神棚

日本の行事・習慣

神棚のしめ縄が必要ならどこで買う?長さやサイズの測り方と売っているお店

2013年に、伊勢神宮で式年遷宮(しきねんせんぐう)と呼ばれる、20年に1度の造り替えは記憶に新しいでしょう。 実は、神棚も古くなれば新しく買い替えが必要ってご存知でしたか? 神社の総本山である伊勢神宮でも新しいものへ造り替えが行われるのですから、自宅にある神棚も古くなったら、もしくは式年遷宮と同じ20年を目安に交換すると良いでしょう。 神棚に、しめ縄を祀っているご家庭が多いようですが、祀っていないという方は、神棚の新調をきっかけに、しめ縄を祀るようにしましょう。 とは言え、初めてしめ縄を祀る方にとっては、しめ縄をどこで買うべきか、大きさや種類。 ごぼうじめなどの神棚としめ縄のサイズや測り方や、祀り方に決まりはあるのか、と疑問だらけですよね、そんな疑問にお答えしていきます。
お正月・年末年始

年末の神棚掃除はいつからいつまで?方法や時間帯などは?

大掃除の後は気持ちも一新、新年を心地よく迎えられるもの、家の大掃除の中で、特に気になるのが、神棚掃除。神様を祀る神棚、家内安全の1年の御礼と、迎える1年の安全の祈りを込めてお掃除を、と思いますが、お掃除をする上で、何か決まりごとがあるのでは?とお思いでしょう。神棚掃除の時期や作法、決まりについてお伝えしたいと思います。
喪中・法要

喪中の神棚にお正月お供えと半紙で神棚封じする方法!期間はいつまで

大切な家族が亡くなり、喪中や忌中にあたるお正月の過ごし方や神棚のお供えはどうすればいいかが気になります。 忌中や喪中の期間は神棚のお供え方法が変わる場合があります。 半紙で喪中には神棚封じといった神棚を隠す方法は、お葬式の日の神棚封じとする白い紙の貼り方にも通じるので、お正月の神棚の飾り方と神棚の榊や水などお供え物の祀り方を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました