さつまいもとゆで卵でダイエット!朝食レシピとかぼちゃの栄養と比較!


季節は秋!食べるのが大好きな私の秋はもちろん食欲の秋!

・・・なのですが、もう年も30代半ば。30を過ぎると途端に痩せにくくなるという話は本当なんですね。

色んなダイエットに手を出すも、なかなか続かず挫折していました。

激しい運動は苦手だし、エステとかは経済的に厳しい。

食べることが好きだから食べない系の方法なんてもっての外!そんな私が出会ってしまった秋に美味しくダイエットを紹介します。

スポンサーリンク

さつまいもとゆで卵のダイエット効果

そのダイエットの主役はさつまいもとゆで卵ですので簡単です。

韓国のアイドルや女優さんの間ではテッパンの有名なこのダイエット。

え?さつまいも?甘くて美味しいさつまいもでダイエット出来るなんて意外ですよね。

でも、さつまいもは栄養も豊富だし腹持ちするし、お通じにも良くて実はダイエットには強い味方なんです!

やり方もとっても簡単!

朝食の主食をさつまいも150gとゆで卵にするだけ★

さつまいもはご飯に比べて低カロリーです。

・ご飯150g 約250Kcal. 
・さつまいも150g 約190Kcal.

さらに、食物繊維が豊富に含まれているので、ご飯に負けない腹持ちも見込めます。

食物繊維が豊富ということは、お通じにも良さそうです。

これだけでもダイエットに期待が持てる食材だということがわかります。

しかし、さつまいもには肌をきれいにしたり、痩せるための筋肉を作るたんぱく質が不足しています。

その不足したたんぱく質をゆで卵で補いましょう。

手軽に行えて、しかも美味しいから辛さも少ない!良いダイエットだと思います。

ですが、美味しいからと食べ過ぎたり、さつまいもの調理の際に砂糖を入れすぎたりするとせっかくの効果がなくなってしまうので注意したいですね。

さつまいもダイエット食べるのは朝食に?


簡単に出来て、効果も期待出来そうなこのダイエット。

方法はわかりましたが、次に気になるのは食べるタイミングですよね。食べるのは朝食がベストです!

朝さつまいもを食べることで食物繊維により、腸のリズムを整えられる期待ができます。

また、さつまいもには果物なみのビタミンCが含まれますが、ビタミンを体に取り入れるには朝が効果的だそうです。

朝食にオススメなレシピは簡単に出来るサラダです★

材料さつまいも150gゆで卵1個マヨネーズ、お好みでレーズン好きなナッツ類などのトッピングです。

作り方も簡単!

さつまいもは皮ごとレンジでチンし、ゆで卵と一緒に刻んだりつぶしたりして、マヨネーズとお好みのトッピングと混ぜるだけ。

トッピングや味付けも色々試しながら楽しめるので飽きずに続けられそうですよね。

なかには朝食を食べない人もいるかと思いますが、このダイエットを機に朝食を食べる習慣を身につけ、より健康的に理想の体型に近づけたらいいですね。

ここまで朝食に食べることをオススメしましたが、どうしても朝に食べることが難しい人は昼食に食べましょう。

何故なら、夜に食べることを避けるためです。

さつまいもは低カロリーですが、糖質はしっかり含まれています。

余分に摂ってしまった糖質は寝ている間に体に蓄えられてしまい、ダイエットの効果を期待出来なくなるかもしれません。

さつまいもの糖質は日中に消費してダイエットの効果を十分に引き出しましょう!


スポンサーリンク

かぼちゃとさつまいものダイエットは栄養素やカロリー的に適しているのは?

これまでに、さつまいもに含まれる栄養素をいくつが挙げてきましたが、さつまいもにはまだまだダイエットに向いている栄養素が含まれています。

・ヤラピン
さつまいもを来た時に出てくる白い液体に含まれる栄養素です。

昔から緩下剤としての効果があると言われており、食物繊維との相乗効果でお通じにもってこいだとされています。

・カリウム
体の中の余分な水分を排出してくれるので、むくみを予防できます。

・ポリフェノール
さつまいもの皮や皮付近に含まれています。

血糖値を抑えてくれたり、脂肪の燃焼を助けてくれるとされています。

では、かぼちゃは?甘みも有って、食物繊維も含まれる。

さつまいもと似ている存在のかぼちゃでも同じようにダイエット効果が見込めるのでしょうか?

結果を言ってしまえば見込めます!

実は、同じ量(150g)でもかぼちゃに含まれるカロリーは135Kcal.とかぼちゃの方が低いんです。

他にも、ビタミンAやE、B6とビタミン類も豊富です。

なので、お通じが気になる人はヤラピンが含まれるさつまいもで・・・

よりストイックに低カロリーを求めるならかぼちゃで・・・

その日の気分や、飽きた時の気分転換で2種類を使いわけてみたり・・・と、自分に合った方法をとるのが良いかと思います。

まとめ

さつまいもも、かぼちゃも食物繊維を多く含みますので、水分補給は忘れずに。

いつもより水分を多くすることを意識しながら、それぞれの良いところを上手に食べて健康的に理想のスリムボディを目指しましょう!

スポンサーリンク

コメント