停電時のブレーカー

防災・災害

台風で停電後は通電火災に注意!ブレーカーと太陽光発電の対応は?

令和元年の台風15号の首都圏上陸による被害が、連日テレビや新聞などのメディアを賑わしています。 特に千葉県は電柱や送電線の倒壊により大規模停電が発生し、浸水、雨漏り、停電などが重なることで避難生活が続き、普段の生活に戻ることができず、大規模被害からの復旧が急がれています。 また復旧中の千葉県で、停電から復旧した地区で工務店の倉庫が全焼する火事が起きました。 通電火災が原因の可能性があり、千葉県の各自治体は電気のブレーカーを落とすよう注意を呼び掛けています。 通電火災は、今後も震災時などで停電復旧時に起きることが予想されるので、その原因と防ぐ方法を説明します。 しっかり覚えておきましょう。 そして、震災や台風などの場合、太陽光発電の対応についてもご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました