まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

七夕の織姫と彦星の話の由来が簡単に理解でき雨が多い理由まで分かる

   

織姫と彦星

7月7日の七夕といえば、

離ればなれになっている織姫と彦星が、年に一度だけ会える日ですよね。

そもそもこのロマンティックな物語と七夕の短冊の関係ってなに?

まずは、七夕の織姫と彦星の七夕の伝説を紐解いていきましょう。

スポンサードリンク

七夕の織姫と彦星の話その伝説をおさらい

そもそも、

七夕の織姫と彦星はどうして離ればなれになったのか、なぜ一年に一度しか会えないのか意外と知らない七夕の織姫と彦星の話をおさらいします。

中国のとても古い伝説であるため、いろいろな説がいわれていますが

一般的に知られている伝説の七夕ストーリー、

切ないロマンティックな物語というだけでなく

・怠けることが良くないことを引き起こす。

・一年に一度会えることの喜びを感謝すること。

などの、教訓も隠されているのです。

そんな織姫と彦星の話をこどもたちにも分かるように紹介します。

七夕の由来を簡単にこどもにも分かる説明

古来中国では、
「天帝(てんてい)」という、天空でいちばんえらい神様がおり、その天帝には美人で機織りの名手「織女(しょくじょ):織姫(おりひめ)」という娘がいました。

その織女(織姫)は、天の川の西側に住み、空の神様たちの着物の布を織ることを仕事とし、毎日天の川のほとりで世にも美しい機(はた)を織り、その美しさは、五色に光り輝き、季節が変わる毎に色とりどりにかわるという見事な布でした。

天帝は、娘織女(織姫)がとても自慢でしたが、機織りに一生懸命で、自分の髪や服をかまうことも遊ぶこともしないため、男性と出会うこともなく、ただただ熱心に仕事に打ち込む織女(織姫)をかわいそうに思った天帝は、娘に似合いの青年を探していたところ見つけたのが「牽牛(けんぎゅう):彦星(ひこぼし)」です。

天の川の東となる対岸で、牛の世話をしながら、畑仕事に精をだし、休むまもなく真面目に仕事をしている働き者の青年牽牛(彦星)を織女に引き合わせたところ、二人は恋をしてやがて結婚したのです。

二人が結婚してからというものは、とても仲の良い夫婦になったのですが、楽しさにかまけてお互い働くことやめ毎日遊んで暮らしてしまいました。

その結果、織女(織姫)が機を織らなくなったので、機には埃が積もり、やがて神様たちの着物はすりきれてぼろぼろになるのです。

牽牛(彦星)も、畑は荒れ、作物は枯れ、牛の世話をしなくなったので、ついには牛はやせ細り、病気になってしまいます。

これに怒った天帝は、二人を広い天の川の東西の両岸に引き離してしまったので、お互いの姿さえも見ることができなくなりました。

しかし、引き離したところで二人は悲しみのあまり毎日泣き暮らし、結局織女(織姫)は機を織らず、牽牛(彦星)もひきこもり、牛の病気はますますひどくなっていくばかりでした。

困った天帝は、「二人が毎日まじめに働くなら、年に1度、7月7日の夜に会わせてやる」と約束するのです。

その言葉に織女と牽牛(織姫と彦星)は心を入れかえ、一年に一度の七夕の夜に会えることを楽しみにして、織女(織姫)は前にも増して美しい機を織るようになり、みなが喜び、牽牛(彦星)も同じく一生懸命牛の世話をしたため元気を取り戻し、畑を耕し豊かな実りをもたらしたのです。

これが、現在私たちがよく知っている七夕の伝説です。

七夕伝説の織姫と彦星のお話はロマンティックな星の物語でありながら、教訓を与えてくれるものでもあるのです。


スポンサードリンク

七夕の由来では雨が降ると織姫と彦星は会えない?

織り姫は、こと座の1等星・ベガ(織姫星)で、牽牛は、わし座の1等星・アルタイル(彦星)で天の川をはさみ東西に分かれて輝いています。夜空の暗い場所では、2つの星の間に天の川が横たわっているようすを観察することができます。

ただ、今の日本の暦では7月7日は梅雨の真っ只中にあたることが多く、しかも満月間近にあるため、晴れていてもなかなか天ノ川を見ることができない現状にあります。

なんだか天帝が意地悪をしたように思われますが、実は旧暦だと梅雨も明けており、8月の上弦の月の時でもありますので、天の川がキレイに見えたのです。

さらには、天の川がキレイに見えるのは23時頃からといわれており、もしかすると天帝は二人の仕事が終わってから会うように示唆したのかもしれないですよね。

その一年に一度の再会の日に雨が降ると天の川の水かさが増し川を渡ることができません。

そんな時は、親切なカササギという鳥のむれがやってきて天の川のなかに翼を広げ連ねて橋となり織姫と彦星の二人を会わせてくれたと言い伝えられています。

そして、日本から天の川を雨の日は見ることはできませんが、ちゃんと二人は雲の上で会えているということです。

そんな地上で七夕の7月7日に降る雨を「催涙雨・酒涙雨(さいるいう)」と言います。

これは、諸説ありますがあまりにも二人が再会を嬉しく思い流した涙が地上に降ることと言われています。

まとめ

こうして、七夕の織姫と彦星の伝説のお話を改めて確認すると、そうだったんだなぁ。と、改めて星の神秘も感じますよね。

中国や日本だけでなく、世界中の人々が同じ星を見て、それぞれのストーリーを想像しているっていうのも星や月のパワーを感じずにいられないですよね。

中国から伝来した七夕と日本独自の七夕が合わさった由来や

短冊を飾る関係はこちら【七夕の由来と意味】を参照して下さい。

七夕の日が晴れていれば、そんな物語を語りながら、夜空を見上げておとぎ話にほんわかしながらロマンティックな夜を過ごせるといいですね。

スポンサードリンク

 - 年間行事, 日本の行事・習慣 ,