まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

倉敷から児島へデニム柄のバスでジーンズストリートまで満喫

   

ジーンズバス

山陽新幹線で岡山や新倉敷駅から

在来線の山陽本線でJR倉敷駅まで来たはいいけど、

歩いて行けるのは倉敷美観地区がせいぜい。

美観地区の中にも倉敷デニムストリートはあるけれど

せっかく岡山県倉敷市まで来たのだから

倉敷市児島のデニムの聖地まで行けるものなら

なんとかタクシーではなく、路線バスとかをうまく

利用してゆったりと行きたいですよね。

そこで、JR倉敷駅前からJR児島駅前までの路線バスと

そこから児島ジーンズストリートなどを巡る

児島ジーンズバスの乗り継ぎにスムーズなバスを紹介します。

スポンサードリンク

倉敷から児島のデニムの聖地へバスで行こう

倉敷駅前から「国産ジーンズ発祥の地:デニムの聖地」

児島駅前に向けて毎日運行しています。

児島は、デニムやジーンズで知られる街で

最近では児島ジーンズストリートなど、

世界が注目するジーンズショップが軒を連ねることで

注目を浴びて観光地となっています。

そんな児島のジーンズを代表する倉敷市児島地区の

デニムの縫製工場やジーンズショップ、

観光施設などを巡る倉敷・児島の魅力を満喫出来る便利なバス

「児島ジーンズバス」が、金・土・日・祝日に限って、

児島駅前から児島の街を循環運行しています。

その乗り継ぎにスムーズな乗車時刻を紹介します。

倉敷駅から児島で乗り継ぎできるジーンズバス

まずは、倉敷駅前バスターミナル6番乗り場からの

倉敷駅前発「児島駅行き天城線」以下の運行便で

週末1日6便の「児島ジーンズバス」にスムーズに乗り継ぎが可能です。

倉敷駅発 → 児島駅前着 ⇒ ジーンズバス
⑥乗り場       児島駅⑤乗り場発
8:25  →   9:15  ⇒    9:40
9:20  → 10:10  ⇒  10:30
10:20   →   11:10     ⇒  11:30
11:40   →   12:30     ⇒  12:50
13:40   →   14:30    ⇒  14:50
14:40   →   15:30    ⇒  15:50

倉敷駅前から乗り継ぎ可能な路線バスは

ジーンズのラッピングバスになっていますので

一目で分かるようになっています。


スポンサードリンク

児島のジーンズストリートもバスで満喫

児島ジーンズバスは、

JR児島駅5番乗り場発で1日6便1周約35分となっています。

もしもJR瀬戸大橋線で児島駅に降り立った場合も

運行時刻は同じく

9:40、10:30、11:30、12:50、14:50、15:50児島駅発に

なっていますので利用することができます。

話題の児島ジーンズストリートから

ジーンズ作り体験ができるベティスミスまで

さらには藍布屋(らんぷや)藍染工房や

野﨑家旧宅などの観光名所や甘味処まで

児島観光を満喫出来ます。

料金は
大人(中学生から)1回:170円
子供(小学生)1回:90円
1日乗車券/大人:510円 子供:260円
(乗降自由のフリーパス)

1日乗車券では、ジーンズバスだけでなく

ジーンズバス運行エリア内に限られますが

「ふれあい号」「とこはい号」「王子が岳線」などの

バスにも乗車可能、乗降できるバスの本数が増えるので

おすすめです。(ただしジーンズバスエリア内に限ります)

1日乗車券はジーンズバス車内では購入することが出来ません

JRみどりの窓口での購入となりますので

JR倉敷駅かJR児島駅にて購入してくださいね。

バスまでの時間があれば倉敷美観地区の

倉敷デニムストリートへも是非立ち寄ってください。
>>倉敷美観地区デニムストリートはおすすめのグルメもデニム?

まとめ

ジーンズバスの車内には

いたるところにデニムが使用されていて

デニム好きにはたまらない

ジーンズミュージアムのような空間になっています。

是非、倉敷市児島のデニムの聖地

インディゴの世界を堪能してくださいね。

スポンサードリンク

 - おでかけ・おすすめスポット, レジャー・テーマパーク ,