まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

入社前の健康診断の服装や髪色は?会社員としての男の身だしなみ!

   


 春もだいぶ過ぎましたね。新卒で新しく社会人になったと言う方は、そろそろ慣れてきた頃でしょうか。

その一方で、今が就活真っ盛りという方もいらっしゃるでしょう。早い人は夏にも内々定が決まるかも知れませんね。

 さて、内定をいただいた人は、会社から入社前の健康診断を受けるように言われると思います。

そこで悩むのは身だしなみ。会社指定の病院なら先輩とも顔を合わせそうだけど、どんな格好で行けば良いんだろう?、と悩みますよね。

 会社によって服装を指定されることもありますが、特に指定されていなければどのような格好がいいのでしょうか。

 あるいは「会社からは私服でと言われたけどやはりスーツで行くべきなのでは?」と思う人もいるでしょうね。

 ここでは、新卒の男性の場合を例にとって、ベターな身だしなみを探ってみましょう。

スポンサーリンク

入社前の健康診断の服装はスーツ?私服?


 入社前の健康診断、どんな服で受ければ良いのか。人によって意見は様々ですが、大きく次の4つにまとめられます。

 (1)スーツ
 (2)私服
 (3)会社に問い合わせる
 (4)親、知人、先輩にきいてみる

 一番目の「スーツ」 これはやはり社会人の基本でしょう、と言う考え。

特に会社指定の病院ですと先輩と顔を合わせることもありますから、ここは失礼のないように。という事で、スーツ推しの意見です。

 二番目の「私服」 検査のしやすさを考えたら私服でしょう、と言う意見。

どんな私服でもいいというわけではなく、着脱しやすいもの。

 病院での検査では、服を脱がなければいけない事もありますし、採血の時は腕まくりして採血の注射をしてもらわねばなりません。

そんな状況で、フォーマルなスーツを着ていると着脱に時間がかかってしまいます。

自分が手間なだけなら良いけど、他の人も検診を待っているのに、そんなところで時間をかけていては迷惑になります。

と言うのが私服推しの意見です。

 三番目の「会社に問い合わせる」を推す意見もありました。

ですが、これは難しいところ。筆者の知人に人事担当の者がいますが、「そういう事を自分で判断できない人ってどうなんだろう」と思ってしまうとのこと。

それで内定が取り消される、ということはないでしょうけど…。

どうしても答えが出ないとき以外はさけたほうが良いようです。

 蛇足ながら、実際に仕事を始めると、とにかくわからないことだらけで当惑すると思います。

そんな時は、致命的な失敗をして迷惑をかけるよりは、素直に先輩にきくのが吉ですよ。

きくは一時の恥、きかぬは一生の恥と言いますしね。もちろんまずは自分で徹底的に調べてみないと、ですけどね。

これは筆者の体験談からの補足でした。

 四番目の「親族、知人、先輩にきいてみる」 親族、知人、先輩にきいてみるのは悪くない方法かもしれません。

信頼できる人にたずねてみるのは大いに参考になるでしょう。

色んな意見を言う人がいるかも知れませんが、その時は素直に「画一的な答えはないのだな」と感じれば良いと思います。

 色々考慮すると、受診のしやすさという点で、二番目の「着脱しやすい私服」が妥当でしょう。

補足すると、金属やプラスチックなどのボタンや装飾品が付いた服装を避けると、なおベターなようです。X線や心電図の検査の時、金属やプラスチックは邪魔になるので脱がなければいけないことが多いからです。

それを考えるとTシャツでもいいくらいですね。

 ただ、病院によっては、どんな服装で行っても、検査用の衣服に着替えさせられるところもあります。

なので、スーツで行くのは何が何でも迷惑、とも限らないようです。

 とは言え、堅苦しく考えすぎずに「着脱しやすい私服」でOKだと言えるでしょう。

入社前の健康診断で髪色は黒?茶髪でもいい?


 これも、色んな意見がありますが、一番無難なのは「採用面接のときと同じ髪の色」でしょうか。

 例えば入社前のイベントで、内定式や、企業によっては内定者懇親会や内定者研修が行われることがあります。

そこで面接の時は黒髪だった人が茶髪だったりすると、印象が悪い、と考える企業が多いのです。

 ある調査によると、90%以上の企業が、「内定式で明るい茶髪はNG」と考えています。

「暗い色・濃いめの茶髪」でも40%未満がやはりNGです。基本的に黒髪で悪印象を与えるということは少ないようです。

 ですので、入社前の健康診断でも、会社の人と顔を合わせる可能性を考えれば、面接の時黒髪だったのなら、同じ髪色にしておくのが無難なのです。

 逆に、あなたが茶髪で面接を受けて内定をいただいたのならば、そういう事を気にしない社風と言うことでしょう。

その場合むりに黒髪にする必要はないでしょう。

むしろアパレル系の企業の場合などでは、そういった「ちょっとおしゃれ」な面を評価するところもあります。

 以下に筆者が文中で参照した「【企業人事に聞いた!】内定式NG/OK集」のURLを記しておきます。

染髪以外の身だしなみについても色々調査されているので、参考にしてみてください。

【企業人事に聞いた!】内定式NG/OK集
男性の髪の色が、明るい茶髪 OK、NG?

【企業人事に聞いた!】内定式NG/OK集
男性の髪の色が、濃い(暗めの)茶髪 OK、NG?


スポンサーリンク

会社の健康診断時服装で男性の注意点


 今度は、入社してからの健康診断です。入社前のときと同じでいいのでしょうか。

 筆者の経験では、就業時間の合間を縫って受診させられたので、必然的にスーツでした。

ですが、会社によっては、受診のために一日かけるところや、午前、午後の半休をとって行うところもあります。

 そういう時、着替える余裕があるのならば、やはり着脱しやすい私服で、金属やプラスチックを避けられればベター、ということになります。

 前述したように病院によっては検査着に着替えるので、あまり気にしなくても良いこともあります。

既に入社前の健康診断を受診しているはずなので、その点は迷わずに済むでしょう。

 これも、難しく考えすぎずに「どんな衣服ならスムーズに受診できるかな」と言う考えで行けば、自然に適切な衣服が分かるはずです。

まとめ


 いかがでしたか?

 「いろんな見方がある」事は踏まえた上で、入社前の健康診断の身だしなみについては、以下のような格好が無難だと言えるでしょう。

 ・着脱しやすい私服が良い
 ・髪の色は面接の時と同じ色

 拙文が、あなたの悩みの一助になったなら幸いです。

スポンサーリンク

 - 職場・ビジネス ,