成人式お祝いの表書きと祝い袋の種類と入れ方!一言添える例文も紹介


 成人式のお祝いを贈りたいけど、いまいちマナーが分からなくて困っている、なんてことはありませんか?

冠婚葬祭などでお祝いとして金銭を贈ることが習慣になっています。

成人祝いも同様にのし袋に包んで贈ることがマナーとされています。

この記事では、成人のお祝いの祝儀袋の選び方から包み方、メッセージの例文や文章例を紹介します。

スポンサーリンク

成人式お祝いの表書きの言葉は?

 のしの表書きには、「御祝」「御成人祝」「祝御成人」「成人式御祝」「賀成人式」などがいいでしょう。

これら水引の下部分に、贈る人のフルネームを書くと表書きとしては完成です。

夫婦連名で包む場合は、右側に夫の氏名、左側に妻の名を記載しましょう。

ご自身で書くこともできれば、文房具屋によっては、書いてくれるところもあるかもしれません。

確認してみるといいでしょう。

また、ご自身で書く場合は、ボールペンや鉛筆ではなく筆ペンや筆を使って書くようにしましょう。

成人式のお祝いを包む袋の種類ときまり


 成人祝いはその名のとおり、お祝い事になるので、水引は慶事の紅白で蝶結びのものを選ぶといいでしょう。

これは、子供の成長を何度でも繰り返しお祝したいという意味から蝶結びになっているようです。

 祝儀袋には、もともと水引が印刷されているものがあったり、飾りがあしらわれていたりするものなど様々な種類のものがあり迷ってしまいますよね。

どんな袋がいいかは、包む金額と相談しながら選ぶといいでしょう。

袋が立派でも中の金額と釣り合っていないと不恰好に思われてしまうかもしれません。

目安としては、包む金額が1万円程度であれば、水引が印刷されているものを選ぶのが一般的です。

祝儀袋を買う際に、パッケージに目安が書いているものもあるのでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 また、御祝のため包むお金は、新札を用意しましょう。

お祝い事に用意するお札はきれいな新札を包むのがマナーです。

入れる際には肖像がある側を袋の表面を向くように入れるといいでしょう。


スポンサーリンク

成人式のお祝いに一言添えるのにふさわしい文章例


 お祝いと一緒に、一言メッセージを添えてあげるとより喜んでもらえますよ。

一言メッセージのポイントは、「おめでとう」というお祝いの言葉に加えて、大人の仲間入りをしたことに対しての喜びや未来の活躍へ期待しているなどの気持ちをこめるといいでしょう。

また、長々と書いてしまうと、説教のようにとらえられてしまうこともあるので、手短に添える程度に書くようにしましょう。

ここでは、いくつかメッセージを紹介します。

一言メッセージ例文

・成人おめでとう。○○も一人前の大人になりましたね。ますますのご活躍とご健勝をお祈りしています。

・新成人おめでとうございます。○○のご両親もお喜びのことと思います。感謝の気持ちを忘れないでくださいね。

・成人おめでとう。○○も立派な大人になりましたね。これからは一人前の大人として自ら人生を切り開いていってください。

ぜひ、これらの例を参考に自分流にアレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

 いかがでしたか?成人祝いを贈ることで、大人の仲間入りを実感してもらえたら嬉しいですよね。

お祝い金と一緒にメッセージが添えてあったら、きっと喜んでくれるはずですよ!

ぜひ、お祝いを贈る際に参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました