紅葉の関東での見頃と混雑具合は?ドライブデートのおすすめスポット


秋は紅葉のシーズン!お天気さえ良ければ、紅葉を観にドライブデートしたいですね!

そこでここでは、関東での紅葉の見ごろはいつか?

紅葉を楽しみながらドライブできる人気コースはどこか?

関東のおすすめスポットと混雑具合をご紹介します!

スポンサーリンク

紅葉が関東で見頃になるのはいつ?

紅葉は北から南へと順に色付いて行きます。

例年、一番早いのはやはり北海道で、9月中旬頃から色付き始め、次いで東北は9月下旬頃から、そして関東では栃木や群馬が9月下旬ごろから紅葉が始まります。

東京では、10月下旬ごろに奥多摩辺りがようやく色付き始めます。

もちろん、その年の気候によっては多少前後するでしょうが、しかしほぼ例年通りで、東京で本格的に見頃になるのは11月入ってからですね。

ドライブデートを計画するなら、9月頃から一番早い地域は何処か、丁度良い見ごろの地域はいつごろかなどを調べておくといいですよ!

紅葉を関東で楽しむ人気ドライブコース!

紅葉を関東に絞って楽しむなら、人気のドライブコースも知っておきたいですよね?

関東には1都6県の地域があります。

関東で1番早く紅葉し始めるのは、栃木や群馬です。

まず、栃木からドライブコースを見て行きましょう!

【栃木】
・いろは坂
カップルにも人気のドライブコースの1つです。

右に左に曲がりくねった坂道が続くいろは坂ですが、「第1いろは坂」と「第2いろは坂」があり、日光市街地から中禅寺湖を結んでいます。

上りは中禅寺湖に向かう道で「第2いろは坂」、下りは中禅寺湖からの道で「第1いろは坂」となっています。

いろは坂の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

・中禅寺湖
日本百名山の1つである男体山という火山。2万年前の噴火でできたのがこの日光国立公園内にある中禅寺湖です。

中禅寺湖からは、男体山の他に戦場ヶ原と絶景を見る事ができます。

ボートやキャンプ場の施設がある他、遊覧船に乗ることもできます。

中禅寺湖の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

【群馬】
・志賀草津高原ルート
ドライブするなら是非行って欲しいのが、この志賀草津高原です。

草津温泉から志賀高原を抜けて、野田中、渋温泉郷までの42㎞のコースで約1時間の山岳ドライブウエイです。

少しカーブが多いので、車の運転は気を付けてくださいね。

でも窓を開けて走ると、空気が美味しく緑いっぱいで森林浴が楽しめます。

滋賀草津道路の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

・川場村
道の駅、川場田園プラザが有名です。

地元で摂れる農産物を使い、パンやピザ、ソーセージが食べられます。

この近くに「ホテルSL」があり、SL機関車「D51-561」に乗れます。

大人520円、小中学生410円です。

道の駅 川田田園プラザの基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

【茨城】
・筑波山
茨城のつくば市にある日本百名山の1つである筑波山です。

筑波山神社からケーブルカーが出ていて、そのケーブルカーで筑波山を登り、降りたところから徒歩15分程で男体山の頂上へ行きます。

女体山には、つつじゲ丘からロープウェイで登ると、徒歩15分程で行けます。

筑波山ケーブルカーからは、紅葉のトンネルの中を走れます。

筑波山ロープウェイの基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

・国営ひたち海浜公園 みはらしの丘
紅葉というと木々が赤く色付き始めるのを想像すると思いますが、このみはらしの丘では、紅葉する草があります。

コキアという草で、和名はほうき草といいます。

こんもりと丸い形をしていて、とても可愛いい庭木として人気です。

国営ひたち海浜公園の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

【埼玉】
・秩父、長瀞渓谷

大正13年(1924年)に、国指定の名勝及び天然記念物として「長瀞」が指定されています。

ここは私も子供がまだ小さかった時に2度程行った事がありますが、

1番良かったのは、長瀞の川下りです。

親鼻橋~岩畳~高砂橋と全6㎞あり、上流コースと下流コースに分かれて運航しています。

秩父・長瀞渓谷の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

下流では、川下りの時に時々川の水しぶきが上がる時があるので、その前に船頭さんが「もうすぐ水しぶきが上がる地点があるので、ビニールを上げてください」と言われ、船の周りにビニールがあって、それを顔の上まで持って上げてしぶきを回避します。

その他、岩の上からカメラマンが写真を撮ってくれるポイントもあって、みんなでピースしながら素通りしていきます(笑)

今でも楽しい思い出です。

・平林寺
本堂から一直線に総門、山門、仏殿、中門と並んでいて、それぞれが県指定の有形文化財となっています。

境内には、スギ、ヒノキ、コナラ、クヌギ、エゴノキ、イヌシゲなどの落葉広葉樹林が生息し、武蔵野の面影を残すとして昭和43年(1968年)に国の天然記念物に指定されました。

平林寺の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

【千葉】
・養老渓谷
粟又の瀧(高滝)が養老乃瀧で、想像してるより水量は少ない瀧です。

この瀧の近くに小沢又の滝(幻の瀧)は、瀧壺の近くまで遊歩道で降りて行けます。

養老渓谷の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

・亀山湖
亀山湖は小櫃川に建造された亀山ダムのダム湖が亀山湖になります。

この近くにはキャンプ場もあって、釣りも盛んに行われている場所です。

紅葉の時期はクルージングもできるので、湖上から眺める紅葉はまた別格です。

亀山湖の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

【東京】
・秋川渓谷
全長20㎞の川で、紅葉シーズンにはハイキングやキャンプ、バーベキューに釣りも楽しめます。

全体に川の流れは緩やかですが、一部狭くて水流が早い地点もあります。

川のせせらぎを聞きながら、その川と紅葉のコラボは是非写真に1枚撮っておきたい景観です。

秋川渓谷の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

・高尾山
都心から近い事もあり、観光客には人気の高尾山です。

ケーブルやリフトで紅葉を楽しむもあり、本格的に登山道を歩くもありの目的に沿ったコースを選べます。

山の林も種類が豊富で、カシ、イヌブナ、ブナ、ナラ、ホオノキ、モミ、ツガなどたくさん植生されており、四季折々で違った景観が楽しめます。

この他に、昆虫や動物、植物や野鳥なども解説版が付いており、さながら自然博物館のようです。

ケーブルカー高尾山駅の近くに展望台があって、そこから一望できる紅葉舐めの関東平野が絶景です。

高尾山の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

【神奈川】
・三渓園
生糸貿易の原三渓という実業家が、明治39年(1906年)に公開した庭園です。

京都や鎌倉から歴史的建造物を移築し、もみじやいちょうがそれぞれの建物とうまく調和がとれるよう配置され、見事な景観になっています。

・丹沢湖
西丹沢にある「三保ダム」が建造したのが丹沢湖です。

この丹沢周辺は、丹沢大山国定公園にしてされています。

60ヶ所近い橋が湖には掛けられていて、様々な角度からの紅葉を眺める事ができます。

丹沢湖の基本情報と地図詳細
>>【楽天たびノート】

~以上、1都6県のおすすめのドライブコースを見て行きました。

行きたいところは見つかったでしょうか?

この他にもまだまだ、絶好の紅葉スポットはありますので、ここにご紹介したのはごく一部ですが、参考になれば幸いです


スポンサーリンク

紅葉の中をドライブデートする関東のおすすめスポットと混雑具合

紅葉シーズンともなると、関東のみならず、どの地域も混雑は予想されます。

地域によっては交通規制が行われる所も出てくるかも知れないので、少しでも混雑や渋滞を避けようとすると、どうすればいいのでしょう。

1番良いのは、交通機関を使って行く方が楽に紅葉を観られると思いますが、紅葉を観ながらのドライブだってしたいですよね?

車でのドライブ観光では、混雑や渋滞は付き物と言っても良い位かも知れませんね。

私が混雑や渋滞を回避する方法としてやった事は・・・。

平日を狙う
なるべく平日を狙って行くようにしました。幾分、空いている所もあって土日祝日に比べたら、観光地や高速道路も約半分くらいは交通量が違ってきます。

雨の日を狙う
紅葉を見るなら、良く晴れてる日に行きたいでしょうが、雨の紅葉というのもなかなか良い物なんですよ。もみじやいちょうの赤や黄色などは非常に色鮮やかですが、雨で濡れるとその色がより一層鮮やかになります。

色鮮やかな葉っぱから、雨のしずくが滴り落ちる様も風情があります。

渋滞そのものを楽しむ
行楽シーズンは、ハッキリ言って100%混雑や渋滞を回避する事はできません。

思いもよらぬ渋滞にはまってしまう事も十分あり得ます。

そうなった時は、もう渋滞そのものを楽しむことに決めてます。

渋滞にハマる事を想定して、オセロゲームやトランプ、DSなど車の中で遊べるグッズをなるべくたくさん持って行きます。

車の中で遊ぶ用なので、車を降りて紅葉を散策しに行く時は必要ないので、帰るまで車の中に置きっぱなしですから荷物にはなりません。

大型車が多い道を選ぶ
大型トラックや観光バスなどは、普通の車より高い位置から前を見てますよね?

という事は、前方の混雑具合を把握しやすいという事にもなります。

ですから、比較的スムーズに走れている場合もあると思います。

前が見えないから大きな車の後ろに付くのは嫌いな方なんですが、こういう時は逆に大きなトラックやバスは有り難かったりします。

大型車が車線変更した時は、「ん?こっちが走りやすいんだな?」と思って付いて行きます。

ですが、くれぐれも近づきすぎないように注意してくださいね。

前が見えないからこそ、どういう動きをするか分かりません。

何か障害物を見つけて急ブレーキでも踏まれたら、玉突き事故は免れません。

車間距離はしっかり取るように心がけてください。

~これでバッチリという回避方法ではありませんが、混雑や渋滞も旅行の醍醐味くらいに思ってた方が良いかなぁなんて思っています。

これ以外なら、旅行先周辺にある駐車場を予め調べておくのもいいですね。

ドライブしながら紅葉を観たいといっても、ず~っと車に乗りっぱなしも疲れるし、それこそ混雑していたりすると「もうこれ以上は車で行くのは無理」という場合もあると思います。

お腹も空くし、休憩などで車を降りたい時もあるでしょう。

道路状況はコロコロ変わるけど、駐車場は決まった場所にありますので、そういう時に駐車場の場所を把握しておくと便利ですよ!

そこで、今までご紹介したドライブコース周辺にある駐車場を探ってみましょう。

結構探せばたくさんありますよ!

【栃木】
・いろは坂・中禅寺湖周辺駐車場

【群馬】
・志賀草津高原ルート周辺駐車場

・川場村周辺駐車場

【茨城】
・筑波山周辺駐車場

・国営ひたち海浜公園 みはらしの丘

【埼玉】

・秩父、長瀞渓谷周辺駐車場

・平林寺周辺駐車場

【千葉】
・養老渓谷周辺駐車場

・亀山湖周辺駐車場

【東京】
・秋川渓谷周辺駐車場

・高尾山周辺駐車場

【神奈川】
・三渓園周辺駐車場

・丹沢湖周辺駐車場

まとめ

いかかですか?

ご紹介した行楽地は、まだまだほんの一部です。

とても全部紹介しきれないのが残念ですが、今はお気に入りの旅行先を調べる手立てはたくさんあります。

この記事は、その中の1つとして参考にしていただければ嬉しいです。

良いドライブ旅行ができるよう祈っています!

スポンサーリンク

コメント