


通常の掃除は水洗いで大丈夫ですが、しっかり掃除をしたい場合はクエン酸を使用するとなおいいです。

加湿器の掃除にクエン酸を使用したフィルターと水受けトレーの掃除方法を紹介します。

掃除の目安は2週間に1回です。

用意するもの
・クエン酸
・大きめのバケツ
・ゴム手袋
・ブラシ
・歯ブラシ
・スポンジ

掃除方法
①加湿器からフィルターを取り出して水洗い後汚れを拭き取る。

②バケツの中に4Lの水に対して25gのクエン酸を入れ、フィルターを30分付け置きする。

③フィルターを水道水で2分以上しっかり水洗いする。

④水受けトレーにぬるま湯をいれ、クエン酸を溶かしてしばらく置きます。

⑤クエン酸だけで落ちなかった汚れをブラシやスポンジで落とします。

⑥水受けトレーを水道水ですすぎます。

以上です。

掃除したフィルターと水受けトレーは必ずしっかり乾燥させましょう。

クエン酸は素手で触ると肌荒れを起こしやすいので、ゴム手袋を使用してくださいね。

まとめ

加湿器の掃除方法、殺菌方法を紹介しました。

毎日の水の交換や定期的な掃除を怠らなければ、臭いを防ぎ快適な湿度で過ごすことが出来ますよ。

大変ですが、少しずつ時間を作って行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント