卒業旅行に一人で旅をしてみたい女子におすすめな海外の国!


就職先が決まり、「人生の夏休み」とも呼ばれる学生生活にピリオドをうつ前に、どうしてもやってみたいことが、海外への一人旅。

就職後はまとまったお休みも取りにくいし、自由に動くことも出来なくなると先輩から聞き、時間とお金が必要な海外旅行を、是非この機会に行っておきたい、そんな大学生も多いでしょう。

特に、女子学生にとっての一人旅は、治安の問題もあり、行き先や行動に十分気を配らなければなりません。

日本は海外の各国と比べ、治安はとても良い国です。

日本人は格好のターゲットにされてしまいます。

社会人になる前に、学生という自分から脱皮する為にも、一人旅にチャレンジしてみたい。

しかし女子の一人旅は、と躊躇してしまっている。

そんな学生を応援する、海外一人旅のいろはをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

卒業旅行に一人で旅する時に安全な海外の国


海外旅行に選ばれる行き先の中でも、治安が良いとされている国があります。

ただでさえ狙われやすい一人旅や、女子学生の一人旅は、治安が良い国を選ぶことが必須。

卒業旅行であれば、時間を十分にとって旅行することも可能です。

日本からだと移動時間も長く、滞在日数も要するヨーロッパはおすすめです。

しかし、ヨーロッパはスリが多く、最近ではテロが発生したり、治安の悪い国も多く存在します。

ヨーロッパでのおすすめは、音楽や芸術、自然溢れる、五感に響く国、オーストリアです。

または、治安や人柄が非常に良いと評判のアイスランドもおすすめです。

大自然に触れ、世界の広さを目の当たりにする経験も、今後社会に出たときの糧になります。

一人旅で困ったときも、あたたかく助けてくれる環境というのは選ぶ上で重要なポイントです。

ただ、物価の高さが問題です。

予算があまり取れないという学生には少し不向きかもしません。

予算を抑えて、でも一人旅をしている実感、充実感を味わいたい学生には、アジア諸国やオーストラリアがおすすめです。

親日家の多い台湾には、国内旅行と変わらない予算で旅行でき、食事も日本人に合うものが多く、台湾内での移動も広範囲には渡らないので、学生でも動きやすいですね。

台湾は近いので、社会人になってもおそらく行けるであろう、ということで、もう少し離れたタイを選ぶのも手ですね。

タイも観光スポットがたくさんあり、タイ料理も日本人には合います。

アジアの国らしい経験が出来、学生の一人旅を盛り上げるような写真もたくさん撮れ、SNS映え間違いありません。

早めに予定を組めば、安く旅することも可能です。

オーストラリアも卒業旅行の行き先としては、有名ですよね。

オーストラリアは広いので、ある程度旅行に日数が必要です。

また治安も比較的に良く、日本人も多いので、一人旅ながら、安心感のある旅になるでしょう。

また観光スポットも、海あり、森あり、大地あり、可愛い動物ありの盛りだくさんです。

卒業旅行で魅了され、社会人数年経験した後に、ワーキングホリデーとして働きにオーストラリアへ渡る日本人も多いです。

一人旅の代名詞のようになっている、バックパックでの旅に憧れがあると思います。

そのような旅も若者だからこそ踏み込める部分もあり、学生のうちに経験しておくのもおすすめです。

ただ、あくまで安全に一人旅を終えることが何より大切なことです。

バックパッカーでホステルを渡り歩き、その場で宿泊先や行き先を決めていく。

そんな一人旅に憧れはあるかもしれませんが、現地での自由行動がメインになっているツアーに一人で参加することも、一人旅のひとつです。

無理しすぎずに、安全に旅をしてこられる場所を選ぶことが、一人旅をする上で最も重要なことですよ。

卒業旅行に一人で旅をしたい女子が気を付けたいこと


女性だけの海外旅行は、男性よりも危険が多いことも確かです。

ましてや、女性の一人旅となれば、なおさらのこと。しかし、だからと言って、一人旅を諦めるべきです、ということではありません。

女性の一人旅で海外を楽しむ方もたくさんいます。

そういう方々は、必ず楽しむ為に、たくさんの注意を払っています。

一人で海外旅行をするにあたって、女性が気を付けるべきことをお教えします。

まず、今では当たり前になっていますが、スマホを必ず海外でも使えるように手配しておくことです。

安全に過ごすには、現地の事細かな情報が必須です。また、何かあった時に連絡できる手段が必要です。

そして、これは女性に限らず男性にも、一人旅ではない方にも言えることですが、早朝、夜間にはむやみに出歩いてはいけません。

日本とは違う、ということをしっかり肝に銘じておかなければなりません。

そして、人がいないだろうから安心だろうと、大通りではない小道や少し暗い道には絶対に入ってはいけません。

小道に入りこんでくる観光客を待ち伏せていることも海外では多くあります。

多少遠回りでも、人が多くいる場所をきょろきょろすることなく、しっかりとした顔つきで歩きましょう。

日本人は、何か聞かれてわからなければ、ごまかすように笑ってしまう人も多いです。

女性の一人旅、笑顔と愛嬌ももちろん大切ですが、あまりに誰にでもニコニコしていると、隙があると思われ、ターゲットにされてしまうこともあります。

行き先を決めたら、行き方などは十分に予習しておき、見知らぬ土地でスマホを見ながら歩いている観光客、と見られないように気を付けることも大切です。

タクシーなどで現地の人と二人きりになる状況も極力避けましょう。

宿泊施設やガイドさんに手配してもらうタクシーやバスに乗って移動するようにすると良いですね。

このように、気を付けることは数え切れません。せっかくの旅行なのに、もっと気楽に楽しみたい、と思ってしまいますよね。

一人旅、海外での旅では、自分を守ることが出来るのは自分だけです。

旅行中も、日本にいる家族や友人にこまめに連絡を取り、異変にいち早く気付いてもらえるようにしておくと良いかもしれません。

それくらい気を付けて初めて、安全に楽しく一人旅を全うできるのです。


スポンサーリンク

卒業旅行に一人旅をするときのおすすめグッズ


一人旅を成功させる為に、持参しておきたいおすすめグッズがあります。

出来る限り最小限に荷物はおさえたいところですが、安全に楽しむ為に、是非参考にしてみてください。

一人旅、何より困るのが、お財布などを取られた時です。

友達といれば、一時的に貸してもらえたりしますが、一人の場合はそうはいきません。

バッグの中に財布は入れておきますが、それとは別にクレジットカードや現金を服の内ポケットに入れたり、首から提げるシークレットポーチにいれたり、さらに衣類で隠したりして肌身離さないことが大切です。

日本ではシークレットポーチなどは使用することがありませんが、海外旅行に向けて準備しておいてください。

また、前述しましたが、きょろきょろ周りを見ていると、それだけで狙われやすくなります。

そんな時にはサングラスがおすすめです。

海外では紫外線や日差しが強いので、当たり前のようにサングラスをかけている人が多く、レンズの色が暗いサングラスであれば、多少きょろきょろしていても周囲にバレません。

行く先によっては、アジア人というだけで目立つこともありますが、現地の人に出来る限り馴染ませることも大切ですね。

今では旅行に限らず普段から持参している人も多い、自撮り棒。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Bluetoothシャッター付き + 有線式セルカ棒 2017年最新自撮りセット…
価格:1280円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

こちらも一人旅には欠かせないアイテムです。

写真を残したいポイントで、撮ってもらう人を見つけることも難しく、逆にフレンドリーに近づいて撮影してくれるふりをしながら、携帯やカメラを盗む犯罪も起こります。

写真をお願いすることで、会話が広がることもありますが、自撮り棒という便利なアイテムが最近はありますので、フル活用出来ますね。

また、ワイヤーロックなどもおすすめです。

一人旅の場合、まず荷物を置いてトイレに行く、ということは出来ません。

ホテルも、相部屋の場合は荷物を常に自己管理しておく必要があります。

貴重品は肌身離さず持っておかなければなりませんが、旅行の荷物が入ったスーツケースやバッグから少し離れなければならないときなどは、ベッドの足や固定できるものにワイヤーロックをかけて、荷物を守ることが出来ます。

ちょっと見ておいて、と言える人がいない一人旅には、何かしら重宝するアイテムです。

海外への一人旅におすすめな場所やアイテム、気を付けるべき注意点についてお伝えしてきました。

まとめ

海外旅行の一人旅、特に女性は注意点が多すぎて、やはり一人旅は考え直した方が良いのかな、と不安にさせてしまったかもしれません。

しかし、社会人への一歩を進む前に、何か自分を成長させたい、心に残る学生生活の締めくくりをしたい、という方を私は応援しています。

全ては命あってのこと。

様々なことに注意し、事前にしっかり下調べをした上で、ハラハラドキドキや、感動を味わえるのが、海外一人旅の醍醐味ではないでしょうか。

旅先での幸運をお祈りしています!

スポンサーリンク

コメント