遮光の日傘効果で涼しい空間とUVカットの晴雨兼用傘がおすすめの理由


春先から紫外線は強烈に降り注いでいます。

日やけ止めを顔や身体に塗って万全な紫外線対策をしていますか?

日やけ止めの性能は上がり、落としやすさも年々簡単にはなっています。

日やけ止めが毛穴をふさぐことが苦手な方や、落とすのが億劫で日焼け止めをつけない方には日傘が効果的です。

ちょっとしたおでかけ用に遮光効果で炎天下を涼しい木陰空間に変えるUVカットも出来て雨にも対応する晴雨兼用の遮光の日傘生活を提案します。

スポンサーリンク
  

遮光の日傘はどんな効果があるの?

まず、太陽の日射しは、地上に届く太陽光線のなかで大きく分けて紫外線・可視光線・赤外線とあります。

波長が短い
紫外線 → 可視光線 → 赤外線
           波長が長い光線となります。

太陽光を浴びると暖かく、さらに熱を感じるのは太陽光線の熱エネルギーなのです。

なかでも可視光線45%、赤外線50%といわれています。

紫外線が曇りの日でも降り注がれているというのは、こうして目に見えない波長の短さからくる所以です。

日射しの強い日などの太陽光線は熱線と呼ばれる赤外線の領域で、まさに「熱」となるのです。

この赤外線の特性と熱源を利用した輻射式電気ストーブなどを思い浮かべると分かりやすいですよね。

この赤外線を浴びると肌で反射することなく浸透するので、ジリジリと痛いと感じる暑さになるのです。

そんな可視光線と赤外線を遮断するのが遮光効果のある日傘になります。

完全遮光の日傘は差しているだけで涼しい!

太陽光を浴びると冬は暖かく、夏は暑く感じるのは、さきほど説明した赤外線によるものなので、それを遮る木陰や日陰であれば、地面からの反射光や輻射熱もなく涼しく感じるのです。

最近は「UVカット」と謳うだけでなく「紫外線99%カット」と明確な数字を打ち出している日傘も少なくありません。

99%ときくと、99%なら、ほぼほぼカットしてくれているから大丈夫そう!

と思いがちですが、先ほど説明したことを振り返ると波長が短い紫外線のみでも99%しかカットしない可視光線は?赤外線は?

さらには紫外線でさえ1%も通しちゃうの?ということになります。

では、遮光率100%の完全遮光の日傘であれば、紫外線も可視光線も赤外線も完全遮光日傘ということになりますので、当然、涼しく感じるわけです。


スポンサーリンク

UVカットも急な雨も安心の晴雨兼用の遮光日傘で快適生活

完全遮光の日傘であれば、UVカットも出来ているということになりました。

ということは?

ポリエステルの雨傘でも日陰を作ることが出来るため紫外線はある程度カットすることが出来ます。

驚きですよね?

ただ、ある程度といってもポリエステルの雨傘で影を作るだけであれば紫外線カット率は約90%というところです。

ですので、やはり紫外線のみならず、可視光線や、赤外線は防げません。

ということは、紫外線が強い時期はUVカットも出来る晴雨兼用の遮光の日傘が重宝します。

雨傘として使うには耐久性が心配なので、急な夕立などのときにも安心して使用できる晴雨兼用の完全遮光の日傘をおすすめします。

まとめ

しかしながら、頭上から降り注ぐ太陽光は100%遮断できても、地面からの照り返しには要注意です。

顔や身体の毛穴をふさぐ日やけ止めは苦手でもUVカットの長袖の羽織物や手袋、ストールなどのアイテムを併用して紫外線対策をしっかり行ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント