まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

秋田駅周辺で観光とランチやグルメのおすすめお土産まで短時間で満喫

   


秋田駅周辺で観光する場合、あまり時間はないけれど、できる限り秋田を短時間で、欲を言えば徒歩圏内で満喫したい時におすすめなスポット。

秋田駅周辺で、所要時間2~3時間で観光も秋田ならではのランチや郷土料理からおすすめのグルメなお土産までを紹介します。

スポンサードリンク

秋田駅周辺の観光を徒歩2時間で満喫

秋田駅周辺で秋田の名所といえば、JR秋田駅から北西約700m、徒歩で約8分の千秋公園(せんしゅうこうえん)がおすすめです。

千秋公園は、第12代秋田藩主佐竹氏により築城された久保田城跡一帯を整備した公園です。

千秋公園内本丸北西の高台には、物見と武器庫となっていた建物を久保田城御隅櫓(おすみやぐら)とし市街が一望出来る展望台として建設されています。

久保田城御隅櫓のある千秋公園の周辺地図や基本情報はコチラ【楽天たびノート】

千秋公園は、春には桜まつりや、つつじまつり、初夏には大手門の堀や園内の湖月池に二千年の眠りからさめた大賀ハスの花が咲き誇り、秋には紅葉、冬には雪化粧をまとった雪見灯篭など四季折々の趣をたのしめます。

千秋公園はさまざまな100選、日本の都市公園100選・さくらの名所100選・日本の名城100選・日本の歴史公園100選などに選ばれており、平成20年には秋田市指定名勝として千秋公園が文化財に指定されています。

大手門の堀沿い二の丸跡へは、秋田駅前から徒歩約15分、王道のコースとして表門から銅像、御隅櫓、湖月池から二の丸跡まで所要時間約20分で鑑賞することができます。

そんな秋田千秋公園のなかに、あきた舞妓の活動拠点となる複合施設、あきた文化産業施設「松下」があります。

そこは、旧料亭を改修しており「舞妓劇場」として、3日前までに予約をしていればあきた舞妓の踊りを大人1,200円で鑑賞出来るシステムとなっています。

その施設内には、庭園を眺める茶寮と秋田県内全蔵の銘柄を揃えた酒房があり、そこで取り扱う器には秋田の作家のものを取り扱うため、家具や照明も楽しめます。

千秋公園から、徒歩約5分で秋田県立美術館(入場料300円)があります。

秋田県立美術館の建物は、安藤忠雄氏設計によるもので壁の支えや柱のないらせん階段と、三角形の光天井の吹き抜けとなっているエントランスホールだけでもみどころとなっています。

秋田県立美術館の安藤忠雄氏設計のらせん階段の写真や基本情報はコチラ【楽天たびノート】

幅20m以上にもおよぶ巨大壁画には、昭和12年当時の秋田夏の竿燈祭りや花火、冬の梵天祭りなどが縦の高さも4m近く湾曲した壁画は臨場感にあふれた「秋田の行事」の圧倒される作品をはじめ展示されています。

2階にはカフェがあり、そこの窓も横に長い区切りのない窓ガラスから水庭の向こうに千秋公園の四季折々の絶景とともにいただく米粉のロールケーキとコーヒーのセット(800円)は絶品です。

その秋田県立美術館から徒歩圏内に、有形文化財指定の貴重な主屋と土蔵を見学出来る旧金子家住宅があります。

江戸時代に開業し、明治初期にも呉服・太物卸商として営業していた土蔵造りの江戸時代の伝統的な建物の蔵は、防火のために外壁を土蔵や漆喰で仕上げた倉庫や保管庫としてつくられた蔵がみどころです。(旧金子子家住宅入館料100円)

この3つで秋田駅前の観光を満喫出来ますが、時間が余れば行っていただきたいところが、秋田市赤れんが郷土館です。

明治45年に建設された、旧秋田銀行本店の建物を郷土館として一般公開している赤れんが郷土館。

ルネッサンス様式のモダンな建物は、土台を男鹿石1階は白磁器タイル、2階は赤れんがの外観は赤と白のコントラストが美しい外観と、バロック様式を取り入れた広大な吹き抜けと天井に施された石こうのレリーフは圧巻です。

秋田駅周辺でランチにおすすめ稲庭うどん

秋田駅前から秋田駅周辺でおすすめしたいランチは麺類です。湯沢市が誇る「稲庭うどん」、横手市が誇る「十文字ラーメン」があります。

なかでも「稲庭うどん」は、秋田県湯沢市稲庭地方で350年以上の歴史を持つ日本三大うどんの一つで、今でも手作業で作られています。

秋田駅周辺で食べられる、おすすめの稲庭うどん店は、老舗の佐藤養助(さとうようすけ)秋田店、一子相伝の技を伝承している佐藤養助の直営店で、秋田駅から徒歩3分西部秋田の地下にあります。

秋田店では、佐藤養助の一子相伝の麺をせいろとかけ(肉味噌うどん)の温冷同時にハーフ&ハーフのセット「涼味味くらべ(1,340円)」といったオリジナルメニューが楽しめます。

佐藤養助 秋田店
住所:秋田市中通2-6-1西部秋田地下1階
電話番号:018-834-1720
営業時間:11時~20時
休業日:無し

他にも、秋田駅から徒歩3分といった好立地にある無限堂秋田駅前店は、オランダ商館風という異国情緒あふれる建物が印象的なバリエーションに富んだ稲庭うどんが楽しめます。

無限堂で人気のメニューは、比内地鶏のつけ麺(1,210円)温かいつゆで冷たい稲庭うどんをいただく新感覚がおすすめです。

他にも、秋田の食材である比内地鶏やハタハタを使った郷土料理や、比内地鶏の親子丼など、さまざまなメニューも揃っています。

無限堂 秋田駅前店
住所:秋田市中通2-4-12
電話番号:018-825-0800
営業時間:11~14時・17~22時
休業日:無し

秋田駅前で食べられる横手市自慢の「十文字ラーメン」は、秋田駅から徒歩5分の秋田市民市場内にあります。

横手市十文字地区に伝わるラーメンは、素朴ながら魚介だしのうま味が後を引くあっさりとしたラーメン。

その十文字ラーメンが秋田駅前で食べられるのは「支那そば伊藤」、かんすいを使用しない手打ちの特注ちぢれ麺に、青森から取り寄せている焼き干しとかつお節の和風スープ。

トッピングは、和風スープに合うチャーシューやメンマ、お麩も特徴的、中華そばしょうゆ(700円)が人気です。

支那そば伊藤
住所:秋田市中通4-7-35秋田市民市場内
電話番号:018-833-0866
営業時間:10~16時(日曜のみ11~15時)
休業日:無し


スポンサードリンク

秋田駅周辺でグルメなお土産のオススメは?

秋田駅前周辺で、秋田のグルメなお土産のおすすめはほとんど揃います。

秋田ステーションビル「トピコ」は、JR秋田駅に併設されたステーションビルで、2階には秋田お菓子小路があり、県内の銘菓や特産品が揃っています。

しかし、秋田のグルメといえば、「きりたんぽ」が浮かびますが、他にも先に言った「稲庭うどん」や「いぶりがっこ」などが有名です。

実は秋田は、お肉も美味しく「比内地鶏」をはじめ、牛肉では鳥海山の大自然に育まれた「由利牛」、豚肉では「杜仲豚」が秋田を代表する人気の「お肉」があります。

「杜仲豚」は、大曲の花火で有名な大仙市中仙地区で、杜仲茶入りの餌で飼育された脂身やにおいも少ないコレステロール低めの美味しいブランド豚です。

日本海の荒波で育った鮮魚も見逃せません。このような生ものの鮮魚や精肉を買うなら、秋田最大級の市場、秋田市民の台所とよばれる秋田市民市場がおすすめです。

早朝から営業している秋田市民市場は、秋田駅から徒歩で約5分の好立地、プロの料理人はもちろん、主婦の方達も利用するため秋田市民の台所と呼ばれています。

鮮度の高い魚介類をすぐに調理出来るようパックしていたり、切り身やお刺身用など要望にあわせて小分けしてくれたり、活気あふれる市場です。

秋田といえば「ボダッコ」とよばれる紅鮭や筋子、たらこなどの塩物、干し物、加工品をはじめ精肉や青果から、きりたんぽや銘菓、食事処までが集結しています。

もちろん秋田市民市場内には、買ったお土産をまとめてクール便発送で送れるのがうれしいヤマト運輸や、ゆうパック発送受付の日本郵便の支店があるので便利です。

協同組合 秋田市民市場
住所:秋田市中通4-7-35
電話番号:018-833-1855
営業時間:5~18時
休業日:日曜日(繁忙期は臨時営業)

夏の秋田と言えば大仙市の大曲の花火が有名です。観覧するなら是非桟敷席で圧巻の花火を満喫してください。
>>大曲の花火の桟敷席の料金や広さと申し込み時期はコチラ

まとめ

秋田駅前を、2~3時間の所要時間で観光や買い物をするなら、あらかじめ、おおまかに計画を立てておくと、のんびりと観光や買い物ができますよね。

初めての秋田なら、なおさらランチや見どころにお土産まで、効率よく秋田を満喫することができるといいですね。

スポンサードリンク

 - おでかけ・おすすめスポット ,