まどかの窓から情報局

Just another WordPress site

お歳暮は相手が喪中だとマナーとして表書きを変えて贈る?

   

お歳暮
毎年お世話になったあの方へ、お歳暮を贈る準備をする季節になってきました。

でも、そういえば年賀欠礼状の喪中はがきも来ていたあの方へは・・・相手が喪中と知っているのにお歳暮を贈っていいの?

贈ってもいいと聞いたことがあるけど、それって本当?相手が喪中の時のマナーや表書きを変えて贈るの?について紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮を相手が喪中のときでも贈る?

毎年贈っている相手が喪中であってもお歳暮はお祝い事ではありません、季節の御挨拶であり一年お世話になったお礼ですので、お歳暮は贈っても差し支えありません。

もちろん、お歳暮を贈る相手先での不幸があった日から間がなく、まだ忌中や四十九日法要の前後であれば、贈り物としては「御霊前」や「御仏前」、「御供」となってしまうので忌中の場合は気をつけましょう。

そもそも喪中というのは、愛する家族が亡くなり悲しみにくれている時です。そのご遺族の方々が喪に服しているので、喪中の相手側は、とても、年末の挨拶ができる状態じゃないということなのです。

お歳暮を贈ろうか迷っているこちらとしては、季節の御挨拶や、一年のお礼を込めて贈るものがお歳暮ですので、相手が喪中であっても一年のお礼と季節の御挨拶はしても差し支えないのです。

喪中のお歳暮のマナーは?

相手が喪中だと知っているからこそ悩む、喪中先へのお歳暮ですが、相手が喪中だと知る情報源のひとつに、年賀欠礼状である喪中はがきなどが届いた場合などです。

その喪中はがきに書かれている、「年末年始の御挨拶を失礼させていただきます」という文言に惑わされてしまいがちです。

これは、あくまでも差出人である喪中の相手方から、亡くなったのは○月だけれど、今もまだ喪に服しているため、暮れの御挨拶や、年始の御挨拶が今年ばかりはできそうになくて申し訳ありません。という詫び状でもあるのです。

年末年始の御挨拶とは、近年では、(先方からの)「年末(のお歳暮)年始(お年賀や年賀状で)の御挨拶」を失礼する。という意味合いなのです。

本来お歳暮とは、歳の暮れにお世話になった目上の方のお宅に直接伺い、「今年も一年お世話になりました、来年もどうぞよろしくお願いいたします。これはほんの御挨拶のしるしです。」といったようにお渡しするものでした。

今では、流通事情もよくなりデパートや百貨店、通信販売などでさまざまな物を直送で贈り物を送ることができるようになり、贈り贈られるようになっていますので、より、こんがらがるのかもしれないですね。

喪中の相手先にお歳暮を贈る場合のマナーとしては、贈答品を肉や魚などの生臭物(なまぐさもの)といわれる生ものや、華美なものを避けるのがマナーです。

感謝の気持ちを表す形がお歳暮ですので、贈ることに遠慮はいらないというのが一般的です。

遺族の方は年明けを前に心落ちしているでしょうから、例年通りお歳暮を贈り、併せて、慰めや近況伺いのお手紙などの添え状を送るとマナー的にも丁寧で相手に気持ちが届きやすいでしょう。


スポンサードリンク

喪中だとお歳暮の表書きや熨斗や水引は変わる?

相手が喪中だけでなく、忌中であればお歳暮は控えて、忌明け後(四十九日法要後)が年を越す場合には「寒中御見舞」か「余寒御見舞」とするのが一般的です。

正式な寒中とは、二十四節気の「小寒(しょうかん)」(1月6日頃)から「大寒(だいかん)」(1月20日頃)の期間が寒中で、その間に見舞うのが「寒中御見舞い」となります。

しかし、寒中見舞いは「小寒(しょうかん)」が松の内になることが多く、一般的に1月7日までを松の内としますので、最近では、松の内が明けた1月8日から「大寒(だいかん)」最後の日である「節分」までが「寒中御見舞」を送る時期となります。

余寒お見舞いは、「立春(りっしゅん)」(2月4日頃)から寒さが続く頃までです。

暑中お見舞いと残暑お見舞いの境が立秋であるように、寒中お見舞いと余寒お見舞いの境は立春なのです。

表書き
お歳暮=12月上旬から12月25日頃まで
寒中御見舞=1月8日から節分まで
余寒お見舞い=立春以降

水引と熨斗は通常のお歳暮と同じく紅白5本蝶結びののしあり(生臭物はのしなし)が一般的です。

喪中はがきで喪中を知った時の返信文例や寒中見舞い文例はこちら
>>喪中はがきに対するお悔やみ文の例文

まとめ

こういった贈答品のマナーは各家庭や地域でしきたりやならわしが違いますので、各家庭で相談したうえで参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

 - お中元・お歳暮 ,