喪中はがきの続柄の書き方や文例と連名の場合はどう書く?

%e8%83%a1%e8%9d%b6%e8%98%ad

今年、初盆を迎えたり葬儀をされたりした場合、そろそろ喪中はがきの準備をする時期になってまいりました。

喪中ハガキの続柄についての書き方や文例は決まりがあります。

義理の父母が亡くなった場合など、夫婦連名で喪中はがきを出す場合、故人の続柄をどうかけばよいかなどを紹介します。

スポンサーリンク

喪中はがきの続柄の書き方は?

基本的に、喪中はがきの故人となる対象の続柄は第二親等までといわれています。

第一親等というのは、
「父母・子・配偶者の父母」

第二親等は、
「兄弟姉妹・孫・父母の親(祖父母)・配偶者の兄弟姉妹・配偶者の父母の親(義祖父母)」です。

配偶者は、本人と同一とみなします。

喪中はがきの書き方としての続柄は、一般的に喪中はがきの故人の対象となる第二親等と呼ばれるまでものとなります。

その際、続柄とは、故人と差出人の関係を示すものとなりますので、実際には、世帯主からみた間柄(続柄)となり、多くの場合、夫や父親から見たものとなります。

ただ、最近では喪中はがきの範囲としては「配偶者・父母・祖父母・兄弟姉妹・配偶者の父母や祖父母」くらいまでが一般的となってきています。

特に第二親等あたりとなると別居、同居で迷われることが多く、悩まれるかたも多いと思いますが、別世帯であっても喪に服したい心情であれば喪中はがきを出すことに問題はありません。

逆に言えば、同居であっても喪中はがきを出さなくてもマナー的には問題ないということになります。

喪中はがきは何のために出すかはこちらを参考にしてください。

喪中はがきとなる範囲の親族と出す時期と身内も送る?年賀欠礼とは?
そろそろ年賀状の発売時期になります。 今年、お身内にご不幸があった場合、年賀状が出せないため、喪中はがきでお知らせすることとなります。 しかし、ご自身からみて、どこからどこまでが親族の不幸についての範囲が喪中はがき(年賀...

特に悩むのは、一親等ではあるけれど、配偶者の義理の父母の場合ですよね。

親等の数え方としては、日本の民法上は配偶者を自分と同一視するため、配偶者の親族と自らの親族を同様に扱います。

ご自身からみた場合の関係では一親等にあたる配偶者の父母は「義父・義母」ですが、民法上でも配偶者は自分と同じととらえるため、「父・母」でも問題ありません。

本人との関係/続柄の表記例

0親等:
夫/夫・主人
妻/妻・家内

1親等:
父/父・実父・義父・養父
母/母・実母・義母・養母
>子/息子・娘・長男・長女
配偶者の父母/父・母・義母・岳父(妻の実父)・丈母(妻の実母)

2親等:
兄弟姉妹/兄・姉・弟・妹・長兄・次兄・次男・末弟・長姉・次妹・末妹
孫/孫・孫息子・孫娘
父母の親/祖父・祖母
兄弟姉妹の配偶者/兄・姉・弟・妹・義姉・義兄・義妹・義弟

配偶者の父母の親/祖父・祖母
配偶者の兄弟姉妹/兄・姉・弟・妹・義兄・義姉・義弟・義妹

喪中はがきの続柄と文例と書き方

喪中はがきの本文の文例定型文には、続柄だけでなく、没月や没日、故人の名前や享年などを入れる場合があります。

これは、喪中はがき(年賀欠礼状)をもって逝去を知らせる場合などがあるためです。

喪中ハガキ本文の構成としては、
1:年賀欠礼の挨拶文
2:誰がいつ逝去したかを伝える文
3:お世話になったお礼
4:今後も変わらぬお付き合いを願う文
5:良い年を迎えていただきたい文
6:日付と差出人
といったかたちになります。

喪中はがきは、年賀欠礼状と言いますが、「年賀」という言葉は使用しません。

身内を失った悲しみから、迎える新年を賀する(お祝いする)気持ちになれないほどの心理状態だから無礼をする詫び状のため、あえて「年始」や「年頭」「新年」という言葉を使用します。

喪中ハガキ本文の文例

1:年賀欠礼の挨拶文

・喪中につき年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮させていただきます
・喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきます
・喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます

2:誰がいつ逝去したか知らせる文

・本年○月に父 ○○が○○歳にて永眠いたしました
・本年○月○日に父 ○○が永眠(他界・逝去)いたしました
・本年○月に父 ○○が○○歳にて他界いたしました

3~4:お世話になったお礼

・生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに明年も変わらぬご厚情を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

5:相手にいい年を迎えていただきたい文

・○○様におかれましては健やかに新しい年をお迎えくださいますようお祈り申しあげます

6:日付と差出人

・平成○○年○月(投函する月/10~12月)
住所と名前

スポンサーリンク

喪中はがきの文例で続柄は連名の場合どうする?

夫婦連名で差し出す場合の故人の続柄は、先にものべましたが世帯主(夫)を主にした続柄でかまいません。

ですので、妻からして故人が義理の父の場合でも、続柄は「父」として問題ありません。

(あまりにも気になるようでしたら別に「義父」として作ることをおすすめします)

印刷サービスを使えば、10枚単位で書面が変えられ、続柄を入れないパターンなどを格安で作成してくれるところもありますので、差出人別に作成をすることも可能です。

サービスを注文するほどでもない枚数であれば、日本郵便の胡蝶蘭(喪中はがき)を購入して手書きをするのも相手に気持ちが伝わりますね。

その際の喪中はがきの例文としての年賀欠礼文例です。

本年も残すところ僅かとなりました
みなさまにはお元気にお過ごしのことと存じます
私どもでは○月に○○歳にて父○○が永眠いたしました
誠に恐れ入りますが服喪中でございますので
新年のご挨拶を謹んでご遠慮させていただきます
本年中はひとかたならぬ賜りましたご厚情には深く感謝いたしております
○○様におかれましてはお健やかに新しい年を迎えられますよう心よりお祈り申しあげます

平成○○年○月

基本的に句読点は付けず、行頭の一字下げもしないのが一般的となります。

喪中
他にも喪中と忌中の違いについて詳しくはこちらを参考にしてください。

喪中と忌中の期間と意味や過ごし方や弔中の読み方・数え方について
人が亡くなると「忌中」や「喪中」「弔中」といった言葉を使います。 その喪に服す期間となる喪中期間や、忌中期間はどのような読み方をし、どういった意味があるのでしょうか。 喪中や忌中の一般的な意味や期間、忌引きの過ごし方、また喪...
喪中はがきの差出人の連名は子供の名前は入れる?続柄の書き方って?
今年、初盆を終えたり、お盆の後に親族に不幸があったりと、何かと大変な日々を送られているなかで年末年始に向けてもう一踏ん張り。 喪中はがきの差出人について、連名だと続柄はどう書く? 家族や子供の連名はどうする?と迷いますよね。...

まとめ

続柄や故人の名前や年齢を書かず、年賀欠礼のお詫びと本年中のお礼だけを書く場合もあります。

まだ故人の逝去をご存じでない年賀状をやりとりしている相手や、逝去したことを知らせたい方に出す場合は、いつ逝去したかなどを書くと親切となります。

しかし、あまり堅苦しく考えずご家族のしきたりなどに従って気持ちを届けることが重要です。

スポンサーリンク

コメント