母の還暦の誕生日には赤いちゃんちゃんこで心からのお祝いを


まだまだ若いと思っていた母親もこの誕生日で還暦を迎えるだなんて実感がわかないものですよね。

女性である母親って還暦祝いはしないって聞いたことがありませんか?

昔は、家長である男性に後継するという意味合いから男性だけが還暦のお祝いの対象になっていたそうですが、還暦の意味から考えても女性も男性も同じように還暦はあります。

それでは、母親が還暦を迎える誕生日に喜ばれる還暦のお祝いの祝い方や意味について説明します。

スポンサーリンク
  

母が還暦を迎える誕生日の過ごし方

母親が60歳を迎えたことを喜ぶ、還暦のお祝いは、もともとは長寿を祝う行事です。

しかし、今の60歳はまだまだパワフルだし、見た目にも若くてとても長寿という言葉が当てはまらないですよね。

実際、まだまだ現役で働いていたりしますし兄弟夫婦に子供が出来て孫もいるけど、おばあちゃんと呼ぶにしては気持ちが若々しく、むしろ孫と遊ぶのなんて数時間が限界であとは自分の時間を楽しみたいなんて言ってたり。

女性ですので年も気になるところですが、それでも、60年間という人生の歴史を重ねてきた人生の節目である還暦をお祝いしたいものです。

お祝いをするのは、明治の頃までは、年齢が「数え年61歳」で行っていたようですが、現在は、満年齢が一般的になっているので誕生日のお祝いと還暦を兼ねて祝うのが一般的になっています。

母の還暦を赤いちゃんちゃんこを着て縁起かつぎ

還暦に必ず着ている定番の「赤いちゃんちゃんこ」を贈るという理由はなぜ?という疑問は、還暦の意味合いから紐解けます。

還暦とは、60年生きて干支(十干十二支)を一巡し暦の上で生まれた年に還ること。

そう、生まれた年をもう一度迎え、赤子に還るものとされています。

そもそも昔は、生まれた子供の産着や頭巾に魔除けの意味を込めて、赤色が使用されていたことから、赤子や赤ちゃんと呼ばれるようになったのです。

そんな赤子に還るため、赤いちゃんちゃんこや、頭巾を贈るのが習慣となったのです。

さらに昔から、赤色は縁起の良いものといわれており魔除けの効果だけでなく、健康運や勝負運などの運気を上げる色としても知られています。

1度しかない還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを贈るのも良いとは思いますが後々、たんすの肥やしになってしまいそうですので赤い肌着などをプレゼントするのもおすすめです。


スポンサーリンク

母の還暦をお祝いするおすすめの方法

兄弟家族も一緒にお祝いをする場合などであれば、お休みの日を調整したり、週末や集まりやすいゴールデンウィーク、お盆などを利用してご自宅で祝いの席を設けましょう。

小さなお子様(お母様にとって孫)がいる場合など家族以外に気を遣わなくて済むため喜ばれます。

あと、抑えておきたいのが「写真」です。

人生の大切な節目だからこそプロのいる写真館で家族写真を撮るのが記念にもなり最適なプレゼントになることでしょう。

意外と、大人になってから今まで母親と一緒に写真を写真館で撮る機会がなかったとすれば特におすすめです。

最近の写真館やフォトスタジオであれば写真撮影をする場合、予約時に相談をすれば、赤いちゃんちゃんこを用意してくれるところが多くあります。

是非お近くの写真館に問い合わせてみてください。

素敵なプレゼントになること間違いありません。

まとめ

あなたのお母様に60年分のありったけの感謝の気持ちを贈ってきっと喜んで貰える素敵な還暦祝いになることを心より祈っています。

スポンサーリンク

コメント