まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

ひるね姫聖地のロケ地スタンプラリーは児島下津井のとこはい号で!

      2017/05/11


劇場オリジナルアニメーション「ひるね姫~知らないワタシの物語~」が2017年3月18日から日本全国ロードショーが公開されました。

初日の舞台挨拶では、世界40の国と地域で公開されることも明かされました。

その「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の舞台となった瀬戸大橋のたもとの町、ロケ地の児島や下津井の聖地巡礼時のとこはい号の停留所からの見どころを紹介します。

スポンサードリンク

ひるね姫の聖地はまず児島駅から

舞台でありロケ地の児島の児島市民交流センターにて、全国公開前に先駆け「ひるね姫~知らないワタシの物語~」のプレミアム上映会付き舞台挨拶が、2017年3月14日に行われました。

このプレミアム上映会付き舞台挨拶には、倉敷市長や今年児島や下津井の高校を卒業する主人公ココネの同級生が招待されていました。

舞台挨拶には、神山健治監督、キャストの満島真之介氏、前野朋哉氏が登壇し、神山健治監督は、その舞台挨拶でこう語られました。

ここを舞台にしようと決めた時は、僕一人こっそり街に来たので誰にも相談せず、いっぱい写真を撮ってアニメの中にこっそり登場させようと思っていたのに、こうして市を挙げて映画を盛り上げていただいて光栄です。

神山健治監督や満島真之介氏、前野朋哉氏はJR児島駅の駅構内やホームの特設のフォトスポットに立ったり、デニム巣材のポスターに3人のサインを書いたり、通常のポスターにも隠れサインが書かれたりしています。

デニム巣材のポスター(サイン入り)

右上:満島真之介氏
左上:神山健治監督
左下:前野朋哉氏

3人も立ったり寝転んだりした(寝転んだのは前野朋哉氏です)特設フォトスポット

「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の聖地巡礼をする前に、是非JR児島駅もチェックしてみてくださいね。

ひるね姫のロケ地巡りは下津井とこはい号が見どころ

児島駅を出て瀬戸大橋が見える主人公ココネの住む家のある下津井に行くには、児島駅前の小さなバスターミナル4番乗り場から出ている「とこはい号」に乗車することをおすすめします。

「とこはい号」は、下津井循環線で1時間に1本、8:30から17:30まで50分をかけて児島から下津井を循環します。

料金は、1日券は大人510円で乗り放題となっているので、ゆったりと見て回ることができますが、少し時間を外すと大変ですので余裕を持って見て回ることをおすすめします。

とこはい号の停留所(始発)

・JR児島駅(8:30)←児島駅観光案内所(スタンプ)
・天満屋ハピータウン前(8:31)
・児島文化センター前(8:33)
・味野元町(8:34)
・赤崎(8:35)
・赤崎入口(8:36)
・扇の嵶入口(8:37)
・鷲羽ハイランドボウル前(8:38)
・鷲羽ハイランドホテル前(8:39)
・鷲羽山ハイランド遊園地前(8:40)
・三百山入り口(8:42)
・下津井三丁目(8:43)
・下津井二丁目(8:44)
・下津井港前(8:45)
・下津井公民館前(8:46)
・下津井城跡入口(8:46)
・祇園神社下(8:47)
・下津井漁港前(8:48)←むかし下津井回船問屋近辺(スタンプ)
・下津井郵便局前(8:48)←四柱神社近辺(スタンプ)
・吹上港前(8:49)
・田之浦二丁目前(8:50)
・田之浦港前(8:50)←田土浦坐神社近辺(スタンプ)
・田土浦公園前(8:51)
・下電ホテル前(8:53)
・鷲麓園別館前(8:54)
・久須見弘法大堂前(8:55)
・鷲羽山第二展望台(8:57)←鷲羽山レストハウス(スタンプ)
・長浜(8:59)
・大畠南(9:00)
・大畠漁港前(9:01)
・大畠(9:01)
・琴海(9:02)
・競艇場第二入場門前(9:03)
・競艇場正門前(9:04)
・倉敷シティ病院前(9:04)
・阿津一丁目(9:05)
・阿津(9:05)
・マルナカ児島店前(9:06)
・児島警察前(9:07)←原風景ロケ地
・JR児島駅南(9:08)←児島観光港(スタンプ)
・児島中央病院入口(9:10)
・児島市所前(9:11)
・児島支所入口(9:12)
・児島消防署前(9:13)
・児島市民病院(9:14)
・児島文化センター南(9:15)
・天満屋ハピータウン前(9:16)
・JR児島駅(9:20)

※詳しい路線図はコチラ下電バス

この経路で毎時30分発で児島駅北口発、児島駅南口着です。

1時間に1本なので、次に停まる「とこはい号」に乗車するには1時間後となりますので目安にしてください。

「ひるね姫~知らないワタシの物語~」本編でも主人公ココネが「とこはい号」に乗っているところが使われています。


スポンサードリンク

ひるね姫スタンプラリーとロケ地を舞台めぐり

「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の公開を記念して、岡山県倉敷市児島と倉敷市下津井周辺エリアにてスタンプラリーキャンペーンが開催されています。

期間:2017年6月30日(金)まで
場所:岡山県倉敷市児島・下津井周辺エリア
内容:同作の風景画に出会えるビュースポットはもちろん、児島の名所など8箇所で絵柄の違うスタンプを集めて応募すると、オリジナルグッズが当たります。

ラリースポットで、2列以上のスタンプを集めるとひるね姫と倉敷のコラボ商品「オリジナル缶バッジセット」、3列以上で「倉敷特産オリジナルマスキングテープ」。

4列以上で「倉敷帆布オリジナルバッグ」、5列以上で「オリジナル掛け時計」。

さらにダブルチャンスで、8箇所すべてコンプリートすると児島デニム&帆布製のオリジナルジョイのぬいぐるみが抽選で当たるチャンスがあります。

こちらのスタンプラリーは、先の「とこはい号」の運行区間外(旧野崎家住宅・ジーンズミュージアム)もありますので、「ジーンズバス」や「ふれあい号」も利用すると便利です。

スマートフォンアプリの「舞台めぐり」をダウンロードしてカメラで現地にチェックインすると、シークレットスポットの紹介やジョイ役の釘宮理恵の特典ボイスが聞けますよ。

詳しくはコチラ
>>原風景スポットとであうビュースポットと舞台めぐり

なぜ岡山の児島と下津井がロケ地になったのか
>>岡山が舞台児島と下津井が聖地のひるね姫

ひるね姫の聖地巡礼にもってこいのホテルは
>>ひるね姫の聖地巡礼に児島下津井周辺のホテル

まとめ

倉敷が初めて映画のロケ地となったことで倉敷市を挙げて応援しています。

瀬戸内海の穏やかな海を下津井の鷲羽山からの夕日までを是非堪能してください。

本当に、何度見ても心が洗われるような美しい景色ですよ。

スポンサードリンク

 - おでかけ・おすすめスポット ,