神棚のしめ縄

日本の行事・習慣

しめ縄としめ飾りの違いと意味!神棚には一年中必要?飾り方は?

しめ飾りは年末から松の内(門松を飾る期間)まで飾るとされており、1月7日までであったり、地域によっては、1月15日に各地の神社で行われるどんど焼きの日まで飾るという所もあるようです。一体しめ縄とはどういうもので、しめ飾りとの違いは何でしょうか?お正月を迎える上で知っておくべきこの2つの違いについて紹介したいと思います。
日本の行事・習慣

神棚のしめ縄が必要ならどこで買う?長さやサイズの測り方と売っているお店

2013年に、伊勢神宮で式年遷宮(しきねんせんぐう)と呼ばれる、20年に1度の造り替えは記憶に新しいでしょう。 実は、神棚も古くなれば新しく買い替えが必要ってご存知でしたか? 神社の総本山である伊勢神宮でも新しいものへ造り替えが行われるのですから、自宅にある神棚も古くなったら、もしくは式年遷宮と同じ20年を目安に交換すると良いでしょう。 神棚に、しめ縄を祀っているご家庭が多いようですが、祀っていないという方は、神棚の新調をきっかけに、しめ縄を祀るようにしましょう。 とは言え、初めてしめ縄を祀る方にとっては、しめ縄をどこで買うべきか、大きさや種類。 ごぼうじめなどの神棚としめ縄のサイズや測り方や、祀り方に決まりはあるのか、と疑問だらけですよね、そんな疑問にお答えしていきます。
お正月・年末年始

神棚のお札の交換時期としめ縄の処分の仕方は意外かも?

元旦に初詣。神様にご挨拶をし、去年1年の御礼と、今年1年の健康や安全をお祈りし、お守りや破魔矢、お札などを頂いて帰り、どんど焼きで古くなったお札やしめ縄は焚き上げる、というのが1月の恒例行事となっていませんか?神棚のお札の取り扱いについて、また同じく交換すべきとされているしめ縄の取り扱い方をご紹介したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました